Archives
IMG_9599.jpgIMG_9600.jpgIMG_9601.jpgIMG_9598.jpgIMG_9597.jpgIMG_9596.jpgIMG_9595.jpg


Haworthia violetta
H. decipiens var. incrassa sensu Breuer
H. decipiens 'scottiana' seunsu Bayer
MBB6938 Woedjieskloof



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-11T003A393A05-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-11T003A393A05-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-10-31T203A563A25-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-10-31T203A563A25-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-08-13T233A313A02-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-08-13T233A313A02-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-08-13T233A313A02-3.jpg

まあ "ianthina" 系と言いますかね。
中苗の頃の感じをまた味わいたいので小さなヤツから作り直してます。
イイ個体なんだこいつは。
もうちっとヌルい場所のほうがいいかな?
丈夫なので来年には相当いい感じだと思いますよ。
デキピの先祖か、なるほど。

Woedjieskloof とかいう謎のクソ田舎は NE Uniondale みたいです。

Woetjies Kloof っていうのが見つかりましたがコレっぽいですね。
https://goo.gl/maps/dcZWw3tqKwp

道路を挟んで西に池みたいのがありますが、あの辺が Vetvlei 。
直線距離だと 10km 無いくらい。
吹き曝しの荒野みたいな感じなんで H. ianthina とはやはりかなり関連が強そうです。

--

30年くらい前に輸入されたスコッチばっかりガブ飲みしてて申し訳ないんですが、ツマミ食べ物に関しては各地を応援したい。
〆や朝飯の茶漬けです。
茶漬けというのは器が広い!

米…新潟産
鮭…北海道産
永谷園の茶漬けの素…どこ?
いぶりがっこ…秋田産
柚子胡椒…大分
鰹節…高知?
海苔…どこ?

うん、割りと頑張ってる。
ごめん、ホントはシャケは安いアトランティックサーモンなんだ…。
シャケっていうかマスなんだ…。
でも十勝のチーズは食べまくってるから…。
牛乳も飲みまくってるから…。

冬の朝飯と夜更かしの〆は茶漬け!
水分ばっかだな…。
 
IMG_9758.jpgIMG_9760.jpgIMG_9759.jpgIMG_9698.jpgIMG_9697.jpgIMG_9216.jpgIMG_9215.jpgIMG_9214.jpgIMG_9213.jpgIMG_8596.jpgIMG_8595.jpgIMG_8594.jpgIMG_8593.jpgIMG_7994.jpgIMG_7993.jpgIMG_7991.jpgIMG_7550.jpgIMG_7549.jpgIMG_6487.jpgIMG_6071.jpgIMG_6032.jpgIMG_5363.jpgIMG_5362.jpgIMG_4985.jpgIMG_4984.jpg


Haworthia marina n.n.
H. cooperi 'gordoniana' sensu Bayer
MBB6784 SW of Patensie



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-03T043A343A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-03T043A343A06-2.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-11-06T18:25:54-1.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-11-06T18:25:54-2.jpg

最近の感じ→初夏くらいの感じ

murina muriana marina と色々ゴタついてますがオッズが高いのは marina なので・・・。
ともかく MBB6784 です。
このナンバーは大半が培養株だと思うんですが、これは国内の実生(のラメット)。
培養のより窓が大きくてプリっと肉厚っぽい・・・ですがどうなんでしょう。
これしか持ってないので。
薄葉の感じのはそれはそれで欲しいですがあまり見なくなってきたような。
BOOK2 に載ってるようなのが欲しい。

https://goo.gl/maps/osiYfP1uMDF2

この辺。
この辺のはまあ「 Hankey 顔」といいますが、ベネってるのとか五分刈りゴードン感のとかピクツってるのがゴッタ煮な感じで。
Zuurbron もまあ近いか。
この辺くらいのを "gordoniana" だっていうのはまだ分かるんですが、H. stayneri とかを H.
gordoniana
と同種だっていうのはさすがに素人目にも疑問。
H. harryi なんでどこが?って感じです。
マニアックなアレだと一時期 decipiens-to-gordoniana みたいな表現もあったと思いますがコレは今思うと結構アリな気も。


栽培的には一時期なんともやりにくい感が強かったんですが、ガッツリ屋外に慣らしてからは弱っちい感じもせず。
酷暑もまあなんてことなく。
ただ、やはり生長は遅めな印象です。
まあ今年は天気もアレだったし・・・。

--

うーん、やはり 1200px は面倒ですね・・・。
何故かというと使ってるモニタの解像度が 1280x1024 だから!
トリミングがしにくいのです。
あぱー。
でも壊れないし・・・。
ヒンジは折れて立てかけてるけど。
まだ映るし・・・。
 
IMG_9066.jpgIMG_9065.jpg


Haworthia lapis sensu Breuer
H. aristata sensu Bayer
MBB7011 De Plaat Weir



https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-07-01T013A393A08-1.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-07-01T013A393A08-2.jpg

結構良い感じに。
ちゃいちーな方もなんか思ったより割りと上手いこといっててナイスです。
ぶっちゃけ酷暑で死ぬかと思ってたんですが、意外と元気モリモリ系なのかな?

