110226_134919.jpg

野ばらの精。
根岸さんの交配種と言われてる。
根岸交配種のネーミングパターンからして『ザラゴーサ sp. nova × 静夜』。
元祖の静夜ってのはあんまり売ってなくて、ちょっと葉幅が広め(↓の錦玉園ミュージアム参照)。
逆の組み合わせの『静夜のバラ』っていうのもある(某会から販売されてるのは見た感じ間違い)。
じっくり現物を観察したことはまだないんだけど野ばらの精に似てる。
当たり前か。

http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2009-05-05T20:40:28-1.jpg

花。
E. derenbergii 系の角張ったシルエットを受け継いでる。
「野ばらの精っぽいモノをザラゴーサで売るのはバカチンだ!」ってのはもう書き飽きた。
ザラゴーサとかそんな名前で売る前に花くらい確認せぇ。

多肉植物写真集第2巻 REVIEWAL3
http://1911.seesaa.net/article/184631265.html

その辺はここに書いた。

*

問題は交配親に使われたという『ザラゴーサsp. nova』ってヤツ。
これはたま〜〜に結構なお値段で販売されてる。
恐らく昔『 Echeveria sp. nova , Zaragoza 』とかそんなラベルで輸入されたものだと思う。
当然 E. cuspidata v. zaragozae を疑うワケですが、ネットの上画像で見た感じでは所謂 E. cuspidata v. zaragozae とはだいぶ違う。

画像検索。ザラゴーサsp. nova 幾つか出てる。
http://images.google.com/images?q=%83U%83%89%83S%81%5B%83T+sp&btnG=%8C%9F%8D%F5&hl=ja&ie=sjis&oe=sjis&aq=f&aqi=&aql=&oq=


Echeveria cuspidata v. zaragozae
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botspezies_seite_en.asp?main=120803&menu=1&bgt=cm&genus=ECHEVERIA&gnr=1610
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botanzeige_scan_en.asp?gnr=1610&scan=120800-1&cat=1&name=Echeveria


葉っぱは細長くてかなり内向、葉先のトゲは太くなく細長く赤い。
何より全体の色が緑掛かっていて、花うららみたいに結構赤くなる・・・!
『花のバラ(花うらら×ザラゴーサsp. nova)』をシャープにしたような感じ。
なんやこのエケベ・・・。
原種も産地にいくと結構顔違いみたいのがあるけどどうなんだコレは?
かなり違う感じだぞ。
もしかして未だに E. sp. nova (新種) なんじゃ・・・。
ザラゴーサsp. nova の花が見たいもんだ。
花芽までしか画像見付からない。
惜しい!
誰か咲いたら画像くれ!

*

ともかく根岸交配種の「なんとかのバラ」「バラなんとか」みたいのはだいたい『ザラゴーサ sp. nova』っぽい特徴が出てる。
赤くて細長いトゲが顕著。
E. cuspidata v. zaragozae ならもう少し太くて短くなりそう。
『花の薔薇』、『錦晃の薔薇』なんかはシルエットもかなり『ザラゴーサ sp. nova』っぽい細長さになってる。
この辺に注目してみると交配親不明(隠されてる?)の『雪雛』も葉っぱが内向して細長いトゲ・葉っぱで『ザラゴーサ sp. nova』っぽい特徴をしてる。
『月迫の薔薇(ケッセルリンギアナ×ザラゴーサ sp. nova)』に似てるし、ノバラケッセルみたいなヤツは見当たらないんでもしかしたら雪雛がそうなのかも。
根岸交配種はたまにイレギュラーなネーミングがあるし。

