IMG_1515.jpgIMG_1516.jpgIMG_2086.jpgIMG_2243.jpgIMG_1919.jpgIMG_2244.jpgIMG_2245.jpgIMG_2246.jpgIMG_2253.jpgIMG_2254.jpgIMG_2255.jpgIMG_2256.jpgIMG_2257.jpgIMG_2258.jpg


Bulbine mesembryanthemoides



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2018-04-10T053A323A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2018-04-10T053A323A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2018-04-10T053A323A06-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2018-04-10T053A323A06-4.JPG

「屋外で越冬出来るか実験してみよう」ということでエケベリアと同じ場所、ハオルッチャと同じ場所でそれぞれ年越ししてもらいました。
結果としては1枚目の画像の通りシワシワになりまして、「体感0℃弱くらいでも死にはしない、でもジリ貧」ということで打ち切り。
室内に取り込んだら途端にゴキゲン感。
LED のところに置いておいたほうはみるみる復活してサイバーな光り方にまでなってきました。
おもしろい!
基本かなり丈夫かつ動きも早いので真夏と真冬だけちょっとアレしれやれば十分楽しめるっぽいですね。


本題ですが、今までmesembryanTHoides と表記してしまっておりましたところ、
正しくは mesembryanTHEMoides でした。
すいません。
メセンブリアン『ト』イデス ではなくメセンブリアン『テモ』イデスです。
ラベルデータを打ち込む為に確認作業をしていて判明しました。

http://www.ipni.org/ipni/idPlantNameSearch.do?id=532194-1&back_page=%2Fipni%2FeditAdvPlantNameSearch.do%3Ffind_infragenus%3D%26find_isAPNIRecord%3Dtrue%26find_geoUnit%3D%26find_includePublicationAuthors%3Dtrue%26find_addedSince%3D%26find_family%3D%26find_genus%3D%26find_sortByFamily%3Dtrue%26find_isGCIRecord%3Dtrue%26find_infrafamily%3D%26find_rankToReturn%3Dall%26find_publicationTitle%3D%26find_authorAbbrev%3D%26find_infraspecies%3D%26find_includeBasionymAuthors%3Dtrue%26find_modifiedSince%3D%26find_isIKRecord%3Dtrue%26find_species%3Dmesembryanthemoides%26output_format%3Dnormal


Bulbine mesembryanthoides
そのまま検索で『 約 14,400 件』、完全一致で 『約 5,280 件』

Bulbine mesembryanthemoides
そのまま検索で『約 29,000 件』、完全一致で『約 9,940 件』

実に3分の1くらいは間違って表記されているというビックリ事実でした。(2018年末くらいの結果)
ちなみに国際の写真集を確認してみたところ、2巻とも間違ってました。


サボテンの Rhipsalis mesembryanthoides や クラッスラの Crassula
mesembryanthoides
があるのでその辺から混同が始まったんでしょうか。

http://www.ipni.org/ipni/advPlantNameSearch.do;jsessionid=BDCD77430F89438A044D30083764990E?find_family=&find_genus=&find_species=mesembryanthoides&find_infrafamily=&find_infragenus=&find_infraspecies=&find_authorAbbrev=&find_includePublicationAuthors=on&find_includePublicationAuthors=off&find_includeBasionymAuthors=on&find_includeBasionymAuthors=off&find_publicationTitle=&find_isAPNIRecord=on&find_isAPNIRecord=false&find_isGCIRecord=on&find_isGCIRecord=false&find_isIKRecord=on&find_isIKRecord=false&find_rankToReturn=all&output_format=normal&find_sortByFamily=on&find_sortByFamily=off&query_type=by_query&back_page=plantsearch



とまあ知ってる人なら知ってそうなことに今更気付いたのでした・・・。

--

どうも、PCの電源即落ち問題は電源系統そのものの故障ではなく「ケース側のスイッチの不良」っぽいという推測になってきています。
TVとかのリモコンで言うなら「ボタン潰れて勝手に長押しになっちゃってる→電源落とし入力状態」という具合ではないかと。
あれ、これ電源ユニット新調しなくても良かったんじゃね?的な感じがしないでもないですが。
まあ色々コイル鳴きしてたのが収まったからイイんだよ・・・。
古いっちゃ古いし・・・。


そんなワケで、電源スイッチのケーブルを注文。
送料込み300円だし。
最悪電源ボタンは外付けでも何も困らないというということでケースの接着もバキバキと。
結果、上手いことスイッチも分解出来てケーブルも交換出来ましたよ。
予想通りボタンが潰れ気味で、戻りにくくなってました。
付け替えたスイッチも快調。

