IMG_3172.JPGIMG_2543.JPGIMG_2788.JPGIMG_2057.jpgIMG_2058.jpgIMG_1863.jpgIMG_1864.jpgIMG_1865.jpgIMG_1051.jpgIMG_1052.jpgIMG_0006.jpgIMG_0009.jpgIMG_0007.jpgIMG_0008.jpgIMG_0010.jpgIMG_0011.jpgIMG_0012.jpgIMG_0013.jpgIMG_0014.jpgIMG_0015.jpgIMG_0016.jpgIMG_0017.jpgIMG_0018.jpgIMG_0019.jpgIMG_0020.jpgIMG_0021.jpgIMG_0022.jpgIMG_0023.jpgIMG_9396.jpgIMG_9397.jpgIMG_9399.jpgIMG_9400.jpgIMG_9398.jpgIMG_9401.jpgIMG_9402.jpgIMG_9403.jpgIMG_9404.jpgIMG_9226.jpgIMG_9225.jpgIMG_9224.jpgIMG_9227.jpgIMG_9228.jpgIMG_9394.jpgIMG_9395.jpgIMG_7076.jpg


Haworthia bolusii 'blackbeardiana' sensu Bayer
Tsomo
T. Dold sn ex Sheilam Nursery



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-05-12T203A513A11-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-05-12T203A513A11-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-05-12T203A513A11-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-05-12T203A513A11-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-05-12T203A513A11-5.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-05-12T203A513A11-6.jpg

最初の画像(一番大きい時)で 105mm プラ鉢はみ出しくらいでした。
去年個人的にグッときていた個体で、よく撮影していたので画像がいっぱいあります。
これでも15枚くらいボツにしておきましたが。
途中2株写ってるヤツは、真冬の色味比較用の H. valida
分かりやすく紫だったので。

当初、「透明感というよりは青りんごシャーベット」という印象でしたが、涼しくなるにしたがってガンガン透明に。
シューっと細身の葉っぱかと思ってましたが、プリッと肉厚にもなってかなり良い感じでした。
ぶつけないように被せてあるプレステラは120・・・だっけ?一番デカい、ジョッキみたいの。
デカくて透明なのはやっぱり迫力がある。

真冬はまた少しシャーベット感が戻ってきてコレも良い感じ。
色味はほんのりピンクっぽくなるくらいで、よっぽどな栽培をしないとアレしてこないみたいです。

去年の夏は非常にハードでしたが、こういう頑健なヤツはほんと助かりますよ。
食害もされなかったし。

分類的には H. speciosa というか 狭義の H. cooperi
に近い新種か何かになると思いますがよーわからんです。
個人的にはサイズ感とか窓の大きさから、北上していって H. interia に合流するんだろうなあと思ってます。

--

ヤフオクの仕様はチマチマ変更されているんですが、一番困るのが検索条件関係。
表記ブレなんかがある物を検索演算子ゴリゴリで保存してたんですが、最近文字数制限改悪でほとんどパーになりました…。
""の完全一致や、()のor検索で効率的にやってたのに…。
検索演算子って何?って人の為に軽く説明すると、

(ハオルチア アストロロバ ツリスタ ハオルチオプシス)

と入力して検索すれば全部まとめて出てくるという感じです。
絞り込みも可能で、

(ハオルチア エケベリア)(斑入り 綴化)

みたいに検索欄に入力すると

「ハオルチア 斑入り」
「ハオルチア 綴化」
「エケベリア 斑入り」
「エケベリア 綴化」

で検索しないといけない結果がいっぺんに出せます。

ただし、最近は文字数制限がキツイ。



"" で括ると完全一致検索になります。

"ハオルシア"

みたいに検索すると、ハオルチアみたいな似たような結果を弾いて検索結果が出ます。

こっちはヤフオクの検索よりはむしろGoogleで使うことが多いヤツです。

"MBB6810" みたいに数字関係でキッチリ検索しいたとき便利です。
 
IMG_4591.jpgIMG_4592.jpgIMG_4595.jpgIMG_4594.jpgIMG_4593.jpg


Haworthia specksii
H. blackbeardiana var. specksii sensu Breuer
H. bosluii 'blackbeardiana' sensu Bayer
DMC08880 Nonesi's Nek SEEDLING



https://haworthia-gasteria.blogspot.com/2018/12/haworthia-blackbeardiana-specksii.html


ほとんど見かけないナンバー。
「お前そんなん好きだよな」と言われそうな草です。
好きですよ。
気持ち鋸歯の多めの個体っぽいです。
サラっとした肌質で、冬は赤味が結構出るっぽい。
カッチカチにシバいているのでまだまだ変化あると思うぞ!

