150610_094904_ed.jpg150610_094846_ed.jpg


Sedum ‘Redberry’



http://ayeah3713883.pixnet.net/blog/post/419990182

https://translate.google.com/translate?sl=auto&tl=en&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fayeah3713883.pixnet.net%2Fblog%2Fpost%2F419990182&edit-text=&act=url
Rainbow Jade というのは虹之玉。


矮性の S. rubrotinctum と思われる植物。
小粒になったことで、張りがあって艶が強めに感じるところがポイントのような印象です。
脇芽がやたらボコボコというか分岐しまくる感じなのでマンネングサ的なものとの交雑由来かもしれないです。
確かにクランベリーのようで美味しそう。
でもたぶん CAM で酸っぱくて美味しくない。

publication は unknown です。
どうも海外、恐らく台湾や韓国あたりから流通しだしている雰囲気があります。
そうなると矮化剤を疑いたくもなるのですが、安定しているっぽいのでやっぱり遺伝子的に矮性になっているっぽい?
売らんが為に薬剤掛けたり品種名を捏造して輸出、からの逆輸入を掴まされるのも怖い。


数年前薬剤で変形させられたと思われるエケベリアはもう薬剤がとっくに切れてただの普及品種に戻ってます。
私が聞いた中では E. affinis ‘Black Knight’ →"黒助" と、‘ラウリンゼ’→ "モンロー"が矮化剤。
もちろん薬剤ではなくて、変にカチンカチンに栽培されてただけかもしれないし、これらの名前は現在は別な意味合いでの使われ方をしているかもしれないです。
例えば HC に卸されている E. affinis ‘Black Knight’のラベルには『‘Black Prince’ / 黒助』というもはやワケのわからないラベルが挿さっていたりします。



栽培品種の定義は「栽培品種とは、一つの特定の属性または属性の組み合わせを目的に選抜された植物の集合であり、それらの属性が明瞭で、均一で、安定しており、適切な方法により繁殖された場合、それらの特性を維持する集合である」(ICNCP Art. 2.3.。 種苗法でもほぼ同じ。)ですから、薬剤による変形が「適切な方法」かと言うとそれはやはり NG であると考えるのが妥当でしょうか。
極端な話ペンキでも塗って「新色の新品種です」というのが成立してしまうので。
まあ果物の薬品処理とかもあるけど、でもやっぱり矮化剤はナシかな。

ベンケイソウ科やハオルシアの場合、この「適切な方法」というのは栄養繁殖で、実生繁殖である必要はないです。
なので固定する必要はないと言えます。
これは種苗法でも栄養繁殖が前提の植物に関しての規定がナンタラカンタラです。

メセンは固定固定と言う人が多いので実生繁殖が前提なんだろうか?
あの辺は一切栽培しないんで知らないです。

--

windows7〜8.1の人には来てると噂の「windows10 を予約しないかい?」的な通知がうちにも来てました。
アップグレードするのはイイんですがなんか一工夫したいです。
HDDからSSDに換装してそっちにwin10入れる・・・みたいな感じにしたい。
SSDにクローンを作ってアップグレード・・・とかそんな手順でイイんだろうか?
サラのドライブに入れるとか出来ないのかな?
まあ配布が始まったらまた調べてみよう。
 
121227_131404_ed.jpg

http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-12-04T21:23:06-1.jpg
植え替えてないっていう。


サンライズマムとか新立田とかイエロームーンとかオウガとか年に1つずつくらい販売名だか商品名だかが増えてる植物でしたが、先日ICNにも掲載された。


Sedum ‘Orange Glow’
http://crassulaceae.ch/index.php?TPL=10268&x270_id=3079

花を見るまでは「 Echeveria amoena でも掛かっとるんか?」という雰囲気でしたが、花にもそんな雰囲気はない感じ。


Sedum adolphi
http://www.crassulaceae.ch/index.php?TPL=10268&x270_id=2079

花を比べてみると S. adolphi の一型というよりはやはり何か雑種的なテイスト。
両方しっかり満開比べてみないとよくわからないや。
居るかどうか知りませんが「銘月はデカくなって邪魔やねん!」と困っていた人にはこの上ない植物だと思います。



"Origin unknown." ということでコレも正式発表(出版)がされないままいつしか出回ったんでしょうなぁ。
日本を含め多くの国や業者でいつの間にか色んな名前がついたりしますが、そういった名前を排除したり統一する際に記載・発表・出版が必要になるんですけどね・・・。
S. ‘Orange Glow’ というのも一般的にEUで使われている名前・・・というよりは名前がないからICNでつけたっぽい。(販売名・流通名があれば注釈で併記されてる)
こうして紙媒体でこそないけどICN上で "publish" されて統一化を図ることによって混乱を回避をしよう、ってことです。
重要なヤツは出版もされる。
コレもいずれ出版されるかも。
もちろんICNも規約を念頭に置いた作業と活動が行われています。