根本的な原因としては極めてアナログな物理的不具合だったという・・・。
解決してみれば「そんなことかよ」という感じですが、まあ何かと勉強になりましたよ。
色々分解やらしているうちに自作までイケる感じになってきましたね・・・。
ホントに組み込んでケースに収めるだけって感じでした。
意外とやったことないのはOSのインストールくらいですが、これはぶっこんで終わりだろうしなあ。
 
IMG_4446.jpgIMG_4447.jpgIMG_4448.jpg


Dioscorea elephantipes



お芋はん。
四次元怪獣ブルトン。

焼き物に植えて化粧砂もやってみたり。
まあ乾きすぎになるんで中に75mmポリに仕込んであるんですが。

--

ややバタバタしてたのが、晴れてようやく画像が撮れたり色々出来てきたので更新頻度が上がってくるはずです。
たぶん!
 
IMG_4323.jpgIMG_4324.jpgIMG_4325.jpgIMG_4344.JPG


Bulbine mesembryanthoides



非常にヘンテコでおもしろい。
ブニョブニョ。
ハオルッチャよりサイズ感がデカくて全体的にかなり半透明なんでインパクトありますね。
地下はズドン!と白い塊根というか太っとい根っこが生えてます。

ちゃいちー苗もかわいい。

--

大谷ちょっとエグすぎないか・・・。

センブリ 顆粒 1.5g×40
センブリ 顆粒 1.5g×40
 
170930_141355_ed.jpg
170930_141449_ed.jpg
170930_141512_ed.jpg
170930_141426_ed.jpg


Senecio ‘Hippogriff’



最近 "ドルフィンネックレス" とか "イルカネックレス" なんて商品名で呼ばれて人気になってますが、本来は Senecio ‘Hippogriff’です。
Senecio peregrinus で流通していることのほうが多いけどまず無効名)

https://www.cactuspro.com/lecture/Succulenta/Succulenta-2005/page-141.en.html

専門性を売りにする業者や、コレクターがコレクションとして手元に置くならキチンとした名前(正当性を持ち合わせた学名または栽培品種名)で管理することに努めるべきです。
当たり前のことなんですが、いつの間にやら名前が挿げ替えられたかでっち上げられていたりするんで注意して欲しいです。

これくらい個性的な植物なら名前が違っても見た目で判別可能で、ダブって買うことはないと思いますが、ラベルがないと識別が難しいエケベリアなんかだと・・・。

ハオルチアの‘ジェリーフィッシュ’って呼ばれだしたあのオブツーサ系のヤツも4種類くらい名前違いみましたね。
栽培環境とかサイズでかなり違って見えるんで、ちゃんと統一出来るのかな?

--

NPBホームラン通算10万号がマレーロって。
筒香10万1号でおしかった・・・。

 
130624_135728_ed.jpg

先日宝蔵院の槍みたいな蔓状セネキオを貰いまして。
よく付随しているラベルは " Senecio peregrinus "・・・。



130703_175039.jpg


以前からどうも疑問に思っていたので調べてみる。
ラテン語で種小名が付いてますが「雑種である」、との触れ込み。
ペケ印も無い。
となるとナチュラルハイブリなのか?
でも古いガーデンハイブリならラテン語で名前が付けられててもおかしくはない。
ハウエバーなんとなくそんなに古そうでもないような印象。
それならばわかりやすくシングルクオーテーションで品種名にフォーマットを変えたほうが良い。
・・・という感じ。


http://www.cactuspro.com/lecture/Succulenta/Succulenta-2005/page-109.en.html

Senecio radicans 'Gordon Rowley' Zonneveld, stat. nov.
Basionym: Senecio rowleyanus H. Jacobsen (Nat. Cactus. Succ. J. 23:23-31, 1968).
G. Rowley (Brit. Cact. Succ. J. 14 (2): 93-94, 1996) also describes an unusual hybrid between the stamsucculent S. articulatus (a seedling has 5.8 pg, see following article) and S. rowleyanus with the name S. 'Hippogriff'.
This is the same plant which is also with S. x peregrinus is indicated, what, according to Rowley is an illegal name.




