Archives
IMG_0392.jpgIMG_0393.jpg


Aeonium spathulatum



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-05T003A053A34-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-05T003A053A34-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-05T003A053A34-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-05T003A053A34-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-05T003A053A34-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-05T223A533A09-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-05T223A533A09-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-03-09T003A033A42-1.jpg


チョコチップとかいう意味の分からないラベルがついていた苗の実生。
去年の初夏に1頭花芽になりましたが、そこが枯れただけで終わりました。
今年はちょっと遅め、秋始めにひっぱり出してきてから台風やら雨やらが多かったのでサクッとお目覚めです。
テラコッタ植えが妙にしっくりきたんで今年も植え替えようかな・・・と思ってるんですが土が湿りっぱなしで。

茎の割りに葉っぱはチョボチョボっとした感じだし、冬に塩漬けになるコーデックスの代わりとかに一本どうですか。
夏型と冬型で入れ替え。
夏は遮光だ〜冬は保温だ〜って右往左往するするより、って極端に夏型と冬型ですっぱり入れ替えるほうが楽な気もしますね・・・。



そういえば、ラーメン屋でとなりになったおっちゃんが、

『ネット見てたら "アドニス" とかいう見慣れない名前のヤツが。
どう見ても Aeonium saundersii で、ナンジャソレはと。
アドニスというラベル自体は、おそらくエケベリアのついでに韓国あたりから輸入されたアエオニウムについていたものだと思います。

正直、多少アエオをコレクションしようとしたことがある人なら一瞥して「これはただの A. saundersii
。アドニスなんて名前ではない。」とバッサリいかなくてはならないレベルのことだと思うので、この名前を使っているような業者なりは品種の識別能力に難がある
んじゃないかと疑ったほうが良いかもしれません。
別名だとか、そういう呼び名もあるなんて言われても詭弁だと思ったほうが良いです。
そういった余分で不要な名前のほとんどは捏造、でっち上げられたものばかりです。

エケベリアはもう周知のとおりいい加減なラベルの輸入苗が跋扈し続けている状態が続いていますが、アエオニウムもたいがいです。
根本的な問題は、海外でいい加減なラベルで出品している側ですが、それを判別できないまま輸入している国内の業者にももっと疑問の目を向けたほうが良いです。』

なんてことを言ってました。

--

ドジャースとアストロズのワールドシリーズが激闘すぎる・・・。
やっぱり今年の秋のカーショーはイケるかと思ったんですが。
 
IMG_0409 (2).jpgIMG_0407.jpgIMG_0408.jpgIMG_0410.jpgIMG_0411.jpg


Haworthia oculata
H. picturata to transiens sensu Bayer
MBB6789 Komdomo



画像でパッと見だと小型群生種っぽい感じですが、75mmポリなのでかなり大き目というか中型種です。
子株もグシャグシャには出てこないでちょうどいい感じにポコっと。
まん丸群生。
肥料やりまくったらどうかわかりませんが。

アホほど丈夫で、通年ほぼ野ざらしで元気です。
今年は夏の気候がアレで結構やられましたが、平然と。
無事是名馬とはよく言ったもんだと思いますよ、ホント。

--

車で行ったことある人ならたぶんわかると思いますが、長野県某園の近所にあるラーメン屋さんがありまして。
(というか車じゃないと行けないですが)
そこの方がかなり熱狂的なベイスターズファンで、19年前の日本シリーズも現地で観戦してたそうです。
今回も行くのかな?
まさかの福岡乗り込み?
ちなみにオススメメニューは唐揚げです。
ご当地で言う山賊焼き?ってヤツですか。
すごいデカいバリバリの唐揚げ。
 
IMG_0361.jpgIMG_0362.jpgIMG_0363.jpg


PPK11-4-6
Graptopetalum paraguayense x Echeveria laui



兄弟の中で一番丸っこい感じになる個体。
直径が出にくくて、葉っぱが厚い・・・パキっぽい感じ。
ムチムチコロコロでかわいい。
もちろん、クソ丈夫だ!
‘Yeti’ ほどバカみたいにデカくはならない感じです。(画像3枚目)

--

日ハムのくじ運の強さって異常でしょ。
 
DVC00216.JPGDVC00215.JPGDVC00232.JPG


PPK15-13-1

PPK11-4-2 as xGv. ‘Yeti’
x
Echeveria moranii



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-06-23T003A143A05-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-12-01T203A533A09-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-12-01T203A533A09-2.jpg


で、一個の下の記事の個体に E. moranii を掛けたヤツ。
春までコレジャナイ感がアリアリでしたが、成長期になってみるとアラ不思議。
思ってたより期待通りの中間形態に?
暗くて上手く写ってませんが、フチが赤いです。
どうなんのかな、これ?
モチベーションは上がってきました。

・・・と書き溜めたまま放置。
その後昨夏の雹ですよ。
文字通りフルボッコです。
めっちゃモチベーション下がりました。
雹はもう勘弁。

--

雨天コールドとは何だったのか。
ラミレス監督の采配がアタリまくっててすごい。
今永をリリーフ配置転換にはやられたなあ。
 

DVC00211.JPG


DVC00210.JPG


DVC00209.JPG


DVC00230.JPG


DVC00231.JPG



PPK11-4-2
Graptopetalum paraguayense x Echeveria laui
/
xGraptoveria ‘Yeti’ (Unpublished)



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-29T213A433A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-29T213A433A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-29T213A433A06-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-22T223A233A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-22T223A233A07-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-22T223A233A07-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-22T223A233A07-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-07-07T19:44:46-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-07-07T19:44:46-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-07-07T19:44:46-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-07-07T19:44:46-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-04-29T22:24:14-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-04-29T22:24:14-2.jpg

