TITLE:

クスピだった
110918_145207.jpg

https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-09-19T20:00:48-1.jpg
去年の今ごろ

http://1911.seesaa.net/article/163151579.html
前回のお話

なぜか Echeveria potosina で売ってるけどかなり E. cuspidata var. cuspidata っぽいアレ。
Lau036 じゃないかと思う。
あんま育ってない。
戴きモノということもあって去年は「枯らしたくない枯らしたくない枯らしたくない辛子食べたいピーマンよりシシトウ食べたい」なアレだったんでスリット鉢でカラッカラにしてた。
今年の春に普通のプラ鉢+草花用土赤玉・ゴールデン割りにしたんだけど夏は腐らせたくないんでやっぱり水を辛目にしてたんで縮んだりなんだり。
そんなアレでまだこんなサイズ。
大事に栽培してる感は出てるってことで勘弁してつかぁーさい。

E. cuspidata var. cuspidata も大型のヤツが最近半島経由やら国内業者の実生やらで少しずつ流通してきとるね。

http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botanzeige_scan_en.asp?gnr=1610&scan=120800-1&cat=1&name=Echeveria

春咲き白エケベってことで個人的には雑種作りにも活用出来るんでないかと思ってる。
E. cuspidata × lilacina とかどうですか。
イマイチですか。
そうですか。

*

前にも書いたような気がするんだけど『赤爪ザラゴーサ』なるものはやっぱ野ばらの精(それか兄弟レベル)だわありゃ。
どっかの blog さんで開花画像見たけど思い切り E. derenbergii 系のシルエットの花だった。
雑種なのに『原種 E. cuspidata var. zaragozae の爪の赤いクローン』と勘違いさせるようなラベルは破棄破棄アンド破棄すべき。
ザラゴーサ関係のラベルの事情に関してはホント国内のモノはイイカゲンなのが多い。
ちなみに長葉ザラゴーサとかいうヤツはちゃんと E. cuspidata var. zaragozae みたい。
まぁでも正直葉っぱ長いと可愛くないかな。

緑色で葉先が内向する『ザラゴーサSPノバ』ってヤツはなんなんだろう(これが根岸交配種のノバ系の親らしい)。

http://www.google.com/search?hl=ja&oe=sjis&q=%22%E3%82%B6%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B5%EF%BC%B3%EF%BC%B0%E3%83%8E%E3%83%90%22&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi

E. cuspidata var. zaragozae には見えない。
花みたい!と思って1年以上経っちまった。
ツボミまではどっかの blog さんで見たんだけど震災やらで結局見れんかった・・・。
ファッキュー地震。

--

多肉好きの人も結構育ててるオキザリスのマンガらしいです。
ツヤカタバミくらいしかしらないけどこのマンガを読めば詳しくなれるんじゃないですかね(棒読み)。

オキザリスの旗 1 長宗我部元親伝 (ヤングジャンプコミックス)
オキザリスの旗 1 長宗我部元親伝 (ヤングジャンプコミックス)

Comments

  • あるある

    はじめまして。
    いつもブログ楽しく拝見しています。

    早速ですが、群馬のお店で購入した『ザラゴーサSPノバ』の開花写真あります。
    へっぽこ写真でかまわなければブログにアップしますが・・・

    Echeveria cuspidata var. zaragozaeの花に比べるとオレンジっぽくて細長く閉じ気味、花芽のつきかたにも違いがあるように感じました。
    2011年09月29日
  • あるある

    あれ??コメントが消えてしまったようです。

    はじめまして。
    いつもブログ楽しく拝見しています。

    ザラゴーサSPノバの花、へっぽこ写真でよければブログにアップしますが・・・
    E. cuspidata var. zaragozaeに比べるとオレンジっぽい細身の花で花芽のつきかたも少し違う気がします。

    ところで赤爪ザラゴーサと達磨ザラゴーサって同じものでしょうか?
    2011年09月29日
  • 1911

    わぁどうもボクもちょいちょいお邪魔してます。
    凄く見てみたいんでお時間のあるときにでも載せてください。
    全体的な花の付き方、花茎の伸び方、ガクの大きさ、花弁の形状・色、見所比べ所たっぷりだと思います。
    SPノバは E. cuspidata var. zaragozae には全然見えないけど雑種にも他の原種にも見えない不思議エケベで面白いですねー。

    個人的には赤爪ザラゴーサと達磨ザラゴーサは同じもんだと思ってます。
    というか全部野ばらの精ではないかと。
    確かに丸っこいのとか若干の違いはあるようにも見えるんですけど環境・季節の差か、根張り具合か、せいぜい枝変わりか、それか野ばらの精自体の選抜が甘くて兄弟株が出回ってるのか、という印象です。
    たぶん一緒に葉挿ししたりしてると見分けつかなくなるレベルだと思います。
    普通に300円とか売ってるかなり達磨っぽくなってる野ばらの精も見かけたりしますし実際遺伝的な個体差があるとしても環境差のほうが影響度は高いかなと。

    コメントは直後に反映されなかったりするんですけどリロードしたり時間を置くとだいたい投稿出来てる場合が多いみたいっす。
    2011年09月30日

この記事へのトラックバック