つまるところ野ばらの精の親を「 E. cuspidata v. zaragozae × derenbergii ‘Seiya’ 」みたいに書けなさそう、っていう。
とりあえず『静夜のバラ』は手に入れて並べてみたいなぁ。
思えばエケベリアの細かいとこが気になりだしたのは野ばらの精の花と大型静夜(この前「静夜の宴」に変わった)の花が似ていたのがキッカケだったけな。
当時は「野ばらの精は E. mexicensis 」 、なんていう大嘘が幅を利かせていて「こんな花似てるってことは E. mexicensis とかいうのは E. derenbergii に近い種なんだろう」って調べだしたのが始まり。
しんみり。

まかりとおる嘘に気付きだした頃の記事
http://1911.seesaa.net/article/118681372.html

--

http://www.kingyokuen.jp/museum/

最近また錦玉園さんのミュージアムが更新されだして楽しい。
『洋紅蓮華』って「養老×つま紅れんげ」って言われてるけど完全に E. pulidonis 系の花だねこりゃ。
この場合の『養老』は昔の E. peacockii の養老じゃなくて今よく出てる E. secunda 系の養老のことだろうなぁ。
青緑色の葉っぱ薄いヤツ。
アレは E. pecockii じゃなくて株も花も完全に E. secunda
となると『つま紅れんげ』とやらが E. pulidonis 系なんだろうか。
誤交配で『養老( E. secunda )× 花うらら』だったりしないのかな?
顔も葉幅の狭くて尖った花うらら、とかそんな感じに見える(現物は見たことないけど)。
それかリストのほうが間違ってる・・・か。
いずれにしても根岸リストなるモノは怪しいところが多い。
『ケッセルソルム(恐らくパターン的にケッセルリンギアナ×大和錦から来た名前)』は全然大和じゃないし、葉っぱの色の出方は花うららっぽい。
『銀武源(銀明色×プベスケンス)』も E. pubescens (現在 E. coccinea )はまず掛かってない、どう見ても E. carnicolorE. derenbergii の交配 。

華の宵も E. pulidonis 系で確定か。
花茎短いし密なロゼットだし白肌だしもう片親は E. derenbergii かな?
そんな突飛なエケベリアでもないだろうし。
E. pulidonis 系は花が黄色過ぎてもう片方を探るのが難しいなぁ。
プレリンゼを使ってもこれくらいの黄色が出るのか気になる。

ティッピーの花も面白い。
ECHEVERIA CULTIVARS だと「 E. cuspidata の交配?」とか書いてるけど普通に E. derenbergii じゃね?
もう片方は E. colorata かと思ってたけど花弁の開き具合がなんか E. colorata というよりは E. agavoides っぽい。
Dick Wright なら E. derenbergiiE. agavoides でもこんな顔を出して選抜してきそうだから困る。
まぁでも流石にアガボイデスはないだろうから E. derenbergii × colorata なんじゃないかなぁと予想。
花に E. derenbergii っぽさが薄めなのが気になるけどガクの感じがそんな感じな気もする。
この辺も現物眺めながら観察したいぜ!
なお葉幅の広い、桃太郎(チワワリンゼ)っぽいモノも「ティッピーのタイプ違い」とか言ってる人がいるけどただのラベル間違い。
誰かが間違えて流通させてるだけ(輸入元の時点で間違ってるのかな?)。
葉っぱの細いのがホンモノの‘Tippy’。
‘Tippy’にタイプ違いもクソもないです。
あまりに別物ならラベル間違いを疑うべき。
ていうか顔が別物なら別の名前が付くのが普通。
「タイプ違い」なんていうのはだいたい「ラベル間違い」。
ビミョーに違う、ってモノ同士も原種・園芸品種問わずあることはあるけどね。

こうして記録を残して公開するのって重要だと思うなぁ。
みんなもっと花とか載せてけろ。
情報の即時性、検索、そして蓄積がネットの利点でナントカカントカ。
特にグチャグチャになりつつあるベンケーソー科にこそ必要になってると思うよ。
Instagram

