Archives
151116_122115_ed.jpg151116_130405_ed.jpg


Haworthia engelica n.n.
H. cooperi var. gordoniana sensu Bayer
JDV91/80 Engeland se kloof, Baviaanskloof



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-02-11T19:52:36-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2013-03-28T21:05:15-1.jpg

室内だとさっぱり成長しないので外野コンバートしたんですが、すぐイイ感じになってきました。
イイぞ!
大きくなって別物になるパターンっぽい雰囲気もします。

もう1本あったんですが、枯らしてしまったのがホント悔やまれますよ・・・。

--

霧を噴射して侵入者の視界をシャットアウト フォグガード FG-25S TAKEX 竹中エンジニアリング
霧を噴射して侵入者の視界をシャットアウト フォグガード FG-25S TAKEX 竹中エンジニアリング

何かと不穏なニュースがアレしてて残念です。
そんなときはコレ!
バッシュウウウウウゥゥッッ!!!と真っ白い霧が勢いよく噴出す防犯装置。
泥棒も謎のガスを吹き付けられたら流石にビビるはず。
広めのハウスでも閉じられていて、照明もなければ視界がほぼ利かなくなるのでろくに盗めない、脱出経路の確認をしているうちにリスクを考えての退散するのも期待出来るのでは。

何より、植物に影響が無さそうむしろハオルッチャなら湿度上がって良さそう、まであります。
また、犯人が阪神ファンなら視覚的に2005年の日本シリーズを思い出させて気力を削ぐ効果も期待出来ます。
 
151116_114533_ed.jpg


Echeveria secunda (a.k.a. "SHICHIFUKUJIN") x elegans ‘Hyalina’
seedlings 2015.



ついでにやってみた組み合わせ・・・。
真っ白のカッスカスな種子だったんで発芽しないだろうなあ・・・と思ったら発芽率良好。
下半分は同じくカッスカスな七福神x大和の種子を蒔いてみましたがこっちは不発。
えぇ・・・。
種子の見た目や感触はアテにならないです。
なんなんじゃ!

ちなみに
上半分は‘Lola’ x ‘白雪姫’ を蒔いて空振り→再利用
下半分は‘Derenceana’ x ‘白嵐’を蒔いて空振り→再利用(またスカ)
です。

たまーに遅く発芽するんでラベルは挿しっぱ。
チビ苗でも見た目でまあまず間違えないだろう的な組み合わせで再利用してます。
スペースが無いんじゃい!

--

バザールが登場する番組たまたま見れましたが会場が映ったのはほんの少しでしたわ。
Z-1 の斑とかあったんか・・・。
亀甲竜の凸凹ってアレ根っこだったの?
茎かと思ってましたが。
 
151116_114314_ed.jpg


Echeveria purpusorum x elegans ‘Albicans’ "alba"
seedlings 2015.



今年のヤマト種子親実生。
早くも個体差が見られます。
たぶん今までにはないんじゃないかなぁと思う組み合わせ。
アクの強いもの同士、どっちが勝つでしょうか!
いまのところヤマトってますが、妙に葉っぱが薄めというよくわからない感じになってるような、なってないような。
とりあえずヤマトx柔らか質感エケベ系はだいたい面白いので期待してます。

--

東京から郵便で発送した場合、翌日に到着する範囲というのは結構広いみたいです。
北は新潟、西は大阪辺りまでなら翌日が多い。
北海道と福岡は中一日になるようです。
青森とか岡山くらいだと分からないですが、なんとなく中一日だろうなあと。
長野はどうだろう?

なぜか福岡と新潟の方に発送することが多いんですが、福岡の住所ってなんか長いし画数も多いですね。
だから何だという訳でもないんですが。
色んな地名があって面白いなあ。

そういえば先月くらいに先方の勘違い、再配達希望スルーで一週間後に私の手元に返送されてしまったハオルッチャというのがあったんですが、少し萎んだだけでした。
まあアフリカから来ても平気なくらいですから屁でもないですわね。
配達員さんによるんですが、郵便受けに入らないと郵便でも再配達になることがあります。
 
151116_114731_ed.jpg


xGraptoveria ‘Titubans’
x
Echeveria elegans ‘Albicans’ "alba"
seedlings 2015.