https://goo.gl/maps/taV81B2h7eS2
https://mapcarta.com/14285966

Nonesi's Nek は Queenstown からすぐ北東くらいの場所みたいです。
まあ、H. vittata (H. blackbeardiana) なのか H. specksii
なのかよー分からんですわ。

--

先日なんか到着が遅いのでクロネコヤマトさんで荷物問い合わせ番号したんですが、「配達状況:調査中」とかいう謎の状態になってまして。
えぇ?
どうも、荷物の誤配や破損が起きてるときに表示されるっぽいです。
東京に届くはずが経由してる支店を見ると何故か名古屋に行ってしまっていたようなのでこれは誤配ですかね。
1日遅れなので別にどうでもイイんですが、例によって中身が草なので1週間遅れとかだと困りますね。
ヤマトさんいつもお世話になっております。
ありがとうございます。
頑張ってください。
 
IMG_4437.jpgIMG_4306.jpgIMG_2934.jpgIMG_4305.jpgIMG_2933.jpgIMG_1966.jpgIMG_1965.jpg1IMG_09484.jpg1IMG_09483.jpg1IMG_09482.jpg


Haworthia violacea
H. cyanea var. amethysta sensu Breuer
H. bolusii 'blackbeardiana' sensu Bayer
JDV97/74 Damplaas, Cradock



画像は6月初め頃、4月初め頃、2月初め頃、去年11月頃。
ヒョロっとしてましたが、開いてきたり、閉じてきたりして最近ガッチリしてきました。


H. vilolacea というのは窓も大きいし、デカいしトゲトゲしてるし好きな植物です。


http://1911.seesaa.net/article/456024373.html

「これは良いぞ!これより好みの個体は10年は見かけないだろう!」という個体を見かけるまで粘りに粘って手に入れたのがコレです。
豪壮だし、ダルマ葉気味でお気に入りです。


で、「やっぱビオラセア良いわなあ」となってしまって結局幾つか集めだしてしまいましたよ。
前より栽培スペースも少しだけ拡張したしええんじゃ。

前からあった個体と比べるとだいぶ柔らかいというか、皮が薄手です。
色も紫というよりは、青みも薄くガッツリ赤紫です。
栽培的にはラクショー系。
手狭になったら植え替える、気が向いた時に水ぶっかけるのループです。

--

去年に引き続き今年も草ブリハイを進めます。
まだまだなかなか育種的に盛り上がってる感が薄い気もしますが、色々混ぜていくうちに面白いものが出来るかもしれない。
とりあえずは目標を青インコと青クリスタルで、最終的にはデカ青クリスタルを目指す。
これはシンプル系育種。

別系統としてイガイガバッキバキのキラキラを目指す。
派手に!

しっかし、種子親に当て込んでいた株がどうも不稔くさい…。
参っちゃったよー。
どうりで去年から失敗しまくると思った。

種子出来なくはないんですが、フルにチョメりまくって1発出来るかどうかという具合。
やれやれだぜ。
花粉親でも使えるのか使えないのかよく分からない感じ。



とりあえず硬く青いものが作ってみたいですが、早咲きと遅咲きで極端でのう・・・。
遅咲きの方はもう少し早く咲かんもんかと思って室内に持ってきてみたり。
まあ花芽ヘタレましたが。
4月前半に咲くのは鈴生りって感じなんですが、5月以降は全然ダメじゃあ。
 
IMG_4812.jpgIMG_4813.jpgIMG_4809.jpgIMG_4810.jpgIMG_4811.jpgIMG_4808.jpgIMG_4807.jpgIMG_3978.jpgIMG_3977.jpgIMG_3979.jpgIMG_3976.jpgIMG_3974.jpgIMG_3975.jpgIMG_3973.jpgIMG_3972.jpgIMG_3971.JPGIMG_3970.jpg


Haworthia harryi
H. cooperi 'gordoniana' sensu Bayer
JDV90/80 Uniondale Poort



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-5.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-6.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-7.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-8.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-9.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-10.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-11.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-12.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-13.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-14.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-15.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-16.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-17.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-18.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-19.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-11-12T193A543A33-20.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-06-17T193A063A11-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-06-17T193A063A11-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-06-17T193A063A11-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-06-17T193A063A11-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-06-17T193A063A11-5.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-06-17T193A063A11-6.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-26T003A443A10-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-04T073A163A05-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-10-07T19:02:31-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2009-07-05T17:48:31-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-08-01T19:20:01-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-08-01T19:21:03-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-03-16T17:29:46-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-10-10T13:41:19-1.JPG
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-06-15T20:56:26-1.JPG
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-04-02T17:07:11-1.JPG