Latest Entries
 
Comments
以前赤爪サラゴーサについて調べたことがあります。
細かいことは覚えていないので概要だけなのですが、記載論文と羽兼さんの図鑑を使って調べました。

まず、spノバはゲムーラだと思われます。図鑑の写真は論文の特徴を満たしていました。
そうすると、図鑑のゲムーラの項が問題になるのですが、こちらは、論文に記載された特徴をを満たしておらず、説明にはサラゴーサと見分けがつかないようなことが書いてあるので、これはもう確実にサラゴーサだと思われます。

クスピダータを新しく3分割する論文で、先に説明されるのがサラゴーサの方なので、ゲムーラの存在に気付かず、サラゴーサ名前を読み取り、最後に出てくる標本がゲムーラなので、ゲムーラの姿を読み取ったのではないでしょうか。
また、新変種を新種と勘違いしてvar. nov.じゃなくてsp. nov.がついたりした可能性があると思います(どちらにしても論文内でしか使われないはずなんですけどね…)。
普通はありえないような取り違えだと思うのですが、そもそもどう調べたらそんな学名が出てくるのかさっぱりわからないようなものもあるので、あながち間違ってないような気もします。

多肉をはじめて、図鑑を買って、色々調べるうちにわかったのですが、業者さん方は命名規約にも記載論文にもとあまり興味がないようなので、怪しいと思ったら論文を確認するしかないようです。
例えればキリがないですが、逆交雑=別品種なんてのが最たる例じゃないでしょうか…。  

突然長々と失礼しました。なんといいますか、深夜のテンションで……。
| Sunday, November 12, 2017
まずこの記事は相当古いので、それ以降に書いた私個人の推測では「sp ノバと呼ばれているものは E. turgida の古い細葉の型の採種個体の生き残りだろう」ということに落ち着いています。(記事が散乱地味なのでどこに書いたかあまり記憶にありません)
sp. ノバと呼ばれているモノはE. cuspidata var. zaragozae や var. gemmula とは花を含めてかなり別物です。
E. turgida 自体があまり鮮明な資料が残っていないので何とも言えない部分が多いですが、E. cuspidata var. zaragozae や var. gemmula よりは花を見比べても近いのではないか・・・?というというところです。
本来なら実物を購入してきてキッチリ比較(特に花)をするような画像をアップロードしたいところですが、もうそこまで熱意が無いです。

"赤爪ザラゴーサ" や "メキシケンシス" の類いは花の形状から間違いなく‘野ばらの精’ で、E. cuspidata var. zaragozae や var. gemmula ではありません。

正直言って国内で出版されている図鑑の類い、特に最近出版された羽兼氏の本については呆れるようが記述が多いので非常に残念です。
輸入した原種の種子や、自前で交配した種子についもろくに確認していないのか、イレギュラーが起きた場合に素通しのままのようです。
典型的なのが P.95 の ‘El Dorado’ で、これはただの E. colorata です。
他にも大量にあるので、同書についてはみっちり疑問点を指摘しようかと思っていたんですが、あまりカリカリして敵を増やすのもどうかと言うのと、出版早々に改訂版を出すという動きがあるという情報が聞いた(今はもう第2版だったかと思います)ので、記事を書いただけでお蔵入りにしてあります。
間違いに対して訂正を打とうという姿勢は評価されるべきだと思いますが、元が元だけに・・・。

観葉植物において栽培品種としての特徴というのは主に見た目の形態的特徴なので、逆交雑=別品種であっても見た目が異なっていれば別品種としてなんら問題ではありません。
もっと言えば同じ組み合わせ、さらに言えば同一個体から出た枝変わりであっても別品種と言えます。
端的な例が斑入りです。
交配親の組み合わせというのは参考的な資料程度のことにすぎず、交配の組み合わせと栽培品種としての定義は全く別の問題です。
1911 | Wednesday, November 15, 2017 | Website
Leave a
comment
NAME:
E-MAIL ADDRESS:
WEBSITE:
COOKIE:

COMMENT:
*画像の中の文字を半角で入力してください
trackbacks
忍者AdMax
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