規約には「(国際的に)最も認知されている名前が採用される」というルールもあるので正当性十分な establish publication が見つかって訂正されない限り、まず ‘Orange Glow’ が正名になるでしょう。
つまりその他の名前(サンライズマムとか新立田とかイエロームーンとかオウガ)は後発の異名か販売名になります。
「多肉は名前が混乱している!」と思っている方はその他名前は備考程度に考えて、ラベルには【Sedum ‘Orange Glow’】と書き直すのが良いと思います。

で、S. ‘Orange Glow’ が名前と顔が多くの人に認知されるようになると、別の販売名が付けられたりしでも「正名はそんなんちゃうけどその名前は何?」という声が広がるワケで。
そんなことが続くと勝手に名前を付ける人も減り、名前の混乱も減り、色々と消費者の利益に繋がるという感じです。
こうした構造はまだまだ日本の多肉業界には欠けた要素・自浄作用で、現在組み込まれるような動きも出てきてる。
そのためにはまず規約の内容を広めて個人個人で無効な名前を判断出来るようにならないといけない。
そこら辺もいずれ。

***

Sedum ‘Golden Glow’
http://crassulaceae.ch/index.php?TPL=113&x270_id=2798&x270_listsearch=1

銘月 → S. nussbaumerianum
黄麗 → S. adolphi

みたいな感じで書いてあることも多いですが

銘月 → S. adolphi
黄麗 → S. ‘Golden Glow’

が正しい感じです。
銘月、黄麗というのも親しみのある名前ですが、2重命名の側面が強いんで本来は使わないほうがベター。

--

台湾強かった。
結果的には熱い死闘になったワケですが糸井にバントと角中に代打長野は呆れますよ。
とにもかくにも井端神でしょう。
「ショートばっかり連れてってどうすんねんファースト井端とかアホか」と思ってましたがあそこまで神懸かり的ヒットを連発するとは。
まさに広角に打ち分けてる。
牧田のダイビングキャッチも燃えましたよ。
 
121205_114244_ed.jpg

Lenophyllum texanum
http://www.crassulaceae.ch/index.php?TPL=10143&x270_id=2714
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botspezies_seite_en.asp?main=140080&menu=1&bgt=cm&genus=LENOPHYLLUM&gnr=1630


花は微妙に終わってた。
まあそんなオモロイもんでもない。
いつのまにかバラバラになってそこら辺から生えてきたり、咲いたりを繰り返して雑草化してるそんな植物。
バラバラにせずに栽培する方法はあるのか?ってレベル。
ウチのも何か別のヤツ買ってきたときについてたのが大元だった。
根絶するのもかったるいんで、導入したくない人はちゃんと遮断したほうが良いです。
でも他の鉢に別の紛れ込んでると「ちょっと趣味家っぽいかも」となれる、そんな植物。

だいたいエケベの【澄江】と花期がかぶるんですがとても交配する気にもならんという。
(E. runyonii var. macabeana x carnicolor) x L. texanum ・・・まさに誰得。







そんな不人気ベンケーソー科、Lenophyllum !
全種紹介いってみよう!

Lenophyllum acutifolium
http://crassulaceae.ch/index.php?TPL=113&x270_id=1838&x270_listsearch=1
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botspezies_seite_en.asp?main=140010&menu=1&bgt=cm&genus=LENOPHYLLUM&gnr=1630

Lenophyllum guttatum
http://crassulaceae.ch/index.php?TPL=113&x270_id=1839&x270_listsearch=1
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botspezies_seite_en.asp?main=140020&menu=1&bgt=cm&genus=LENOPHYLLUM&gnr=1630

Lenophyllum latum
http://www.crassulaceae.ch/index.php?TPL=10143&x270_id=2713
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botspezies_seite_en.asp?main=140040&menu=1&bgt=cm&genus=LENOPHYLLUM&gnr=1630

Lenophyllum obtusum
http://www.crassulaceae.ch/index.php?TPL=10143&x270_id=2715
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botspezies_seite_en.asp?main=140050&menu=1&bgt=cm&genus=LENOPHYLLUM&gnr=1630

Lenophyllum reflexum
http://crassulaceae.ch/index.php?TPL=113&x270_id=1250&x270_listsearch=1
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botspezies_seite_en.asp?main=140070&menu=1&bgt=cm&genus=LENOPHYLLUM&gnr=1630

Lenophyllum weinbergii
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botspezies_seite_en.asp?main=140120&menu=1&bgt=cm&genus=LENOPHYLLUM&gnr=1630


全7種で終わり。
集めてる人とかおるんだろうか?
L. weinbergii が一番レアっぽい。

確か Sedum comixtumSedum suaveolensSedum craigiiEcheveria affinis の花が似てるとかなんとかいうのを読んだ。
確かに独特の花弁の展開の仕方が似てる。
研究が進んだらコンバートされる可能性が微レ存?








