170419_143752_ed.jpg


Haworthia ‘Kurohada Obto’ / ‘黒肌オブト’
"BLACK OBTUSA" / "ブラックオブツーサ"



ひっさびさに園芸品種らしいのを買ってみました。
尖っててカワイイ。
「元が斑入りだからまた斑出るかも」とのことでしたが、個人的には青葉で良いんです。

いわゆる「ブラックオブツーサ(錦)」の正名(国際栽培植物命名規約に則った品種名)は‘黒肌オブト(錦)’みたいですよ。
"obtusa" がラテン語で品種名には使えないからです。
総覧にも載ってないしなんでブラックオブトじゃないんだろう?
帰宅してから調べたんですが、 ‘山田ブラック(錦)’ は丸っこい培養変異らしいです。
尖ってるほうが好きなんで、思った以上にある意味逆にピンポンのパターンでした!

--

色々と交配シーズンですが、毎度なかなか思い通りの予定で咲いてはくれませんね。
でもまあ7割くらいはポイントは抑えていけてると思うんで満足出来そうです。
問題は実生ハオ野郎の生存率・・・。
溜め息です。
屁まで垂れちまいそうです。
Instagram

Latest Entries
 
Comments
Leave a
comment
NAME:
E-MAIL ADDRESS:
WEBSITE:
COOKIE:

COMMENT:
*画像の中の文字を半角で入力してください
trackbacks
忍者AdMax
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