Archives
IMG_6681.jpgIMG_6682.jpgIMG_6683.jpg


Haworthia decipiens
20km W of Graaf-Reinet ex Clifton Marais



Graaf-Reinet のデキピ・・・でも 20km 西!
たまに「数十km ナントカ」みたいなデータついた苗ありますけどそれもはや別の街じゃないの?的な。

https://goo.gl/maps/dNyr3FpSeu92

こんなとこ。
街は無え!

http://www.uitkomstguestfarm.co.za/

こんな感じのロッジ?みたいな施設がポツポツあるのでその辺を拠点にして採集されたのかなあ。
地理的には Graaf-Reinet と Aberdeen の中間と言ったところでしょうか。

Graaf-Reinet というと当然 H. bolusii が思い浮かぶんですが、見た目そんな感じは全然なく。
言うほど H. decipiens 的な硬さも無いかなぁ。
南側に 100km くらい行けば Steytlerville や Willowmore のモロデキピなエリア・・・。
個人的には南側の種より、東側の Pearston 方面、Cradock のほうの H. batteniae のほうが近いような気がします。
南東の Jansenville 感は薄い。

なんにせよ面白い草な感じです。



Marais ?と聞くと持っていないながらも H. marasii が思い浮かぶわけですが、H. marasii の Marais
さんは Wessel R.B. Marais さん。
Albany Museum や Kew Garden で研究員をされていたみたいです。
たまたま同じファミリーネームなのかな?

--

アル中になってくるとツマミはあまり食べなくなります。
酒に合う食べ物というのが思いの外少ないからです。
一番のツマミは水と風、あるなら炎です。
なんだそれ。

そんな中でも比較的酒の「邪魔にならない」ツマミというのがナッツとチーズです。
一杯目のハイボールに合うチーズ論争は各所で行わられていますが、チーズも酒同様「慣れ」が重要なんだなあと。
私は当初カマンベールは苦手だったんですが、今では濃厚な味わいとクセが口の中をリセットしてくれるなあと。
まあ終盤は全盛期の藤川球児もビックリのストレートゴリ押しなんですが。
早死にするんでしょうね。

要するに明治か雪印か問答に関してですが、ワタクシ個人の意見を言わせて戴くならば!
…どっちも好き。
 
IMG_6602.jpgIMG_6601.jpg


Haworthia batteniae
H. blackbeardiana aff. sensu Breuer
H. bolusii 'blackbeardiana' sensu Bayer
JDV91/102 Josefdal



Josefdale だったり Josefdeel だったり。
Breuer 氏の本だと Grid が 3026CC と Aliwal North
手前くらい東の場所が示されていますが、こうれはどうも間違いだそうです。
実際は Cradock のすぐ南で、完全にバッテニアエ。
見た目も完全にバッテニアエ。
またこっち系の草が個人的にちょっと流行ってきてます。
流行ったところでどうということもなく、買いたいときに買えるワケでもなく。
とりあえずさっさと生長してくれ。

--

チャチャッと軽く肉焼いて食いてえなあ…みたいなときってあるじゃないですか。
冷蔵庫に眠ってる焼き肉のタレ的なヤツで味付けることが多いと思いますが、正直ドレッシングで焼いたほうが美味いと思ってます。
ごまドレじゃなくて和風ドレッシングとか中華ドレッシング。
ドレッシングは軽く火を入れて使うと結構面白い調味料ですよ。
トリもブタの合うぜ。
ギュウはニンニクで食べたい…。
あまり買えないので。

ドレッシングと豚バラと中華麺で何か悪魔的な焼そばが作れるような気がしてます。
ドライつけめん…みたいな。

個人的に好きなチルド焼そばはマルちゃんの塩。
 
IMG_6488.jpgIMG_6489.jpg


Haworthia malvina
H. bolusii 'blackbeardiana' sensu Bayer
IB5672 E of Cathcart



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-03-17T043A463A11-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-03-17T043A463A11-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-10-16T003A183A07-1.JPG

