TITLE:

はわーち・・・?
101205_124059.jpg

https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-05-07T21:18:49-1.jpg
5月始め・カット苗

輸入の Aeonium howrthii ということでヤホったモノ。
うーんハボルチーにしては緑でデカイし、葉っぱの雰囲気もなんか違うような。
ロカリティでだいぶ顔は変わるけどハワァースィー色々見てもなんともはや。
個人的には A. ‘Hawbicum’ ( Natural hybrid, A. haworthii ‘Major’ × urbicum , Tenerife ) にあらむ?と睨んでる。

http://www.jardinexotiqueroscoff.com/genre/8/3/90/aeonium/aeonium-xhawbicum.html

こんなん。
最初の4枚は A. ‘Hawbicum’ ではなくて恐らく A. ciliatum とかその辺です。
いわゆる青白い小さめの A. haworthii よりはこっちのが近いような印象。

101205_124110.jpg

2つほど土の下からなんか生えてきた。
子株だ。
儲け。
アエオも地下ランナー出るんですねぇ(stick reading)。

そんなワケでまた割りとアエオ盛り上がってます。
アエオリストの詰めも気まぐれに進んでおります。
現在‘Gary's Shadow’は‘Bramwellii’ではないのか?パンケーキは‘Anagense’ではないのか?とか役に立つんだか立たないんだかわからない部分まで煮詰めとりますよ。

アエオもベンケーソーの宿命に漏れずウサンクサラベルが多いネ。
個人的には輸入苗はラベル正しい、みたいな風潮があると思うんだけど海外業者もたいがいかなと思う。
カタカナにされてない点で幾分かマシ?くらい。
そう言えば先日「JJから来たグラプトベリア」とかいうのがオクに出てたんだけどどー見ても A. canariense でわろた。
「アエオに見えるけどグラプトベリアです」って書いてたから出品間違いとかじゃないのがまた・・・。

--

食パンマンの端のカットされた全面耳の部分は一体どこに。
たまに顔の裏が茶色な食パンマンが現れるんだろか。
天丼マンに釜飯ぶち込んだらどうなるんだろうか。
訛るんだろうか。

Comments


この記事へのトラックバック