--

個人的多肉あるある「字がキレイ人ほどラベルライターを使い、字が汚いヤツほど手書する」。


いよいよラベルライターを買おうか迷ってます。
自らの手で日々悪筆ラベルを作り続けることへの罪悪感から開放されたいです。

なので手元にある各所からの印刷ラベルを凝視。
ジャギジャギなのから、なかなか高解像度なのとか色々ありますね。
12mmテープでラインラベルに貼ると端までピッチリ。
ラベルライターでラベルを作る方は割りと無難なゴシック体、サンセリフなフォントを使う方が大半ですね。
やっぱりまあ、無難ですか。

以前落札したらフォントがTangerine(凝った筆記体)のラベルがついてて「流石にもうちょっと可読性の高いフォントのほうがええんでない?」と思いましたが、それ以降はなんかのセリフ系フォントに変わってました。
ちょい前に別の方から太め長体ゴシックのフォントのラベルが付いてたこともあるんですが、これは良い。
アメリカンです。

ラベルライターって内蔵のしょっぱめフォントしかないと思ってたんで、使おうと思えば色々使えるんだなと。
そんなこともありオリジナルラベルへの意欲が沸々と。

割りとフォント野郎なので解像度が低いとツライです。
やはりラミネートじゃないと埋まった部分の劣化が早いみたいです。
キングジムのテプラよりブラザーのP-touchのテープのほうが質は高いらしい。
dpi300 レベルで PC 接続のフォント自由レベルで上の部分にロゴ的なアレもアレしたい。
12mmの幅にロゴ的なものも入れて、好きなフォントを印刷するならやっぱそれくらいの解像度が最低限かなあ…
高解像度のは割りと高いんで悩んでますよ。
テープ代も掛かるし。
年間50枚か100枚かくらいだと1枚100円超えますからね。
3年使ってまあトントン?

その前に封筒に押すハンコかな・・・。
いい加減自分の住所手書きするのにも飽きました。
これは2000円くらい。

うーん。
 
IMG_2923.jpgIMG_1306.jpgIMG_1450.jpgIMG_1451.jpgIMG_1452.jpgIMG_1453.jpgIMG_1456.jpgIMG_1457.jpgIMG_1463.jpgIMG_1467.jpgIMG_1470.jpgIMG_1473.jpgIMG_1474.jpgIMG_1475.jpgIMG_1476.jpgIMG_1477.jpgIMG_1478.jpgIMG_1479.jpgIMG_1691.jpgIMG_2051.jpgIMG_2073.jpgIMG_2075.jpgIMG_2164.jpgIMG_2165.jpgIMG_2490.jpgIMG_2491.jpgIMG_2493.jpgIMG_2494.jpgIMG_2495.jpgIMG_2922.jpgIMG_2924.jpgIMG_4254.jpg


Haworthia ‘Tamatebako’ / ‘玉手箱’



続き。

途中、どうにも写らないので順光気味に晴れ間の下で撮影したら意外と上手く写ったという画像があります。
正直、オブツーサ系で上からの光線で上から撮ってアレはやばい・・・。

で、窮屈そうに2株抱えて撮影してますが、片方は「そこまで状態悪くない ‘ドドソン紫’ です。」

高性能な分、白飛びとか反射防止のセンサーみたいのがカメラにあって当初はえらい苦労しましたよ。
最近は割りと使いこなせるようになってきました。
 
IMG_1457.jpgIMG_0479.jpgIMG_0480.jpgIMG_0527.jpgIMG_0528.jpgIMG_0530.jpgIMG_0531.jpgIMG_0533.jpgIMG_0534.jpgIMG_0535.jpgIMG_0619(1).jpgIMG_0620.jpgIMG_0621.jpgIMG_0622.jpgIMG_0623.jpgIMG_0726.jpgIMG_0727.jpgIMG_0728.jpgIMG_0729.jpgIMG_0730.jpgIMG_0732.jpgIMG_0872.jpgIMG_0873.jpgIMG_0874.jpgIMG_0876(1).jpgIMG_0876.jpgIMG_0878.jpgIMG_0879.jpgIMG_0880.jpgIMG_0881.jpgIMG_1302.jpgIMG_1303.jpgIMG_1305.jpg


Haworthia ‘Tamatebako’ / ‘玉手箱’



https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-05-18T013A103A11-1.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-05-18T013A103A11-2.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-05-18T013A103A11-3.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-05-18T013A103A11-4.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-05-18T013A103A11-5.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-05-18T013A103A11-6.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-05-18T013A103A11-7.jpg

ガラケー時代に撮った窓辺で加湿(ペットボトル被せ)して仕上げた株。
http://1911.seesaa.net/article/439370647.html



一昨年から屋外で無加温・無加湿栽培してた株。
去年の晩春くらいに載せて、その秋にはもう仕上がりきってたのですが、どうにも上手く写りませんで。
新しいiPhone7のカメラに慣れきってなかったというのもありますが、キレイに仕上がりすぎて写らなかった・・・とか言っちゃっていいですか。

アップの画像なんかでよく見てもらうと分かると思うんですが、基本的には中の細胞的なものとか軽い気泡のようなものまでハッキリ見えるくらいには透明です。
で、スリガラスというか「強烈な銀色の寒天質」のような質感なので光を反射してしまうんです。
肉眼で見れば最高に透明でピカピカ、でもカメラだとなんか地味に映る!
参ったぜ!

