170418_125331_ed.jpg170418_125343_ed.jpg170330_142200_ed.jpg170330_142214_ed.jpg

咲いちゃう。
まあ今年雪積もってたら折れてただろうし、潮時です。
盛大に散ってもらいましょう。

今年はいくつかアエオ開花するんですが、交配なんてする気力はもう無いっす・・・。


http://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=22&aaID=4&aiID=S&aID=2832

よく「ムーンバースト」で売ってるけど本来は ‘Starburst’ 。
Sun とStar で対比させて、中斑で星形になるからでしょうかね。

最近‘Sunburst’ のちょっと色合いが暗い?みたいなヤツが「スターバースト」で売ってるけどアレ、色合いだけじゃなくてサイズ感が違うらしいです。
どっちかっていうと通俗的に言う「夕映え」にサイズ感近いらしい。
じゃあバーストシリーズじゃなくね?
アレ元々は何なんだろう?
今度親株見に行こう。

http://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=22&aaID=4&aiID=K&aID=2916

「夕映え」の本来の正名はずっと ‘Tricolor’ だと思ってましたが、‘Dream Color’ が一番古くて先取権があるらしい。
ハリーマックかよ。
もちろん ‘Kiwi’ だとか ‘Kiweonium’ だとかキューイニュームだとかキュオニウムなんていうのは全然間違い。

--

なんか東京はまた寒くなってきました。
先週は腕とかめっちゃ日焼けしたのになあ。
アレは暑すぎ。
 
170403_141140_ed.jpg170403_141155_ed.jpg170403_141233_ed.jpg170309_123857_ed.jpg170309_123705_ed.jpg170309_124130_ed.jpg


Aeonium spathulatum



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-05T223A533A09-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-05T223A533A09-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-03-09T003A033A42-1.jpg

3月初めと最近の感じで。
栽培は誇張無しに放置で大丈夫なので好きなアエオ。
大きなプラ鉢がもう無いので、転がってた素焼き鉢を使ってみるとなかなか良い感じです。
多少オシャンティービザールプランツ感が出ますね。


枝を打って真っすぐに仕立ててる株と、螺旋状に仕立ててみてる株もあったり。
3株とも実生で、別クローン。
並べれば分かるくらいの微妙な個体差があります。
変な遊びも丈夫さあってのものですわね。

--

ハマスタホーム開幕戦だ!
・・・

今永は肉離れなのか・・・?
シリアコは全くボールが見えてる感がない・・・。
ロペス様とパットン将軍と宮崎の攻守と佐野のスイングスピードくらいしかポジティブ要素が見つからねえ・・・。
ロッテも4連敗だ・・・。
おお、もう・・・。

Abema のハマスタ全試合無料放送はすごいイイなと思いました。
TV放送から遅延が10秒くらい?
ニコ生みたいに追い出されないし、画質もキレイだし十分だよ!
 
161201_124002_ed.jpg161201_123949_ed.jpg


Aeonium spathulatum
seedling, 2011



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-03-09T003A033A42-1.jpg

一回もハサミを入れてない個体、まさに実生苗。
なかなかいい感じの木になってきました。
こうなってくると葉っぱより茎のほうが目立つ感じで、お盆栽です。
テラコッタに植え替えてやってもイイかなって気がしてました。

コーデックス的なヤツとか好きな人、どうですか。
細いですか。
そうですか。

--

BURTON のカラーは Acorn で、コマンドソールのナチュラル仕上げが欲しいです。
高いです。
というかこの組み合わせは最近ほとんど見ないです。
特にナチュラル仕上げ。
ebay uk だとそこそこで出てるんですが・・・。
 
160611_142645_ed.jpg160611_142710_ed.jpg


Aeonium canariense



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-05-29T21:07:38-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-05-29T21:07:38-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-05-29T21:07:38-3.jpg

フッサフサでナイスな手触り。
臭さも足の裏みたいな感じじゃなくてなんかどっちかと言うと香草っぽいような。
とても観賞価値は高いと思いますが、持て余します。
デカすぎる。

--

久々に鴨南蛮うどんを食べたらやっぱり最強でした。
見てかわいい食って美味しい。
クセのある肉のほうがうどんに合う?
羊南蛮を作ってみたくなりましたね。
どうだろう。
鴨より割高なので迷うところです。
 
160611_141649_ed.jpg160611_141628_ed.jpg160611_141710_ed.jpg


Aeonium hybird



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-24T203A173A48-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-16T003A023A54-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-16T003A023A54-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-09T20:46:58-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-09T20:46:58-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-09T20:46:58-3.jpg