結構動きは早いんですが、なかなか思ってる感じには育ってはくれませんなあ。
透明度は妙に高くなってきましたが。
丈夫なのは知ってるで辛いところに置いたのがあんまりよくないのかな?
冬は赤系。
ビナマルだからと言って紫一辺倒でもなく。

--

ジンは年に一本のつもりでしたが今年は二本目行くぜ。
暑いんじゃ。
スコッチは減りにくい。
 
IMG_6023.jpgIMG_6024.jpgIMG_6025.jpgIMG_6026.jpgIMG_6027.jpgIMG_6028.jpgIMG_6477.jpgIMG_6478.jpgIMG_6480.jpgIMG_6479.jpg


Haworthia rooibergensis
H. mucronata 'rooibergensis' sensu Bayer
Vanwyksdorp



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-18T003A183A05-1.JPG
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-18T003A183A05-2.JPG
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-08-26T003A083A37-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-05T17:32:30-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-05T17:32:30-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-06-04T22:38:46-1.jpg

去年の夏頃根っこ吹っ飛んだので据え置きサイズみたいな感じです。
うーんここからがなぁ・・・。
死んだりする系の弱さはないけど生長が遅い。
3号鉢いっぱいくらいまで大きくなるみたいですが、相当遮光して加湿しないとダメかな?

非常にキレイな感じなのですが、メチャ細かい上に透明感が強いんで撮影しにくく。
普段は面倒くさいのでテキトーに撮ってるだけなんですが、後半の画像はカメラ機能をちょいと使いこなしてみようかと努力してみたり。
お天気とか株の状態がいい感じならもう少し良い写真撮れそう。
繁殖に回したい気もしますが・・・どう斬るの。

−−

夜に28度とかはこれはもういかんでしょ…。
 
IMG_6464.jpgIMG_6465.jpgIMG_6463.jpg


Haworthia incrassa
H. decpiens var. incrassa sensu Breuer
H. decipiens 'scottiana' sensu Bayer
PVB7052 N of Redcliffe



スコッチ好きなんで。
ガブ飲みですよ。
意味は『厚くなった、肥厚した』

・・・とかいう割りに H. decipiens をペラーっと薄く柔らかにしたような個体が多い印象のインクラッサ。
この個体はいい意味でインクラッサ感薄いです。
インクラッサ感強いのも探し続ける意欲を掻き立ててくれます。
・・・え?

ちょっと傷んでるですが、気の引き締まる原動力となる透明感持ってます。
これが関東以南の地域で再現性や持続性があるとは思えないんですが、まあ関東には関東の草ハオ栽培があるってところを見せたろうかと。
アスファルトパワーで気温が15℃は違うぜ?
へへへ!




NE of Willowmore 。
ラベルは MBB7052 となっていましたが、本来は PVB7052 です。
本来の MBB7052 は H. cooperi 'gracilis', MBB7052 Helspoort です。
このアクロニム取り違えは恐らくセェラムでやらかしてるからだと思われます。
Breuer さんも PVB7052 と MBB7052 両方リストに載せちゃってるんで、途中からアレしたんでしょう。


Breuer さんは H. incrassaH. decipiens var. incrassa で、
H. ianthinaH. cyanea var. ianthina なんですよね。
言うほど違いある?みたいな。
H. toorisH. violetta 含めてこの辺りはオーバーラップ部分が多すぎて・・・。
まあそこが楽しいんですが。
H. harryi との関連性はとても高いです。


Helspoort のヤツ(MBB6614 とか MBB7052 とか)も数年ほど無いかなーと張ってますがまあほとんど見ないですね。
前はちょいちょい見たんですが・・・。
まあ個人的に流行ってるだけなんでこれはもうどうしようもない。

--

レッドクリフと言えば赤壁の戦い。
三国志は蒼天航路で陳宮が死ぬくらいまでの知識しかありません。
封神演義は全部読んだ。

蒼天航路 全18巻 完結コミックセット (講談社漫画文庫)
蒼天航路 全18巻 完結コミックセット (講談社漫画文庫)
 
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