TITLE:

ヘロルディア
IMG_6644.jpgIMG_6640.jpgIMG_6641.jpgIMG_6639.jpgIMG_6645.jpgIMG_6647 (1).JPGIMG_6646.jpgIMG_6650.jpgIMG_6649.jpgIMG_6648.jpg


Haworthia heroldia
H. outeniquensis sensu Bayer
JDV92/9 Herold



POTSIZE: 60mm

すげー赤い!
かなり赤味が強く、通年割りと茶褐色な感じの個体で、秋冬はもっと透明度高いです。
表皮は硬く透明感があるというか艶が強い感じ。
ついでにだいぶ葉が太く大き目でズングリ。
窓も大きく、ガラス質の窓が拝みやすい。

コイツは非常に良い感じの個体なので花粉親に使ってみたいなあ。
でも花芽がね・・・。

--

「レティキュラータ系は茎とか根っこを切るとシンナーっぽい匂いがする」と前から言ってるんですが、この前久々にレティキュラータに手入れをしたらやっぱりしました。
なんて言うんですかね、シンナー…溶剤…。

アレ、これいつも飲んでるアレに近いかも…。
ウイスキーのエステル香。果物の発酵臭とシンナーの中間みたいな感じで近い。
バーボンほどセメダインではない、ハイランド系のモルト・・・?

これねえ、不思議とレティキュラータでしか嗅いだことがないんですよねえ。
近縁種をあまり持っていないのでアレなんですが。
オイニーの有無っていう分類基準はハオルチアでは新しい気がする!
あとは味ですね。
味で分類。
・・・魚じゃあないんだから。

Comments