160712_193307_ed.jpg

今日は3塁側です。

160712_201838_ed.jpg

チアのお姉さんが近くてカワイイです。

160712_211847_ed.jpg

筒香今日2HR!

160712_212314_ed.jpg

9回裏、ロペスの打席。
2アウトで2ボール1ストライク。
今日2HRの筒香には回したくないだろうから次の1球で決まる・・・!
・・・と思ったらやっぱりキターーー!!!
サヨナラHR!

球場近くのフラッシュ・バックカフェでテイクアウトしてみた横浜バーガー美味しかったです。
ブラックペッパーが効いてる。
球場飯よりイイなあ。
 
160327_143227_ed.jpg


Adromischus herrei ‘Coffee Peanuts’



今年はアドロに力を入れようと思ってます。
あとメセンブリ。
コーデックスも始めます。
あとはアロエとガステリア。


珈琲ピーナッツ 業務用 500g
珈琲ピーナッツ 業務用 500g
 
長いこと多肉植物とかいうヘンテコでブニブニした物体を扱ってきましたが、アクセス数の伸び悩んでいます。
あんな柔らかくて丸っこいヤツらには限界があります。

やはり外骨格。節足動物・昆虫類。
あんな乾燥地帯の物陰でコソコソしているようなブニブニ物体はダメです。
甲殻類もなかなかカッコイイですが、湿っぽいです。
その点、昆虫は大人気かつ空まで飛べちゃうみんなのヒーローです。

昆虫様に加えて人気スポーツ・野球を組み合わせればこれはもう最強です。
そこで今年度からは心機一転、『プロ野球と昆虫』というテーマで更新していこうと思います。

nakahata1.jpg
nakahata2.jpg

甲殻類とも縁のあるキヨシ。
ちなみにベンチに帰ってからセミを指摘され、帽子を脱いで振り払おうとしたらおでこに飛んできて大騒ぎになっていました。

barnet.jpg

マウンド上でのブチギレっぷりに定評のあるバーネット投手。
ジョニー・デップ風のイケメンです。
袖のワンポイント風でオシャレ。

chulk.jpg

Chulk と綴ってチュークと表記されるチューク投手。
背番号「42」は日本人からすると縁起の悪い数字ということで避けられます。
しかし、アメリカでは「42」は黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンにちなんで全球団での永久欠番となっていて付けることが出来ない番号だったりもします。
なので日本にやってきた外国人選手には黒人白人問わず「42」は人気の背番号となっています。
4月15日は「ジャッキー・ロビンソン・デー」という日に制定されていて、全球団・全選手が背番号「42」を付けるというイベントがあります。
チューク自体はすぐクビになってしまったのであんまり記憶にないです。

imamura1.jpg
imamura2.jpg
imamura3.jpg

セミだけだと思っていたあなたは甘い!
千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)名物・赤トンボもあります!
5月の終盤あたりには周囲の草むらをブンブン飛び回っており、球場にもやってきます。
ちなみにレッドブル主催のエアレースも幕張で開催されるのですが、その日が試合中ブンブンうるさいです。

ユニフォームの赤に赤トンボ、止まった場所も帽子でエレガント!
しかもイニングの投球中でも逃げず、ベンチに帰って座ってからもしばらくついたままという持続性がたまりませんでした。
ついでに今村投手はカピバラに似ているし高得点です!


今年も目が離せませんね。

トミカリミテッドコレクション 魔女の宅急便 トンボの自転車
トミカリミテッドコレクション 魔女の宅急便 トンボの自転車
 
長いこと多肉植物とかいうヘンテコでブニブニした物体を扱ってきましたが、アクセス数の伸び悩んでいます。
あんな柔らかくて丸っこいヤツらには限界があります。


やはり外骨格。甲殻類。
硬くてカッコイイです。
そこに人気スポーツ、野球を組み合わせれば最強です。

そこで今年度からは心機一転、『プロ野球と甲殻類』というテーマで更新していこうと思います。

gkani1.jpg

gkani2.jpg

gkani3.jpg

gkani4.jpg

gkani5.jpg

恒例・原監督と伊勢海老。






hkani1.jpg

hkani2.jpg

hkani3.jpg

ホークスは蟹看板の変化球が冴えます。





bkani1.jpg

bkani2.jpg

bkani3.jpg

bkani4.jpg

近年は横浜の甲殻類指数が急上昇しています。
今年も目が離せませんね。



日本の淡水性エビ・カニ: 日本産淡水性・汽水性甲殻類101種(ネイチャーウォッチングガイドブック)
日本の淡水性エビ・カニ: 日本産淡水性・汽水性甲殻類101種 (ネイチャーウォッチングガイドブック)
 