S. x peregrinus はやっぱり無効名臭い。


http://www.ipni.org/ipni/advPlantNameSearch.do?find_family=&find_genus=Senecio&find_species=peregrinus&find_infrafamily=&find_infragenus=&find_infraspecies=&find_authorAbbrev=&find_includePublicationAuthors=on&find_includePublicationAuthors=off&find_includeBasionymAuthors=on&find_includeBasionymAuthors=off&find_publicationTitle=&find_isAPNIRecord=on&find_isAPNIRecord=false&find_isGCIRecord=on&find_isGCIRecord=false&find_isIKRecord=on&find_isIKRecord=false&find_rankToReturn=all&output_format=normal&find_sortByFamily=on&find_sortByFamily=off&query_type=by_query&back_page=plantsearch

Senecio x peregrinus ( Kunk. ) G.D.Rowley ・・・コレのせいかな?
Basionym: Kleinia x peregrina (Kunk.) で Kleinia 属から Senecio 属にコンバートされたみたいだけど Senecio peregrinus Griseb. 1879 があるっていう。

ホモニム、か。
こういうのはアエオにおけるグリノビアだと命名し直されてましたが詳しくはよくわからんです。
セネキオだし。
いずれにしても「紛らわしい名前禁止」「分類郡まんま品種名扱い」「 ICBN は ICNCP に対して一方的な優先権を持つという暗黙の了解的な不文律がナンタラ」もあるし S. ‘Peregrinus’ は使えそうにない。
(もちろんラテン語なのもヨロシクない)



http://www.lapshin.org/cultivar/N36/rowley-e.htm

There are no obvious rules on why some plants are more promiscuous than others. Some of the most bizarre couplings unite species classified within the same genus. A good example of this is Senecio 'Hippogriff' (illustrated in Cactus & Co. 6 (1): 48, 2002) combining S. articulatus and S. rowleyanus .
Text & Photo: Gordon D. Rowley / Cactus & Co. (Italy) 4(6) 2002



ってことなんでとにかく Senecio ‘Hippogriff’ のほうが園芸上の正名なんだろうな、って気がしますよ。
Kleinia x peregrinaSenecio peregrinus Griseb. 1879 がどんな植物なのか気にはなりなりますが。

Hippogriff というのはメジャーな怪獣で、ハリポタなんかにも出てくるワシの頭と翼を持つ伝説上の馬。
ペトロクラウド。


セネキオは「美空鉾 is NOT Senecio antandroi 」っていう記事を2年前くらいに書こうと思ったんですがメモを無くしてしまいました。
どこいった。

セネキオも交雑が簡単ならもう少し盛り上がりそうですが、花期もバラバラな感じだし何より花が小さすぎて。

--

東京MXでホークス主催試合を沢山放送(ソフトバンクが枠を買い取って放送してるらしい)してますがメインの901chでも最初からSDのクソ画質なんですよね。
サイマル放送前提だから?
NHKだとHD(メイン)とSD(サブ)だったと思うんだけど、どうだったっけ?
BSだけ?

で、先日試合延長しまくりでパ・リーグ主義っていう後番組を中止して放送延長という事態になったらHD画質になってビックリ。
延長したら高画質になったでござるの巻。
よく考えたらニュースとかの映像はHDなんだから番組自体はHD製作ですわな。
孫さんHDで頼んますよ。
 
110923_121438.jpg

https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2009-09-16T20:52:28-1.jpg
2年前

そろそろ植え替えようか。
肥料も切れ切れだろうし。
放置かましてるけど全然平気な感じ。
台風の後プリップリ。

--

昨日のロッテ西武戦。

110924_144333.jpg

110924_141708.jpg
岡田外野手。
おかわりの球フェンス際でキャッチしてカッコえかった。

ミンチェが崩れる→星野キタwww→福浦2点タイムリーは最高に楽しかった。
西武の中継ぎ最高過ぎる。
今日はクソみたいな試合してたんで昨日観に行って良かったわー。
次は内野でマッタリ観たいなぁ。
 
101228_152053.jpg

錦玉園が来た大和錦の鉢からなんか生えてきよった。
テカテカしてる。
薄化粧 × E. carnicolor みたい。
アレが気に入っておるので最近アレ系なキラキラ植物が流行ってきた。
モニラリアとかフィロボルスみたいなんも面白そうだわな。
そんなことよりコイツよ。
ツヤカタバミってヤツなの?
ツヤっててバミってるけど。
オキザリスの話題には置き去り状態なんですよ。
・・・何でもないです。
なんか検索してみるとお芋さん的な茎が出来るみたいでカッコエエじゃん。
オサレ植物じゃん。
ツヤツヤじゃん。
栽培してみたいじゃん。
耐寒性5℃かー都内屋外ギリギリな数値。
外に冬越せないようなサンキューそしてグッドバイかな。
今度サルベージしてみよ。

--

カルボナーラはあの緑の筒のヤツで作ってもビミョーやね。
香りも味も弱いね。
でもあれ随分古いからなぁ。
まぁでもそれっぽいチーズのが美味いだろね。
 
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