TITLE:

ラズベリャはギルワだったりしない?
110118_111618.jpg

110118_110117.jpg

ラズベリーアイスで売ってるモノ。
ラズベリーアイスってのはちょっと前に某会が半島に売るときに付けた名前で、この植物自体はかなり前から「エレガンス」普及していたモノ。
なので屋上とかでは250円コーナーに紛れて売ってる。

じゃあ E. elegans の1フォームかと言うとちょっと怪しいんじゃないかと睨んでる。
通年野晒しでも平気でやけに丈夫だったり、休眠期も葉っぱがそこまで内向しないし、葉先も丸さというか鈍角さが足りないような。
E. ‘Gilva Blue Surprise’ とかその辺が怪しい予感。

ふりっかー
http://www.flickr.com/search/?w=all&q=echeveria+blue+surprise&m=text

Echeveria hybrids: G
http://crassulaceae.net/echeveriamenu/78-list-hybrids/907-echeveria-hybrids-list-f-engl-fr

『‘Blue Surprise’は ‘Gilva’ の青白いミューテーション by ケッペル 』らしいです。
‘Gilva’ってのはケッペルの E. agavoides × elegans の交配。
元々の E. × gilva 自体もかなり色々な顔のがそう呼ばれておって、特定の顔のモノを指すというよりは E. agavoides × elegans の総称みたいな感じ。
そういえギルバってメジャーな交配種なんだけどジャパンじゃ全然見かけないね。

ラズベリャーも花が咲けばわかりそうだけど咲かないんだなーこれが。
交配に使っても面白そうなだけに残念。

*

Echeveria hybrids: G のとこに‘Graessneri’も載ってますわね。
1〜2枚目の緑の葉っぱ丸いヤツと3枚目の個体は別のヤツ?

http://crassulaceae.net/echeveriamenu/89-photos/993-echeveria-sugared-ph

確か前はここの1枚目、所謂『パルチェラ』で売ってるヤツが載ってたような。
1〜2枚目の緑の濃いのはこの前の五反田で錦玉園さんにグルソニーってラベルで置いてあったヤツかなぁ。
その名前で来たとかなんとか。
「グルソニー」って名前のエケベリアはいくら探してもない。
グルソニーっていうと Echinocactus grusonii (金鯱)あたりか。
たぶん誰かが輸入したとき‘Graessneri’を読み間違えたか書き間違えたかゴッチャになってグルソニーになっちゃった?
文字的にもG・R・S・N・I・がカブッてるワケだしありそうかも。
Reinelt が Reinwaldt になっちゃってたりするようなこともあるし。

‘Graessneri’も古〜い交配種で昔グッチャグッチャになったんだよねー。
今はギルバ同様 E. derenbergii × pulvinata の総称くらいの捉え方をしたほうがイイんだろうか。
パルチェラ型とグルソニー型の2タイプの‘Graessneri’らしきモノがあると分かったけどグルソニーのほうがグレスナーの作出なのかな?
この辺り残ってる資料を調べて分かるか怪しいから困る。
とりあえず微毛の生えたエケベリアに‘Pulchella’、‘Grusonii’を使って良さそう、っていう資料は今のところ皆無。
また長野まで行く機会があったら撮影してこよう。

まだまだ気付くこととか閃くことがあるし多肉は楽しいなぁ。
「最初からラベルが合ってればイイのに」とか思わなくなってきたあたりから「良く訓練された多肉好き」なのかも。

--

プルビナータにカルニ掛けてもプルビカルンやん・・・って思ってたけど逆でやればイイんじゃね?
カルニとプルビで名前は・・・カルビだな、カルビ!
これはイケる!
『ご飯に合いそうな名前の多肉ランキング』で H. ikra を抜いて1位とれるぞ!
ヒャッハー!
そうだよ、お菓子の名前なんか付けてる(しかも改竄・後付けで)場合じゃねぇんだよ!
何がラズベリーアイス、スイートキャンディ、だよ!
オカズなめんな!
そんなワケで錦晃星ちゃんもう咲いてくれて結構よ。
ホントは春に朧月と交配して伝説の×Graptoveria ‘Calva’を再現してみたかったんだけどどーせ間に合わんべ。

DJスピーカー ベア Sサイズ ラズベリーピンク
DJスピーカー ベア Sサイズ ラズベリーピンク

Comments


この記事へのトラックバック