INTERGENERIC HYBRIDS OF MEXICAN CRASSULACEAE.
http://www.crassulaceae.com/botanik/pflanzen/botanzeige_scan_de.asp?gnr=1630&cat=&scan=1630-1

Uhl さんの魔改造実験体。

Graptopetalum pachyphyllum x Lenophyllum reflexum (Fig. 1)
Lenophyllum acutifolium x Echeveria affinis (Fig. 2.3)
Pachyphytum hookeri x Lenophyllum reflexum (Fig. 4.5)

が写真で掲載されてます。
他にも現存するんだかしないんだかわからん雑種が記述されてます。
面倒なんでちゃんと読んでない。
超正体不明物体が出てきたらこういうアレかもしれなかったりするから手強い。

xLenoveria ‘Ajax’ (?)
http://crassulaceae.net/xlenoveria/110-hybrids/763-ajax-a-xlenoveria-
面倒なんでちゃんと読んでない。

--

BSフジで放送してたディスカバリーチャンネルのクラシックカー修理番組が面白かったんですが終わってしまったみたい。
車が好きというワケはないんですが、修理してるのを見るのが楽しかった。
よくわからん部品交換してたり、凹みの直し方だったり、錆止め忘れるな!とか、中には鉄クズを寄せ集めて復元したり。

ダルビッシュ有(レンジャーズ) カレンダー2013年
ダルビッシュ有(レンジャーズ) カレンダー2013年
 
120629_121200_ed.jpg

http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2012-04-05T22:49:36-1.jpg
4月始め


梅雨の晴れ間に撮った画像。
モサり過ぎ。
今年は久しぶりに薄雪マンネン(?)咲いてる。

120809_114457_ed.jpg

最近。
疲れ気味。

数ある素焼き鉢も今となっては使い難いんでマンネン挿しとる。
でもラインナップが同じなんでマンネリマンネン。
種類増やしたいきもするけど都内放置で生き残るヤツがわからないし、園芸店も行かなくなったしなあ。

--

伊調アネキ強すぎわろた。
しかも靭帯1本切れてたって。
阪神は弱すぎ。
秋の横浜銀行の取り立てが楽しみになってきた。
最下位争いして、どうぞ。
 
120415_122624_ed.jpg

Sedum palmeri

http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2011-08-24T21:43:06-1.jpg


画像で見るとなんかイマイチだけど現物はそこそこダイナミック。
もう少し頭数があれば良かったかも。
使い道が無かった100均の培養土たっぷり使ったけど効いてる感じもなく今年出た子株は1つ。
こういう鉢にこそ草花野菜培養土ゴールデン割り完熟バーク堆肥投入の胃もたれ待った無し土を使うべきだった。

完全に放置可能で多肉中最強だと思う。
コイツ級にタフなのはあとはセネキオか。
美空鉾と薄化粧の寄せ植えなら無敵だろうけど面白くない・・・。

ここ2年程雑種を作ってきたけど流石にもう飽きた。
朧月との雑種は締めに相応しい雑草っぷりを発揮してくれるだろうけどなあ。
下葉もキレイに落ちそう。

--

普通のペプシコーラって下手したら10年くらい飲んでないような気がしたんで久々に飲もうと思ったらどこもネックスしかない件。
あらー。
 
120410_115203_ed.jpg

Sedum suaveolens


http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2011-05-20T19:47:49-1.jpg
去年5月半ば。

開花は5月半ばか・・・。
株の大きさにも因るだろうけどかなり遅めだった。
Echeveria moranii の花粉つけたんだけどなんか種子出来んかったんよね。
何でだろ。
種子親として結構イイ植物なんじゃないかと思ったんだけど。
今年は何か花粉親に使うてみよう。
間に合えば。
やらかし気味で開花遅れそうな朧月と交配と出来たら楽しい。
ローラとやりたいけど開花株買う作戦じゃないと間に合わんのでいいや。

前秋に錦玉園行ったときは特大株にギリ花が残ってたような?
あんま覚えてないけど E. cante と交配出来たら熱い。
白さ的にもサイズ的にも。
デスメちゃんだと肉厚肉厚でやや被り気味かな。
悪くはないだろうけど。
メキシカンジャイアントはあんま好きじゃないけど上手いことシルエット改良出来たらステキだろうなあ。

--

新井さんのドタバタした泥臭くも熱いダイビングキャッチから糞みたいな悪送球。
憎めないなあ新井さんは。
 
120402_095127_ed.jpg

120402_095054_ed.jpg

120402_095324_ed.jpg

120402_095300_ed.jpg

冬に消えるツルマンネンがまた生えてきたり色々とイイ感じにモワっとしてきた。
オオマルバマンネンとマルバマンネンは消えかかってる。
メヒコマンネンも意外とこの鉢の中じゃダメだ。
野ざらし可能マンネンはもう1種類くらい投入したいけどなんかないかな。

--

ボウカーとか言うハズレ外人。
もうすっかり阪神の御家芸ではなく巨人の鉄板にやっちまったなあ。
それにしてもグライシンガーとホワイトセルが当たり補強だったとは・・・。
ホワイトセルはそのうち冷めたくなってそうだけど。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)