TITLE:

お・ぼ・ろ・づ・き!
101119_143308.jpg

https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-03-23T22:52:36-1.jpg
3月下旬

始祖たる朧月。
白き月ですよ。
☆型だけど。
やっぱカッコエエわ。
冬とか春より今がロゼットの感じと1番ヌルンとした質感で好きかも。

今年は植え替えるつもりだったんだけど交配するから花芽がついてるうちはやりたくないし、花終わったら梅雨だし、梅雨終わったらキチガイ酷暑だし、秋は土切れだし・・・買ってこないとね。
流石の朧月さんも今年の夏は結構弱ってた。
何本か茎逝ったし。
まぁ勝手に復活したけど。
やるべく早めに培養土に植え替えたろう。
来年も開花ちゃん頼むで!
何気に咲いてくれないと年に一回の実生シーズンが詰みっていう。

今日から3大プトー祭開催です。

--

牛乳を使ったカルボナーラ的なモノはたまに作るけど牛乳とかクリーム使わないガチなのが食いたかったんでやってみた。
チーズもちゃんとパルミジャーノナンタラを。
でもブロックはアレなんで薄切りのオツマミみたいなヤツ。
案の定折れてろくに擦りおろせなかったんで夜叉のような表情を浮かべながら包丁で刻む。
不良イタリア親父みたいな名前のハムはやめてお気に入りのベーコン。

ベーコン炒めて気分で白ワイン入れて、いつもなら牛乳のところを茹で汁でν化ソース。
フライパンごとしっかり冷やしてパスタぶち混んでチーズ+卵叩き混んでちょっと火に掛けてチーズ馴染ませる。

実食!
む、美味いぞ!
濃厚だ!
牛乳使うよりブラックペッパーがかなり効きやすいしソースもガッツリパスタに全部絡んで食べやすいぞ!
非常に満足した!

なるほどフライパン冷やし作戦はイイね。
濡れ布巾用意するくらいの手間で上手くいくならええやろ。
今度は手に入り易いチーズ使ってやってみよう。

Comments

  • jaco

    これが第一使徒・・・

    先日のテラコッタの内側に云々っての、いいですね。今後の経過も知りたいです。

    ところで、
    ①テラコッタに保湿力のある用土
    ②プラ鉢に乾きやすい用土
    って、育ち方は同じだと思います?

    なるほど、シャビシャビのカルボナーラに嫌悪感すら抱く人は、チーズと卵だけで作ればいいんですね。そして濡れ布巾とφ(..)メモメモ
    2010年12月03日 14:47
  • 1911

    進化の可能性の1形態ですな・・・!
    塗りコッタはとりあえず内側が撥水にはなったようでそれなりに乾き難そうですよ。
    水分とか根から出る酸とかでどれほど劣化するかわかりませんけどテラコッタの表面なら塗料の食いつきもいいだろうしまぁ気休め以上にはなってると思いますです。

    ①②で育ち方は結構違うような印象です。
    もちろん鉢の大きさとか土の具合とか水遣りの仕方・植物によっても全然違うと思うんですがただ調子良く栽培するだけなら②のほうが圧倒的に便利だったり管理しやすいです。
    今までの経験だと土どうこう以前に根本的に成長スピードはプラ鉢>>素焼き鉢でした。
    3号とか小さめテラコッタはかなり乾くんで基本的に使い難いです。
    3号素焼き+赤玉メインの結構保水性・肥料のある培養土とかでやると根が表面ばっかりに張ったりして生育悪くになることが多かったかな?
    あんま水捌けの悪い土使うと水が溢れたり鉢の表面にコケ生えたり不便だったり。
    なので通気性のない鉢+水捌けの良い土のほうが好きですかね。
    そんなワケで結構前からテラコッタの通気性を下げるために中にプラ鉢仕込んだり表面塗ったり内側塗ったり色々仕掛けてますがどれもイマイチ。
    なので超強健種を大鉢のテラコッタにブチ込むっていう使い方ばっかりになってます。
    何よりテラコッタは根が張って植え替えが面倒・・・。

    リアルカルボナーラのチーズにとろけるタイプはオススメできない感じです・・・。
    パルメザン使うのにはちゃんと理由がありましたわ。
    2010年12月04日 03:20
  • jaco

    ご教授ありがとうございますっ!
    僕はテラコッタの見た目が好きなんで、うちの植物は9割がたテラコッタに植わってるんですけど、どうもなぁって感じなんです。

    土でカバーしよう、とか考えていましたが、もろ
    >3号素焼き+赤玉メインの結構保水性・肥料のある培養土とかでやると根が表面ばっかりに張ったりして生育悪くになることが多かったかな?
    になるんですよね・・・

    買ったサイズを維持できない(=小さくなる)、とか。

    テラコッタの見た目が好きだが、植物にはもりもり大きく、そして殖えて欲しい。

    塗りコッタ、頂きました!!!
    2010年12月05日 09:29
  • 1911

    ちゃんと丁管理したり土にこだわればいける範囲ではあると思うんですけど個人的には真夏とか渇きまくりでメンドクサイですかね。
    塗りコッタ、今回は屋外塗装用のラッカーがあったんで使ったんですけど皮膜が割れていずれ剥がれるんでなんとなくペンキのがオススメですよ。
    何気に丸型スリット鉢とサボテン相談室のテラコッタの鉢の内径がドンピシャで、もしかしたらこれもええかもです。
    カタチもけっこうオサレ。
    インナーのスリット側がやや深さ不足ですけど土少なめのが・・・それっぽい雰囲気w
    2010年12月06日 01:34

この記事へのトラックバック