某園で ‘Yeti’ という名前がついてるらしいです。
それを見越して全株クローンで渡っているので ‘Yeti’
というラベルがついてる株に関しては枝変わりしていない限り、全部まったく同じクローンのラメットです。
未発表。
判別文としては「Graptopetalum ‘Victor Kane’
より巾広で大型な白粉を吹くロゼットで、直径15cm以上。」とかそんな感じでしょうか。

DVC00080.JPG

ウチにも某園にも見本株があるんですが、ついにサイズ抜かれてしまいましたよ・・・。
そらまあハウス栽培に勝てるワケもなく。
春はカスンカスンでなんかピンと来ない感じだったんですが、夏頃は雨晒しにしてたそうでムッチンムッチンになってました。
個人的な予想最大サイズがこれくらいなんですが、さすがにこれ以上は・・・?
子株っぽいのはカットされた花芽から出てます。
子吹きするなら根元辺りからのプトスタイルだと思うんですが、私もまだ見たことないです。

現状白い系グラプトベリアなら最優品のひとつではないんじゃあないかなと思うような思わないような気がしないでもない気がする個体です。
デカさ、白さ、ムチムチさ、ロゼット感には自信がありますよ。
親株見せるとデカくなりすぎぃ!って引かれるらしいですが、ハウスに置かなければ手のひら大くらいです。


DVC00228.JPG
DVC00229.JPG

左がPPK11-4-2で、右はPPK11-4-1。
PPK11-4-2同士でも栽培環境が違うとかなり見分けが難しいですね。
1と2で見分けようと思えば見分けはつきます。
見分けがつくということは主観から優劣の差がつくということでもあります。
と言っても別品種にするほどなのか?という部分もあります。(他の兄弟株はもっとクセが強くて割りとすぐ見分けがつく)
多少の差でも差別化をはかって別の名前を付けたがる人は多いです。
最終的には判別分次第というのが法治国家的な考え方だと思うので、同一品種と言えば同一品種か・・・。
‘ラウリンゼ’ がよく検証すると意外と複数クローン混ざってるようなもんかな。
とりあえず、‘Yeti’ というラベルがついてる株に関しては PPK11-4-2 、クローンです。(個人的に目の届く限りは)

--

ブラックニッカ アロマティック 瓶 700ml
ブラックニッカ アロマティック 瓶 700ml

3本買うか、2本で済ますか悩みますね。

ジョニーウォーカー トリプルグレーン アメリカンオーク 10年 700ml
ジョニーウォーカー トリプルグレーン アメリカンオーク 10年 700ml

スコッチのグレーンって結構臭いのが多いような気がするんですが、これはどうなのかな?
2000円ちょいのジョニーウォーカーの新商品っていうだけでとりあえず買いな気がしますが。
 
DVC00195.JPGDVC00196.JPG


Haworthia rooibergensis
H. mucronata var. rooibergensis sensu Bayer



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-08-26T003A083A37-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-05T17:32:30-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-05T17:32:30-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-06-04T22:38:46-1.jpg

夏に根っこ吹っ飛びまして。
しばらく撮る気が湧かないので画像ストックから。
これはもう根っこ腐りかけかな?
今はもう干し首から根っこ出てきましたが植えるの面倒、みたいな。

しっかし、夏に続き秋も雨ばっかりで全然撮影出来ないし、水遣りも出来ないですね。
丈夫そうなハオルチアには割りとあげてますけど。

--

CSファーストステージ突破やったぜ!
去年は広島にボコられましたが、今年はそれなりに善戦出来るんじゃあないかと思ってますが・・・どうだろ。
 
DVC00084.JPG


Haworthia malvina
H. bolusii var. blackbeardiana sensu Bayer
IB5672 E of Cathcart



http://haworthia.ldblog.jp/archives/35703020.html

本には載ってるけど検索には掛からないのであまり出回ってなさそうな番号。
A-SNM という謎の記号もついてました。

本来は透明感も強くて、昨冬は「まるびなッ!」って感じの赤紫色だったんですが、すっかり疲れ切った色になってます。
その頃は撮り忘れ。
で、今年実験的イケイケドンドンでやってみたらなんかビロビロのアララみたいな感じで。
梅雨過ぎくらいに外野コンバート。
弱ってるし腐って死ぬかと思ったんですが、意外と丈夫で疲れ切っただけで済みました。
今季から真面目に作り直してみます。

--

iOS にブチギレたいことは色々あるんですが、カメラで解像度を指定して出来ないってのはこれは一体全体どういうことなんですか。
その辺が「若干」出来るカメラアプリも優良だったりイマイチだったり。
サイズ落とす方法検索してみてもやれ「自分宛てにメール添付で送信するとリサイズされる」とか「画面に表示してスクリーンショットを撮る」とかアホみたいな方法ばっかりでビックリしましたよ。
なんなんだよもーー!!
960:720pxくらいで撮影させろや!!!

あとoverflow系に-webkit-overflow-scrolling:touch;を指定しないと慣性スクロールしないのを身に染みて発見したので修正。
これってバグじゃないの?
オーバーレイみたいのも指定しないとダメ。

しっかし Windows Android iOS それぞれのブラウザで全部ある程度満足に描画させるのマジで面倒なのでつらくなってきました・・・。
エンジニアさんはやっぱすごいですね。

iPhone 購入を機にフリック入力を練習しようかと思いましたが、結局 Gboard の qwerty でいくことにしました・・・。
諦めたらそこで・・・。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