鉢は 90mm ポリ。
プラ鉢に限界を感じたので春にポリに植え替えました。
思ったより印象が変わるもんで、クイっと葉っぱが立ちました。
普通逆っぽいんですが・・・。
流石にこれくらいでイッパイイッパイっぽいです。
ずーっとポリ鉢で暗めのところで大きくしてみるとまた印象が変わるかもしれないので、
今度はそっち方面で作り込んでみようかな。
なんやかんやお気に入りの草なのでまあ色々と楽しんでますよ。
作り甲斐があると言いますか。


「葉っぱの薄い H. ionandra みたいな個体?」と思ってましたが、
これたぶん Hankey のほうの H. gordoniana とかあっち系の影響で窓草っぽい感じなんですかねえ。
だいぶ東ですが、色々な個体を見ると納得感があるですよ個人的には。
まあその辺の個体はいずれこの blog にも載るとは思います。

一方でバキバキっぽい H. harryiH ianthina とかデキピ寄りな種の影響なのはヒシヒシと感じます。

"decipiens-to-gordoninana" ってのはやっぱり結構的を射てるなあ。

--

乾物に賞味期限もクソもあるのか?問題。
去年秋の若干羽振りが良い時に買ったビーフジャーキーを今更食べ尽くしたんですが、開封当初よりカッサカサのパッキパキになってました。
おお…。
なるほどね…。
これはこれで嫌いじゃないですが!

いやービーフジャーキーは高いね…。
気合入れないと買えない。
ニッカさんの限定品の2千円もツライ。
リサイクルショップのスコッチ最高!

【数量限定】ブラックニッカディープブレンドナイトクルーズ瓶 [ ウイスキー 日本
700ml ]

【数量限定】ブラックニッカディープブレンドナイトクルーズ瓶 [ ウイスキー 日本 700ml ]
 
IMG_4528.jpgIMG_4527.jpgIMG_2647.jpgIMG_2648.jpg


Haworthia engelica n.n.
H. cooperi ’gordoniana’ sensu Bayer
JDV91/80 Engeland se kloof, Baviaanskloof



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-11-29T143A153A19-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-11-29T143A153A19-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-02-11T19:52:36-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2013-03-28T21:05:15-1.jpg

Engeland1
http://1911.seesaa.net/article/465270537.html

Engeland2
http://1911.seesaa.net/article/465521642.html


画像は6月下旬の様子と、3月半ばの様子。
3個体持ってる H. engelica の投稿もようやく最後です。

前の2個体は同じところの実生でたぶん兄弟ですが、この個体は導入ルートが全然別の実生苗。
たぶん導入が古い時代を使った個体なのか、あまり見かけない感じの雰囲気です。
しっかしまあコイツは生長が遅っせえ!
そこまで弱くは無いんですが、遅っせえ!
スラッと鋸歯が少ない感じで珍しい個体なのですが・・・遅っせえ!
環境合ってないんですかねえ。

こういうのは刃傷沙汰に及んで、葉っぱも根っこも一新した新芽を育てると素直になったりするんでちょっと迷ってます・・・。
ビオラセアとかハリーがそんな感じで素直になりました。

--

蜜付き花びら結構美味いですね。
葉っぱほど酸味もエグみもないです。
安っすいイチゴより美味いかも。
酸っぱいの苦手なんで。
 
IMG_4454.jpgIMG_4455.jpgIMG_4453.jpgIMG_4456.jpgIMG_2925.jpgIMG_2926.jpgIMG_2927.jpg


Haworthia fluffa
H. jansenvillensis var. fluffa sensu Breuer
H. cooperi 'puberula' sensu Bayer
IB13187 MBB6910 SE of De Plaat farmhouse ex IB-Collection



最近と4月頃の様子。
思ってたより怪しげコンディションで来たな・・・と思いつつも辛目管理してたらベコベコになってしまいました。
まあじっくりいきましょー。


https://haworthiaupdates.org/2011/10/30/chapter-7-continuity-of-haworthia-on-the-zuurberg/

https://haworthiaupdates.org/2011/10/22/volume-1-chapter-5-the-haworthias-of-kaboega/


De Plaat ってここでいいのかな?

https://mapcarta.com/14367452


当初は「Bayer が H. cooperi 'puberula' としているヤツらから小分けにされた種の一つ」という印象だったヤツ。

他は H. veltinaH. ciliata と・・・あとなんかあったっけ。

veltina ・・・velutina?ベルベット
ciliata ・・・フチに毛がある
fluffa ・・・fluffy フワフワ、綿毛

とりあえずチョビ毛シリーズと個人的に解釈していたヤツの一つです。

http://haworthia.ldblog.jp/archives/46214946.html

最近だと「言うほどチョビ毛系でもないな」的なことなのか、H. calva とか H. nubila とか H.
indica
の仲間みたいな位置付けなんでしょうか。
この個体にしてもなんか大きいし、窓も大きいのでそっち系の気は強めに感じます。
まあ、いくつか個体を見ていけばなんとも言えない中間くらいのが多いかもしれないです。

