Archives
IMG_7664.JPGIMG_7411.jpgIMG_7665.JPGIMG_7410.jpgIMG_7409.jpgIMG_7055.jpgIMG_7054.jpgIMG_6721.jpgIMG_6720.jpgIMG_6087.jpgIMG_6086.jpgIMG_6085.jpgIMG_8784.jpgIMG_8785.jpg


Haworthia inconfluens
H. mucronata 'inconfluens' sensu Bayer
JDV86/003 S of Ladismith



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-08-01T003A093A09-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-08-01T003A093A09-2.jpg


こんな薄皮で透明感タップリなのでさぞデリケートそうな印象ですが、クソ丈夫です。
大半が酷暑の時期に撮った画像だったりします。
黄緑というというとは日に透かすと黄色に近い感じ。

鉢はよく見る2.5号のラン鉢ではなくて、3号のラン鉢。
なんか上手くいかないことが多いですがこれは若干ハマった感。
でも他の鉢のほうが良さそうだな・・・。

--

この地名を見る度にスミス&ウェッソンのレディースミスを思い出すワケですが、まあどうでもいいか・・・。


コクサイ NEW M36 2インチ レディースミス ポリフィニッシュ
モデルガン完成品

コクサイ NEW M36 2インチ レディースミス ポリフィニッシュ モデルガン完成品

今シーズンはジョジョ5部のアニメも放送してますが、この辺のモデルが品薄になったりするのかな?
まだミスタ登場したばっかりくらいですが・・・。


タナカ S&W M49ボディーガード・スチールジュピターフィニッシュ
モデルガン完成品

タナカ S&W M49ボディーガード・スチールジュピターフィニッシュ モデルガン完成品
 
IMG_8783.JPGIMG_7948.jpgIMG_7947.jpg9b494c28c644246693fb5b4ddb7a6e44.jpg今年の夏はかつてない酷暑で何かと大変だったのですが、今までになかった珍しい葉焼けがいくつかありました。
原型を保ったまま、キレイに色が抜けてしまっています。
若干表面に艶が無くなったくらいで、張りも十分にあります。

パッと見、斑のようですがこれは葉焼けの一種です。
表面が焦げてただれたようになる葉焼けではなく、恐らく高温すぎて葉緑素が吹っ飛んだために白変してしまったのだと思います。
通常、異変がある葉っぱは目に見えて汚かったり、表面の傷から雑菌が入ってさっさと溶けたりするんですが、中温でじっくりロースト状態になるとカタチを維持したまま焼けるのかなと。

この株も遮光自体は相当ガッツリしてありましたが、天井の低いケースに入れていたために葉先の部分だけ熱くなりすぎたんでしょう。
同じケース内に置いていた株ほとんどコレ。
ゲンナリです。



斑というのは基本的に、葉の付け根から先に掛けて『縦にハケで線を引いたようになる』ものです。
濃淡はあるにしても、基本は縦縞模様。

熱されやすい葉先が多いですが、部分的にムラのように白く変色しているのは葉焼けです。
窓から入った光が強いと根元付近の内側が焼けたりすることもあります。
根元から白くなっていないのは斑ではないので、注意したほうが良いです。
遺伝的な要因の特徴ではないので、継続性は当然無く、新しく出てくる葉っぱは普通の葉です。
品種としての特徴ではなく、ただの傷です。

※「そういう模様の植物」とか、双子葉植物だと覆輪斑とか色々あります。


***

窓の内部に気泡のようなものが浮いて内部が白変することがあるのは真冬の凍結時が大半ですが、今年はなんと夏にも起きました。
大半はフチの内部辺りに軽い傷が出来るような感じ。
モノによってはベコっと葉っぱごと凹んだり。

また一枚だけですが、「白玉」が浮きました。(最後の画像右上)
培養苗でばかり見るのは枝変わり・ミューテーション(遺伝的な変異)ではなく、恐らく強めの育成灯か何かでスピード量産したから?
最近見ないし、安定しているという噂も聞かないからまあたぶんそういうことなんだろうと思ってます。
 
IMG_8599.jpgIMG_8598.jpgIMG_8597.jpgIMG_8591.jpgIMG_8590.jpgIMG_8589.jpgIMG_8588.jpgIMG_8587.jpgIMG_8586.jpgIMG_6944.jpgIMG_6943.jpg


Haworthia cummingii
H. tenera var. cummingii sensu Breuer
H. cooperi 'tenera' / 'minima' sensu Bayer
Trefu, SES of Comittees Drift



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2018-02-02T023A123A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2018-02-02T023A123A06-2.jpg

夏頃の画像とか、クローンで2株画像が混ざってます。
ポリは 65mm LONG 。

小型のヤツ。
やっぱり大きくはならない印象です。
ファシャーッと細い感じの印象もあったんですが、ズングリ太くなってきたりして。
酷暑で鍛えられた?