葉っぱ硬くて厚い A. saudersii って感じの休眠姿です。
茎も A. saundersii より硬い。
これでもおおよそ A. saundersii と A. sedifolium が雑交したものと見て良さそうな感触です。
ちなみに5本くらい挿し木してみましたが2.5本くらいしか出来てない感じです。
時期とか枝の大きさがバラバラなのでアレですが、涼しいうちにちゃんとした枝でやらないと簡単には根付かないかもしれないです。

--

【訂正・お詫びのコーナー】

http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/naganol3.JPG

キジではなくカラスらしいです。
カ、カラス・・・。
すまんな。
 
160418_121353_ed.jpg160418_121424_ed.jpg160418_121446_ed.jpg160521_140636_ed.jpg


Aeonium ‘Lily Pad’



最後の4枚目の画像は Ae. haworthii との比較。

---------------------------------------
DROUGHT TOLERANT when established.
Selected from a group of our own seedlings by hybridizer Renee O'Connell, the parentage is unknown due to "unsupervised pollination" (Renee's helpers in the breeding house - the hummingbirds that ocassionally drop in!), but possibly a cross between A. bethencourtianum and A. lindleyi.
Leaves very thick and succulent, and plant offsets readily. Needs well-draining soil.
Water thoroughly and allow to dry before watering again.
Summer dormant; best to provide some cool shade during dormancy if possible. Protect from frost.
---------------------------------------

実は Renee O'Connell さんシリーズ。
うっすら毛が生えてる。
Aichryson bethencourtianumAeonium lindleyi 推測されてますが、どう見ても違います。
Ae. lindleyi より巾広、かつ肉厚で硬いです。
Ai. bethencourtianum が掛かってたらこんなに大きく、硬くなるとは思えないです。


茎は短めで、茎立ちも遅いです。
当初は Ae. nobileAe. lindleyi の中間形態か?と思ってましたが組み合わせ的にハード。
実物を観察してみると、Ae. haworthiiAe. lindleyi な気がしてきました。
葉先の尖り方とか子株の出方が Ae. haworthii
薄毛で硬く肉厚で巾広い葉っぱもこの組み合わせなら妥当。
この辺が現実的のある組み合わせ・・・だと個人的には思います。
サイズ感的に対抗馬が Ae. haworthiiAe. canariense 、みたいなとこですか。

アエオの品種はナチュラルハイブリに名前付けただけのパターンがいくつかあり、ついでに「ホントにレニーさん作ったんか?(他所でそっくりあるし2重命名してない?)」的なこともあるので

一応 Ae. canariense 関連のナチュラルハイブリを幾らか当たってみましたが、まあ相変わらず名前が載ってるだけで実物がどんなんかサッパリ、みたいなヤツばっかりで。
まあでも現状レニーさんが作った‘Lily Pad’ ということで十分でしょう。
ナチュラルハイブリの資料がもっとネット上に揃ったらワンチャンある、くらいです。

http://excotic-flora-and-canarian-flora.blogspot.jp/2013/09/crassulaceae-genusn-aeonium-aeonium.html

ちなみに大型 Ae. lindleyi の可能性ももしかしたら、と思ってます。
でもやっぱ硬いし、生長点の雰囲気は Ae. hworthii とかそのへんっぽい角ばり方だよ。

--

リリパット+動かない石造=木の矢99本
 
160319_155952_ed.jpg


Aeonium hybrid



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-16T003A023A54-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-16T003A023A54-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-09T20:46:58-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-09T20:46:58-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-09T20:46:58-3.jpg

A. x arnoldii で見つけたけどどう見てもおかしい謎ニウム。
この時期はノッペリしてます。
初夏はクリっとしてきて毛深くなったり、臭くなったり。

国内の実生から出たか何かかと思ってましたが、海外からの輸入されたものっぽいです。
なぜかアイルランドのイーベイで引っかかります。
ヨーロッパあたりだとボツボツ出回ってるのかもしれません。
ぜってぇちゃんとした品種名ねーわコレ。
調べてないけど。


アエオなのでそんなに人気があるとは思えませんが、挿し木でもして幾らかこさえようかなあ。
でもコレ茎が硬くてナイフだとすごく切りづらい。
100均で買ったけど使い物にならない鼻毛バサミでも使うか・・・。
全然切れなかったけどちゃんと洗うよ・・・。

--

稀勢の里、2敗。
先場所に続いて面白い場所になってきやがった!と思ったら一気にいつも通りの星取り表で・・・。
ハイハイ、いつのもパターン。
でもまあ稀勢の里のそんなとこが好きです。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)