Patensie 辺りから西くらいの H. gordoniana
系(かなり広めの意味で)とどれくらい関連性があるのかは気になるところです。




・・・とまあそんなにややこしい種でもないと思うのですが、
なぜか Breuer さんが H. jansenvillensis var. fluffa
とかいうワケの分からん記載をしていまっています。

http://www.ipni.org/ipni/idPlantNameSearch.do?id=77157022-1&back_page=%2Fipni%2FeditAdvPlantNameSearch.do%3Ffind_infragenus%3D%26find_isAPNIRecord%3Dtrue%26find_geoUnit%3D%26find_includePublicationAuthors%3Dtrue%26find_addedSince%3D%26find_family%3D%26find_genus%3D%26find_sortByFamily%3Dtrue%26find_isGCIRecord%3Dtrue%26find_infrafamily%3D%26find_rankToReturn%3Dall%26find_publicationTitle%3D%26find_authorAbbrev%3D%26find_infraspecies%3D%26find_includeBasionymAuthors%3Dtrue%26find_modifiedSince%3D%26find_isIKRecord%3Dtrue%26find_species%3Djansenvillensis%26output_format%3Dnormal

The Genus Haworthia BOOK2 の時点で IB13187(MBB6910) がなぜか Aggregate
Jansenvillensis に分類されていてナンジャコリャと思ってましたが結局そのまんまコンビネーションされてしまいました。

IB13187 の写真は明らかに H. decipiens 系、赤いんでたぶん H. ianthina
か何かなんですよねえ。
たぶん一番 De Plaat に近いデキピなイガイガ系の自生地が Jansenville だったんでこっちにまとめてしまったとかでしょう。

で、Breuer さんとこから IB13187 手に入れてみてもイガイガでも何でもないっていう。
まあどこでもそうなんですけどたまにエラーはありますよね。
エラー自体は分かるんですけど素通しは良くない。
というか、Breuer さんレベルなら何か突っ張る理由でもあるのかな?

--

ベッドで仰向けで使う時用のタブレットのアームスタンドが欲しいんですが、いっぱいありすぎてどれがいいのか良く分からねえ・・・。
久しぶりに電気屋でも行くしかないかー。
 
IMG_1790.jpgIMG_0794.jpgIMG_7158.jpgIMG_0795.jpgIMG_1791.jpgIMG_7159.jpgIMG_7160.jpgIMG_9995.jpgIMG_9997.jpgIMG_9996.jpgzIMG_9542.JPG


Haworthia rava
H. lapis var. rava sensu Breuer
H. aristata sensu Bayer
MBB6899 Paddafontein



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-02-18T013A043A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-02-18T013A043A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-02-18T013A043A06-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-02-18T013A043A06-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-02-18T013A043A06-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-02-18T013A043A06-6.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-02-18T013A043A06-7.jpg

ちゃいちーのは秋の小苗。

4号鉢にどっしり鎮座です。
無加温の真冬はほんのり赤味が出ますね。
ホントでかい。
撮りにくい。
ハウス栽培ならもう1周り大きくなりそうな余裕感。
しっとり蒸せばもう1段階変化があるの間違いないのですがなかなか難しいです。
栽培環境的に・・・。
しかし中苗の頃と全然別物ですね。



パダ本店ってどこなん?と思ってましたが、先日ようやく見つけました。

https://goo.gl/maps/j775YVRefuT2
https://mapcarta.com/14278928

https://haworthiaupdates.org/2011/10/22/volume-1-chapter-5-the-haworthias-of-kaboega/
http://haworthia.ldblog.jp/archives/26098792.html

北北西に Pearston 、東側には Somerset East から Addo のライン、すぐ南に Kirkwood。
H. sapphaiaH. pringleiH. hisui
系の中間的な感じと言えなくもない・・・ような・・・気が・・・しないでもないです。
最近は根本的に H. lazulisH. calva な種だと思ってます。
いや、H. calva は間違いないけどどう片方はどうだろう・・・?
「もう片方」っていう発送じゃなくてもっと視野を広くするべきで、そうするとやっぱり H. sapphaina とかになるか・・・。

南西の Kleinpoort 辺りってコレ系だと何が生えてるかすぐにはピンとこないんですが、何かあったっけ。
Jansenville とPatensie の中間か・・・。
しかし地図見ながら原種観察するのは面白いなあ。
ムラのあるグラデーション状に各種の関連性が見えるような見えないような。
この推測から行くと Waterval Game and Hunting Safaris あたりにとても俺好みの草が生えてる・・・。

--

AMD が発表会でドン引きされるくらい Ryzen2 で Intel に差を付けてしまったので興味津々なんですが、やっぱりPCは2台要らないな・・・。
多肉の画像トリミングに最新 CPU なんて全然要らないし・・・。
 
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