最寄りラーメン屋だけどようやく初訪問w
にぼ味噌つけ。
スープはかなりこってりで味も凄く濃厚。
アブラと煮干しガッツリに酸味が効いた味噌味でかなり個性的。
中の野菜は味が染みていと美味しい。
麺は太めのやや加水率高めのツルツル。
んー普通。
ちょっと柔らかいかも。
上にチャーシュー、葱、海苔が乗る。
チャーシューはスープに負けないようにかなり濃い味つけ。
パサパサタイプであんまり好きじゃない。
特徴的な南部鉄器はスープが冷めにくくて良いけど冷めることは冷めるw
浅くて底が平らなんでちょっと食べにくいぞ。
卓上の唐辛子入れても良かったかも。

なかなか美味しいし面白い味だと思うんだけどリピートするかと言うと微妙かも。
大大のつけめんもそんな感じなんだよなぁ。
ヘビーでお腹いっぱいになっちゃったんでスープ割りしませんでした。
一回行ってみるのは悪くない感じ。

個人的せたが屋系つけめんランキング

ふくもり≧ひるがお>>せたが屋=南部≧大大

ラーメンはどこも何となく物足りないんだけどつけでハズレはないかな。
にぼ味噌らーめんはそのうち食べようかな。
 
名前が変わってからは初めて。
つけめんを。
前は温泉卵がついてきて850円くらいだったと思うが今は温泉卵なしで750みたいだ。
つけ汁が濃厚で結構味が濃いめになったかな?
マー油が程よく効いている。
酸味が強いがさっぱりしていて良いと思う。
麺は太めで無難に旨い。
250gなので少し物足りないかな。
チャーシューは前と同じく生姜焼きのような独特のもので結構良い感じ。
スープ割りは魚介スープで割ってるのかな?
前は豚骨スープで割っていて激重だったんで今のほうが良いね。
でも酸味が強いんで全部は飲めない感じ。

相変わらず旨いことは旨いんだけどハマる要素がないなぁ。
ラーメンは前と変わらんと思う。
臭みのない上品な豚骨。
正直つけめんのほうが全然旨い。
 

中野に本店がある麺彩房五反田店へ。
大崎広小路駅前に出来るラーメン屋は潰れまくるんだけど今回は大丈夫そう。
つけめんを。
製麺所が経営しているらしいんで麺は並(200g)、中(300g)、大(400g)まで同料金。
中太のつるつるモチモチでなかなか良いんだけど水切りがちょっと甘い。
つけダレは甘みと酸味があるタイプ。
動物系、魚介系バランス良く。
なかなか良いんだけどもう少しパンチ力のあるほうが好み。
具はしっかり味が付いててタレに負けてない。
卓上のポットに割りスープが入って置いてあるんだけどこのスープが薄過ぎる。
熱々なのは有り難いんだけどね。

総じて特に不満もないんだけどリピートするほどのパワーはないんだよなぁ。
全て及第点だけどそこで終わりと言うか。
万人向けに上手く出来た店だと思う。
お店がキレイなので女性客も多い。
五反田はたまに用事があるんでそのうちラーメンも食べるかも。
空いてるし駅前で便利な店だ。
 
限定あつもりを。
基本は豚鴨のつけそばでご飯がついてくる。
麺は熱盛りで生卵+胡椒+ネギ+鷹の爪が乗っている。
この麺を混ぜてカルボナーラ状にして戴く。
マイルドな口当たりかつ濃厚な印象。
卵が加わるだけで通常よりかなりお腹に溜まる。
しかもご飯付き。
ヘビー。
うーん悪くないんだけど個人的にはノーマルのキレのある味のほうが好きかな。
スープ割りも卵ないほうが美味しいし。
コストパフォーマンスとボリュームは凄いと思う。
ノーマル豚鴨の50円増しだからねぇ。
次はこれまた冬限定の味噌かなぁ。
味噌やってるうちに行くかわからんけど。


かなり前に話題のお店、鶯谷の『遊』にも行った。
蕎麦と肉飯。
スープは思ってたよりニボニボしてなく、そこそこで思ってたよりあっさり。
ふくもりのスープ割りのほうが全然ニボニボしてる。
スープ少ないのはかなり残念。
麺はパツパツでかなり好き。
美味しい。
チャーシューも美味しい。
肉飯はご飯がかなり固め。
柔らかめが好きなんだがこの辺は人それぞれか。
伊藤はちょっと遠くて行けないんで(遊もかなり遠いんだけど)かなり期待して行ったんだけどハードル上げ過ぎた。
良いといえば良いんだけど感動するほどじゃなかったね。
夜営業の『夕』のほうが好みなのかも。
 
