TITLE:

アエオニック・スプラウツ
111205_103027.jpg

Aeonium spathulatum , seedlings 2011

https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2011-10-15T21:12:41-1.jpg
10月半ば

多肉カイワレマニア向け画像。
成長早いすなあ。
アエオはチビ苗のうちはタンニンストライプがよーでる。
葉裏の特殊細胞っつーか窓はまだよく見えない。

しかしこんなにいっぱい・・・。
しかももう1鉢・・・。
正直3本もあればお腹いっぱい。
1鉢はチャッチャと間引いてしまうっていう作戦を今思いついた。
アエオの輸入種子は風媒雑種みたいのがそこそこな確率で生えてくるけどウチで採集した種子は安心品質キッキリ純度100%!(他に何も咲いてなかったから)
・・・つーか斑入りとかレア個体出てこいや!
進化は!?
突然変異という名の進化は!?

--

なんか数年前までダーウィンの進化論(環境適応ナンタラ)みたいのが正しいと思ってたんだけど何でなんだろ?
学校では突然変異とかそんなん習わなかった気がするから調べて結構ビックリした。
TVもダーウィンダーウィンだからなぁ。
親が昔「人間も泳ぎまくってれば段々適応して水掻きとか生えてくんねん」みたいなこと言ってたのが何と無く頭に残ってる。

Comments


この記事へのトラックバック