そんなワケで、「もうちょっと写せたら載せよう」みたいなことを繰り返しているうちに真冬になってシーズン終了、みたいな。
また撮ればいいかと思ったら今年はナメクジに齧られ、ベストコンディションに仕上がった株がないという。

それで結局去年秋冬に四苦八苦の試行錯誤しながら撮影した画像をまとめて処理しようと思いまして。
全部で100枚ちょいくらいありましたが、64枚まで減らしました。
でも多いので2回に別けて投稿します。
 
IMG_9375.jpgIMG_9370.jpgIMG_9371.jpgIMG_9372.jpgIMG_9373.jpgIMG_9374.jpgIMG_9376.jpg


Haworthia venusta
H. salina var. venusta sensu Breuer
H. cooperi 'venusta' sensu Bayer



https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-01T003A203A09-1.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-01T003A203A09-2.jpg

群生型のポコポコするヤツ。
ベヌスタにしては生長が早いんでせっせとモコモコ毛玉にさせてみようかなと。
もうカキコしないぜ!
しかしまあベヌスタは撮ってみるとやっぱりいいですねえ。
なんだかんだで4株も持ってるし。

--

かつてなくブログを書き溜めてます。
まあ、都合上載せたくない画像がケータイから溢れかえってるので整理しなければならんからでして・・・。
グーグルフォトにバックアップしてるとはいってもどこに何があるのかさっぱり分からなくなりますからねえ。
もっと賢い使い方あるんでしょうけど・・・。
 
IMG_8982.jpgIMG_8981.jpgIMG_8980.jpgIMG_8979.jpgIMG_8978.jpgIMG_8108.jpgIMG_8107.jpgIMG_7004.jpgIMG_7003.jpgIMG_4612.jpgIMG_4611.jpg


Haworthia harryi
H. cooperi 'gordoniana' sensu Bayer
JDV90/80 Uniondale Poort



https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A12-1.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A12-2.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A12-3.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A13-4.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A13-5.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A13-6.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A13-7.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A13-8.jpg
https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-12-07T013A003A13-9.jpg


3号のプラ鉢をやめて、75mm LONG ポリに。
サイズ感的には3号より 75mm LONG のほうがボリュームはあります。
でも当たり前ですが、間口は若干狭い。


当初は「なんだこのグリーン野郎は!?」と衝撃を受けた個体でしたが、前回の個体を見ると「あー、わからんでもないかも」となってくるワケで。
H. harryi を個体単位よりも種(species)単位として捉えるには非常に面白い個体。
かなり色んなとこから遺伝子ゴッチャになって出来た種なんだなあと。

サイズ的にはかなり大型。
最近ちょっと H. decipiens の先祖みたいな雰囲気を出してきてますが・・・何なんだろう?
どこ由来?

当初は葉焼けしやすくて「グリーンのくせになんなんだこの野郎!」とか思ってましたが、ようやく鍛え終わったのか、馴染みきったのか、割りと平然と酷暑を乗り越えてくれましたよ。
けっこうグイグイ生長してきたし。
窓も増えてきたし。
まあ、外側は齧られたんですけどね…。


4回に渡って4個体ほど載せてみましたが、花期はだいたい一緒で・・・6月だっけ?
7月?
遅いです。
H. ionandra とかあの辺と近い時期。

一方、サメムラさんは激早い4月初めくらい。
うちではだいたい最初に咲きます。

−−

以前カリッカリのチリッチリ気味に栽培している人からハオルチアを買ったことがありまして。
さぞハードな栽培をされてきた株なんだろうと。
徒長しちゃうかな?とか思いながらウチの栽培ゾーンに置いたらクソマッハで焼け散らかしまして…。
えぇ…チリチリがボロボロになってしまいましてね。
ウチってそんな辛いの?
というか、あんだけカリカリだったのはただの水切りなの?

まあ他所で買ったり譲って貰うにしても「ここの苗は合わなくて慣らすのシンドイ…」っていうのありますよね。
無いですか?
私が辛くし過ぎてるだけですか。
そうですか。
まあその分ウチから他所に行く分には慣らしやすいと思ってはいるんですが…どうなんだろ?

高湿度ユルユル光線のハオルチアと低湿度カッチカチ栽培のベンケイソウはキレイかもしれないですけど、自分のところで維持出来ないリスクというのが高いのでナントモですよね。
見た目の維持もそうなんですが、焼けたりビヨビヨになったりして最悪潰れますから。
 
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