--

そろそろワールドシリーズだ!
個人的な予想だとレッドソックスです。
去年のドジャースダルビッシュは酷かった・・・。
カブスでも死刑囚化してるし・・・。
 
IMG_4594.jpgIMG_4355.jpgIMG_4356.jpgIMG_4357.jpgIMG_4504.jpgIMG_4505.jpgIMG_4506.jpgIMG_4507.jpgIMG_4593.jpgIMG_4595.jpgIMG_4596.jpgIMG_4597.jpgIMG_4598.jpgIMG_4599.jpgIMG_4600.jpgIMG_4623.jpg39931587_285038542315006_4723849007112100609_n.jpg40399765_533757343727261_965338477541126976_n.jpg


Haworthia ionandra n.n.
H. cooperi 'gordoniana' sensu Bayer
IB7091 Joubertina, municipal land opposite art shop



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-30T193A543A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-30T193A543A06-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-15T203A213A12-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-15T203A213A12-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-15T203A213A12-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-15T203A213A12-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-15T203A213A12-5.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-15T203A213A12-6.jpg

プラ鉢のほうは晩春くらいに撮影したんでまだ赤味が残ってます。
ポリのほうは猛暑明け。
65mm LONG かな。
割りと大型、窓デカイ、薄皮、超透明・・・好き!
トーメイよりはやっぱりハリーに近い感じです。
だいぶ柔らかいですけどね。

--

神宮球場には神宮ハイボールという酒が売っているんですが、これはホントに良くない酒です。
今年2回飲みましたが、2回とも悪酔いしました。
毎年微妙に内容が違うような感じですが、基本的に缶チューハイの激安ウイスキー割りで、今年は特に良くない…。
質もアレだけど度数いくつなんだあれ…。
サントリーの濃い目角ハイの2倍くらいありそう。
今度はペットぼワインでも飲も。
でも来年かな。
 
IMG_7966.jpgIMG_7965.jpgIMG_7967.jpgIMG_7968.jpgIMG_7969.jpgIMG_7970.jpgIMG_7971.jpgIMG_7972.jpgIMG_7973.jpg


Haworthia lanceides n.n.
H. azurea sensu Breuer
H. cooperi 'viridis' / H. decipiens 'minor' sensu Bayer
IB12654 Sapkamma, Center of Grootpoort



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-08-11T21:18:25-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-08-11T21:18:25-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-08-11T21:18:25-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-08-11T21:18:25-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2012-11-15T22:34:10-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2011-07-06T20:55:54-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-09-15T22:30:21-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-05-09T19:04:31-1.jpg

鉢は 65mm LONG ポリ。
キレイなので隔年ぐらいで作り直してます。
久々にこのまま群生させてみようかなあ。

カメラ性能が上がりましたが、やっぱり肉眼通りに写すのは難しいですねえ。
ただのアイポン7ですが。
メチャメチャ透明です。
キラキラです。
写しにくいです。

--

牛乳プリン終売とかいう悪質なデマ。
言っても何年も食べないですが…。
久しぶりに食べたいです。
 
IMG_7806.jpgIMG_7807.jpgIMG_6638.jpgIMG_4839.jpgIMG_4840.jpg


Haworthia ianthina
H. decipiens 'scottiana' sensu Bayer
MBB7188 Hoekplaas



段々古い画像。

Vetvlei 表記でないけど「たぶん H. ianthina 」な H. ianthina
まあ 'scottiana' のあの辺のアレだね、という・・・感じの見た目です。
この辺りはオーバーラップする形質とか個体が多いので面白いです。

4月下旬くらいに急激に日差しが強くなった時期があったんですが、その時に焦がしちまいましてね・・・。
これがあるので他所の苗はやや怖い。
自前の苗は別にどうってことなかったんでやっぱウチはメチャメチャ遮光少ないのかな。

死にはしなかったんで別にいいんですが、成長はしばらく据え置きでしたよ。
酷暑だったし。
で、秋の台風やらでケースの蓋吹っ飛んで水浸しになったくらいから急にスイッチ入ったかのようにモリモリ動き出しまして。
ええぞ、がんばれ。
この辺のアレは見た目もそうですが、栽培し易さとか丈夫さもマチマチなのでこのまま好調だとありがたいです。

--

家にあるTシャツ一斉に寿命が来た問題。

一時期買い漁っていたので、何年も買っておらず。
寝間着にしたりなんなりで回転しているうちに、立て続けに寿命が来まくりまして。
あららら。
おそらく洗濯もあるでしょうが一番は寝間着にしていて、布団と擦れてるからではないかと 。
個人的には白が一番丈夫で、カラー物、特に黒は色あせが早いです。
首元のリブの折り目薄くなって、穴が開いてそこから破けてきます。

しかしまあ、もう6oz以下は着たくないのです。
誰も気にしやしないでしょうがデザインも気にする。
これらの条件を満たすTシャツを買うと1枚4000円とかなってくる。

・・・よし、作るか。
無地のまんまでも良いですが、下着感が3割くらい出るのがなんか気になるので。
誰も見てやしないのは百も承知ですが。
良く考えてみれば4月の中盤くらいから9月一杯くらいまで寝るときは毎日、それ一枚で過ごす日というも多いワケである程度投資したっていいじゃない。
 
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