大橋の八雲へ。
特製ワンタンメンを黒醤油で。
量も多くて熱々。
スープはかなりあっさりで魚介が効いたもの。
旨いけど僕には上品過ぎて物足りないかな。
麺は普通。
ワンタンはプリプリで美味しい。
でも噂ほどの感動はない。
全体的に良い感じで隙はないんだけど物足りないかな。
もうちょいこってりしたのが好き。

次は蒲田のZOOT。
初のつけ麺。
ラーメンと違い旨味タップリって感じじゃなく酸味がかなり強い。
麺はツルシコでスルスルと入ってくる。
具はチャーシューとメンマ少しでショボイ。
スープ割りしても酸っぱい。
正直つけは外れかな。
ラーメンは結構オススメなんだが。
 
二郎系は食いきれないと分かってたんで敬遠していたが量少ない・かなり評判が良いという目黒店にチャレンジ。
大崎の稟で痛い目あったからなぁ。
二郎直系は初めてだ。

8時ごろで並びは5〜6人だろうか?
回転は速いんでサクっと着席。
小ラーメン(500円)を。
とりあえずコールはニンニクのみ。
おぉ!少なめ!
まずは野菜をガシガシ食う。
うーん二郎の茹でただけの野菜ってそんな好きじゃないんだよねぇ。
とはいえ量は丁度良い。
麺は好きだ。
モッチリワシワシ太麺ウマイ。
しょっぱいスープが良く合う。
塩分大好きなオレでも流石に飲めないけどウマイ。
豚は文句なし。
肉!って感じ。
余裕で完食。
あら?目黒二郎の小は余裕ですな。
むしろ物足りないくらいか。
女性でもイケそう。
スープ飲まないからだな。
今度来ることがあったら小豚にしよう。
美味しかったですご馳走様。

とはいえボクはやっぱ普通のラーメンのが好きです。
麺食いというよりスープ飲みなのよね。
あとアブラが多くて腹壊す。
うーんでもなんか中毒性あるなぁ。
ハマる人がいるのは分かる。
 
今日はいつもの豚鴨のつけそばを止めて辛いつけそばにチャレンジ。
アラビアータとか辛みのあるパスタにハマっているのでラーメンも辛いのを試してみようかと。

最近メンマ、海苔、チャーシューが別皿提供になったみたい。
これは食べやすいかな。
スープの温度も具で冷めなくて良いと思う。
スープは酸味と辛みが結構強め。
スーラーつけってとこだろうか。
辛いのは正直苦手だが美味しく食べられるギリギリの辛さだった。
底には豚鴨の短冊チャーシューではなくコリコリした漬物的なモノが入ってる(漬物あんま好きじゃないんでわからん、ザーサイってやつ?)。
最初は辛旨!って感じだが後半ちょっと飽きたかも。
やっぱ豚鴨のほうが好きだなぁ。
これで豚鴨、塩つけ、辛つけ制覇。
冬の味噌つけも食べないとな。

個人的ランキングは現在

豚鴨(文句なしレベル)>>中華蕎麦>塩つけ>辛つけ

中華蕎麦が600Yenから650Yenに値上がりした。
正直今時あのボリューム、クオリティで600Yenは安すぎると思うのでしょうがないと思う。
いつも素晴らしい接客、美味しいラーメン、ボリューム、値段もバッチリで本当に良いお店だと思います。
行列はしかたない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ2〜3ヶ月で食べたラーメンまとめ

ふくもり(野沢)・・・
つけぶと。相変わらず超旨い。チャーシューとメンマのレベルがアップしたように感じる。文句なし!スープ割りの煮干しの青臭さというかえぐ味も好き。おばちゃんは相変わらず何と言うかな接客ぶりだがw嫌いではない。
今一番熱いつけめんだと思う。


ひるがお本店(野沢)・・・
リニューアル後初。塩つけ。800Yenから750Yenになってた。旨いことは旨いが以前の神っぷりが無くなってた。店長さんがいなかったから?
麺の締めが甘かったぞ。

ZOOT(蒲田)・・・
ラーメン。相変わらず中々。でも飽きてきた。やっぱりこのタイプは夏より冬に食べたほうが旨いと思うのでまた寒くなってから行こう。

しま坂(大岡山)・・・
ラーメン。安定して旨い。でもやっぱり麺が弱い。チマキ美味しいなぁ。ラーメン屋の水はここが一番美味いと思う。

そろそろ味噌らーめん南部に行ってみようかな。
家から歩いて10分くらいだがまだ行ってない。最寄りラーメン屋なんだか色々とタイミングが合わないね。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)