Archives
IMG_4499.jpgIMG_4500.jpgIMG_4501.jpg


PPK14-3-1
Echeveria ‘Derenceana’ x purpusorum



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-09-16T213A503A05-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-09-16T213A503A05-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-3.jpg

サイズ感が結構デカいです。
成長期はヒンヤリした感じの石ベリアな感じでしたが、今の時期はアースカラーな無骨ベリアという感じ。
うーんいいなぁこれも。

これはたまたま子株が一個だけ出たことがあるんですがあれから2年くらい出ませんね。

--

このサイズ(3号はみだし)のエケベは平鉢に植えたいんですがいい感じのセラアートくらい・・・。
でも所沢に売ってない・・・。
結局大きめのスリット買いました。
エッジが鋭い鉢は葉っぱ食い込んだとき傷になるんであんま好きじゃなくなってきたんですが、値段がね…。
有り余ってる普通の黒のプラ鉢も使ってみると割りといいんですけどね。
トップヘビーなので枠がないとコケやすいですが。
 
IMG_4492.jpgIMG_4493.jpgIMG_4494.jpg


PPK14-2-2
Echeveria purpusorum x ‘Derenceana’



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-5.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-12-20T033A133A54-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-12-20T033A133A54-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-12-20T033A133A54-3.jpg

これも季節によってずいぶん色が変わります。
黒っぽい紫系から赤茶色まで。
成長期のほうがダークなカラーリングで艶があってテカってるので通念面白い感じ。

ついでに一カ所謎の色抜けが起きました。
たまにありますが、斑ではないのでたぶんチリチリ系のモンストじゃないかと思います。
撫でると少し凹んでます。
柔らかい肌質の種類でこれが全体的に入っていると絞ったような質感になるんだろうなあと。

こういうのは外側まで来たら葉挿しして固定出来るかチャレンジしてみるといいんでしょうけどね…。
ハクホーのラッパモンストも結局放置して葉っぱしぼんで9もうた。

--

どの業界にも「他人にの評価なんてどうでも良い。むしろ自身の収集物が他人に評されることすら腹立たしい。」という人から「誰かが評価したモノしか認めない。人気こそ正義。」な人、色んな人がいますね。
偏屈なコレクターから流行の消費者まで色々です。
趣味のコレクションならお互いのそれぞれ個人の価値観のモノサシでしばき合うのが楽しいんじゃあないかと思うんですが、意外とそうでもないっぽいです。
でも食べ物飲み物は一般評価が高いものってやっぱいいモノが多い気がするなぁ…。
好みと質は別ってこと?
 
IMG_4495.jpgIMG_4496.jpgIMG_4497.jpgIMG_4498.jpg


PPK14-4-1
Echeveria ‘Lola’ x purpusorum



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-23T223A193A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-23T223A193A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-3.jpg

とてもお気に入り。
時期によってかなり色とか質感が変わります。
生で見ないとアレかも。
まあ好みなんて人それぞれだと思います。

とりあえず交配に使ってみてはいますが…エケベリアはもう引退するつもりなんで気力的に蒔くとこまでいけるかな?

--

観葉植物の価値というのは個人的には以下の3つの要素で決まるような気がしています。

1、本質的な観賞価値
2、希少性による価値
3、付加価値(通俗的な意味で)

1は主観に依る部分が大半なので何とも言えない部分が多いと思いますが、これを備えるものを新たに発見したり作り出すのはとても時間が掛かる。
2は相対性が強くて、1にも3にも引っ張られがち。
3は演出するのは他と比べたら圧倒的に簡単なので・・・まぁ。
 
IMG_4446.jpgIMG_4447.jpgIMG_4448.jpg


Dioscorea elephantipes



お芋はん。
四次元怪獣ブルトン。

焼き物に植えて化粧砂もやってみたり。
まあ乾きすぎになるんで中に75mmポリに仕込んであるんですが。

--

ややバタバタしてたのが、晴れてようやく画像が撮れたり色々出来てきたので更新頻度が上がってくるはずです。
たぶん!
 
IMG_4256.jpgIMG_4255.jpgIMG_2748.jpgIMG_2747.jpgIMG_2700.jpgIMG_2699.jpgIMG_2321.jpgIMG_2320.jpgIMG_2319.jpg


Haworthia hastata
H. pringlei var. hastata sensu Breuer
H. bolusii 'pringlei' sensu Bayer
MBB6561 Baviaanskrans



未使用画像が溜まってるな・・・と思ったら去年の九月にも載せていたという。
まあそれだけお気に入りな草ということで。
後半のほうの画像は秋だか冬だったと思いますが、サイズ感の比較として台湾の拾円を乗っけてみています。
非常に分かりやすいですね。
・・・500円玉とほぼ同じ大きさです。

ここのところサメムラと交配してます。
青くなれ!
中苗くらいのほうがカッコイイのでタネ採り終わったら縮める予定。
サイズ的も打ち止めっぽいので。
4号か4.5号くらいです。
まあなんかすごい受粉率が悪いんですが・・・。

--

ここ1,2週間くらい植物への熱意のあるメールが増えていまして。
春で皆さんの何かが目覚めてるんでしょうか。
熱意にお応えするためにもキッチリ説明出来る部分はしたいと思ってるほうなのでちょっとお時間いただいています。
長文になってたりしますが気にしないでください。

あと大谷のメジャーでの大活躍と横浜の首位への快進撃とかを見守ったりもしなくてはならないので。
・・・すいません。
 
IMG_4323.jpgIMG_4324.jpgIMG_4325.jpgIMG_4344.JPG


Bulbine mesembryanthoides



非常にヘンテコでおもしろい。
ブニョブニョ。
ハオルッチャよりサイズ感がデカくて全体的にかなり半透明なんでインパクトありますね。
地下はズドン!と白い塊根というか太っとい根っこが生えてます。

ちゃいちー苗もかわいい。

--

大谷ちょっとエグすぎないか・・・。

センブリ 顆粒 1.5g×40
センブリ 顆粒 1.5g×40
 
IMG_4320.jpgIMG_4321.jpgIMG_4319.jpg


UPPER LEFT:
Aeonium hybrid (unidentified)

UPPER RIGHT:
Aeonium x loartei

LOWER:
Aeonium saundersii x sedifolium prob.



細々アエオ3つ。
一枚にまとめて写したほうが違いが分かりやすいと思ったので。
大雪でひしゃげたり色々で今年度はアエオは放置してます・・・。

それぞれ毎回説明するのは面倒なので過去ログを見てもらうとして、A. hyb. としているのもたぶん A.
sandersii
A. sedifolium かなぁ?
A. x loartei 以外は実生の雑交個体だと推測してます。
また気が向いたらアエオも調べ直そうかなあ。
面倒だな。

--

大谷ってマジでやべえわアイツ・・・。
培養でクローン作るべきだろ・・・。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