白くてムニムニ茎立ちでかわいいんじゃないかなー、と思う組み合わせ。
どうだろう。
アルバはアカレッセントなのでその辺はアレかも。
白さは粉が強そうな個体があれば十分でしょう。

--

カツオ出汁と動物系スープと醤油ダレ。
そこにほんの少〜しだけ酢とカレー粉と七味。
味醂や砂糖を足しても良いです。
なんとまあ某有名ラーメン店のつけめんのスープっぽい感じになります。
さすがにまだ物足りないですが。
私は薄めにして茶漬けっぽく食べてます。
酢とカレー粉を足してみるチャレンジ精神がある人はどうぞ。
酢は2滴くらい、カレー粉は耳かき1杯で良いです。
 
151116_113819_ed.jpg


Echeveria ‘Blue Bird’ x elegans ‘Hyalina’
seedlings 2015.




今のところオーラのない姿です。
"alba" と交配したものより成績悪いです。
成長も遅いし。
うーん。
やっぱり組み合わせによって発芽率に相性が出る感じ。
とは言っても棯性は棯性でやっぱりあるだろうから不棯太郎なんかを頑張って色々掛けてみる根性はないです。

--

そういえばバザールでは何をしていたかと言うと、主にガラガラ声で鯖缶について力説していました。
「伊藤食品の『鯖』!って書いてある味噌のが美味いんじゃ!」と。
保存料的な匂いが一切せず(原料にも鯖とか味噌しか書いてない)、鯖の臭みもなく、骨まで柔らかいです。
器に移してチンしてネギとか七味とか掛けたら最高です。
ツマミから締めのご飯まで一缶でいけるぜ!
酒屋なんかで買うと安いっぽいです。

ちなみに紙ラベルなんでリメ缶したい人にも良いです。

伊藤食品 美味しい鯖味噌煮 190g×4缶
伊藤食品 美味しい鯖味噌煮 190g×4缶
 
151116_113644_ed.jpg


Echeveria ‘Blue Bird’ x elegans ‘Albicans’ "alba"
seedlings 2015.



E. alba というのは hort. で未記載なのでややこしいです。(品種名扱い出来るのか出来ないか微妙)
E. elegans ‘Albicans’ の中の E. alba hort. っぽい見た目のヤツという感じですが・・・まあ園芸品種なんだからもうシンプルに E. ‘Alba’ でも良いと思います。
もう書くのが面倒なので気になる人は規約と原記載でも読んでください。

アルバ、ケッセルリングさん、ヒアリナの3つが E. elegans というのは分類学的に疑問も。
まあそれは学者さんが判断することだから別にイイんですが。

そんなことより‘Blue Bird’ x "alba" です。
"alba" 関連の品種はどれもアルバってる感じですが、これもなかなか強いクリーム色っぽい黄緑になってます。
葉先のシェイプは真逆だしどんなもんだろう。
"alba" はアカレッセントなので ‘Blue Bird’ とは相性が良いんじゃあないかなあと思ってます。

ちなみにこれもまだ種子が在庫ってます。

--

なぜ山崎に投げさせないのか。
なぜ則本をイニング跨ぎさせたのか。
それはまだ良いとして、なぜランナー2人出した時点で見切らないのか。
なぜノーアウト満塁から松井だったのか。

なぜ大谷のスーパー超人ピッチングの話題が吹き飛んでしまったのか・・・。
 
151116_113603_ed.jpg


Echeveria ‘Shirayukihime’ x colorata
seedlings 2015.



E. colorata は丸葉というか全体的に丸っこい個体。
今年一番早く発芽したのはコレ。
早くも個体差が見える感じです。
葉っぱ硬いです。
最近はツヤも出て来たような。

--

連載ペースから今年は出ない予想されてて、「13巻の発売は11月!」というのを見かけたときはウソだと思ってました。

よつばと! (13) (電撃コミックス)
よつばと! (13) (電撃コミックス)
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