131203_135632_ed.jpg131203_135810_ed.jpg

網に引っ掛けて使う四角いバスケット。
何気に2種類あります。
ボロくなっているほうが小さくて、白いほうが大きいです。
どちらも流通しているので植物を引っ掛けて使うなら大きいほうが断然オススメです。
小さいほうは3号鉢ならグニグニ押し込めばなんとか納まるくらいで、大きいほうは3.5号鉢でもイケるくらいです。

見分け方は小さいほうが底網が粗めの格子状で、大きいほうが細かいメッシュ状です。



この壁に掛けるようの網もなかなか便利で、カーブを付けてたりして透明なでかいゴミ袋を洗濯挟みでとめればナイスな簡易雨避けになりますよ。
中にネット状のものを挟めば夏の遮光もイケるぜ!
ハの字に組み合わせて屋根にしてみるのも良いかも。

--

ああースタンリッジはソフトバンクかー。
しかし阪神はホントにアホだなあ。
涌井もロッテとの交渉が難航、ってそりゃ超高級地雷の可能性大だからなあ。
そら足元見るよ。
個人的には横浜行きが見たいんだけど。
モーガン残留してくれー。
 




第四種郵便は定形外郵便に比べてどれくらい安くなるのか?

「あまり得な気がしないかも」と思って表にしてみましたが、250g以内なら差額はあるんだか無いんだかレベルでした。
逆に 251g 〜 300g だと 160円 変わってきます。
複数発送するならそれなりの額といえばそれなりの額になりそうです。

ただ郵便・抜き苗で送るような植物の抜き苗は相当軽く、結構数を詰め込んでも梱包材を含めた総重量は 250g 以下が多いです
250g というとそこそこのステーキ肉くらいの重さなので結構なもんです。
水分たっぷりのサボテンを詰めてもなかなか 500g は超えないでしょうし、あまり重いものだと自重の負担やらで横向きにしたりするだけで心配になるかもしれないです。
そういった植物は天地無用に対応しているサービスのほうが良いのではないかと思います。



抜き苗のような軽いものはゆうパックや宅配便より、全国一律料金で補償アリで追跡可能な郵便+簡易書留が最強っぽいです。
特定記録は休日は発送されないとかいう謎の罠もあったりなんかして。
郵便局は複雑過ぎる。
 
131103_162845_ed.jpg

個人的にマンホールと言うとコレの印象です。
桜のメダリオンに銀杏らしきものが配置された意匠。
円形のスポットが Haworthia nishii のようです。
H. nishii で検索してきたのにマンホールを見せられた」という人には申し訳ないような気もします。
平面が広くてバイクの後輪とかズルっと横滑りしそうです。

131103_163332_ed.jpg

たまたま帰り道に見つけた無印マンホール。
中央がポッカリ空いてて不自然な感じです。
本来ならタモリ倶楽部みたいなマークがあるみたいなんですが、マークどころか良く見ると穴も空いてないです。
無紋類の万象のようで引き算デザインがグっときます。
「無紋万象で検索してきたのにマンホールを見せられた」という人には申し訳ないような気もします。
無紋コンプトとかあればいいのに。


そう言えば今日のバザールには謎の大物っぽい白人さんが来ていて、誰なんだろと思ったら STC の Robert さんでした。
‘白銀レンズ万象’の斑入りとか売ってましたね。
拾萬。
(品種名総覧によって「万象の‘白銀レンズ’」ではなくて「‘白銀レンズ万象’という品種名の万象」ということになるでしょう。玉扇にも‘白銀レンズ’があって、それぞれを‘白銀レンズ万象’と‘白銀レンズ玉扇’に修正という運び。)
H. rooibergensis とかそういうのなら買いたかったんですが全部斑入りみたいなラインナップでちょっとというか結構残念でした。
まあでも海外から数ユーロの植物を売りに来ても・・・というのは良く分かります。

--

案の定秋のKスタ杉内ですよ。
やっぱり田中で締めるのかー。
まあ3点差というのがまた絶妙な調度良さではある。
セーブ付くし。
だったら昨日160球も投げさせるなっていう気もします。
野球あんまり観ない人は知らないと思うんですけど、投げすぎが良くないというのは疲労や間接の負担も勿論なんですがピッチャーがボール投げるとき腕の毛細血管が切れまくるらしくてこれが結構アレらしいです。
100球投げた分の消耗は回復するのに5日くらい掛かるとか何とかでメジャーだと中4日の100球でローテーションを組むのが一般的です。
まあ日本シリーズ最終戦で田中の日本ラスト登板だろうし大したアレでもないか。
しかし則本と美馬は株上げたなあ。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