170317_133634_ed.jpg


Haworthia harryi
H. cooperi var. gordoniana sensu Bayer
JDV90/80 Uniondale Poort



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-04T073A163A05-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-10-07T19:02:31-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2009-07-05T17:48:31-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-08-01T19:20:01-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-08-01T19:21:03-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-03-16T17:29:46-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-10-10T13:41:19-1.JPG
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-06-15T20:56:26-1.JPG
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-04-02T17:07:11-1.JPG

ようやっとそれらしくなってきました。
今となってはレアっぽい個体だ。
どことなく H. ionandra に近い感じの雰囲気ですが、やっぱ H. harryi なんで硬めでグレーっぽいというか銀色掛かった肌と窓の質感です。
今年はそこそこのサイズまで復元出来るといいなあ。
完成は来年くらい?

--

ラテスピxクリスは十分に採取出来そうです。
‘村雨’ xクリスも結構採れそう。
ゴリゴリのカリンカリンで来いっ!

あとは秘蔵っ子x秘蔵っ子の交配・・・はまだどっちも花芽が伸びてないです。
これはねえ、世界一美しい植物狙えますよ!・・・という意気込み。
どうなんのかなあ。
 
DVC00015.JPG
DVC00017.JPG
DVC00016.JPG
DVC00014.JPG
DVC00013.JPG
DVC00018.JPG
DVC00022.JPG
DVC00021.JPG
DVC00019.JPG
DVC00020.JPG
DVC00023.JPG


Haworthia Murasaki Obto Gp. / Vista Gp.
"関西系オブツーサ"



半年前
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-07-01T223A143A14-3.jpg

http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-07-01T223A143A14-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-07-01T223A143A14-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-15T053A033A19-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-15T053A033A19-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-08-14T22:41:00-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-08-14T22:41:00-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-08-14T22:41:00-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2013-10-11T18:51:58-1.jpg


ビンビンに透明でピッカピカです。
うーん、バラしよりは鉢増しだな。

--

最近ガキの使いの昔のトークを見てたんですが、やっぱ坊主前後が面白いなあと。
しっかしムチャクチャ言うてるな・・・。
下ネタばっかりだしオープニングで象にパイ投げしたとか・・・。
 
170221_135439_ed.jpg


Haworthia speciosa n.n.
JDV91/98 Thomas River Bridge, Ciskei



JDV91/098 だと検索に掛からないので。
strict な H. cooperiH. speciosaH. specksii
未記載なのでアレですが、 Breuer さんは H. blackbeardiana var. specksii にしてるし記載済みならこれも H. blackbeardiana の変種にされたのかな。
まあトゲ無しで透明感とヒュ〜っと伸びたノギが印象的な一株です。
ちょいインコ風。
H. pallens 的なノギ無しグリーンの血が強い個体なのかも。

--

お台場ガンダム撤去で次がユニコーンだと・・・。
そこはザクだろ・・・。
個人的にはνかZかサザビーか百式がいいです。
 
170124_151048_ed.jpg170116_141956_ed.jpg170116_142019_ed.jpg170116_142223_ed.jpg170116_142301_ed.jpg170116_142318_ed.jpg170116_142335_ed.jpg


Haworthia rava
H. lapis var. rava sensu Breuer
H. aristata sensu Bayer
MBB6899 Paddafontein



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-03-01T203A113A05-1.jpg

3号鉢はみ出しまくってくるんで、3.5号鉢を被せて撮影。
まだはみ出してるので最初のはプレステラの120。

ずーっとちょっと紫掛かったグレーです。
名前のとおり。
相変わらず type にそっくりだね。
「ラバって結構大型なんだぜ!」って話を以前うかがいましたがホントデカくなってきました。
大型単頭って感じです。
ずんずん大きな葉っぱ出てくる。

しかし H. lapis var. rava か・・・。
まあ葉巾の広いラピっさんみたいなとこは多分にありますわな。
色が全然違いますが。

--

桃太郎パパイヤ研究所というところでやってる研究が面白いです。
熱帯植物の種子をがっつり氷漬けしたり特殊な処理して実生した株に耐寒性をつけるって感じです。
氷河期を体験させることで進化のケツを叩くという理論らしい。
成長速度が早く(5倍くらい!)なって耐寒性があがる・・・最高じゃんか。

種子を冷蔵庫で冷やしたりというか保管したりするのは一般的ですが、この辺も改良の余地がまだあって冷凍庫でゴソゴソするのがそのうち流行るかも?
農業技術の中には多肉応用可能なものが眠ってると思うんですがなかなかどう探ったら良いのか。
 
170203_150144_ed.jpg170203_150025_ed.jpg170203_145756_ed.jpg170126_130159_ed.jpg170126_130135_ed.jpg170126_130108_ed.jpg


Haworthia ianthina
H. cyanea var. ianthina sensu Breuer
H. decipiens 'scottiana' sensu Bayer
Vetvlei, N Uniondale



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-03T013A103A09-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-03T013A103A09-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-03T013A103A09-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-03T013A103A09-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-03T013A103A09-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-03T013A103A09-6.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-06-10T203A383A28-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-06-10T203A383A28-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-06-10T203A383A28-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-01-09T233A383A45-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-04-24T223A483A13-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-04-24T223A483A13-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-04-24T223A483A13-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-05-25T20:32:48-1.jpg

105mmなのでデカい。
載せたばっかですが、なんかすごく良い感じに仕上がってたので。
平べったさとか。
軽く水切れてたほうがかっこええんかい。
実物はもうちょっと紫掛かってるというか茶色掛かってるというか灰色掛かってるというか。
第二次対戦頃のドイツ軍っぽい色です。
こうしてみるとやっぱ H. decipiens よりは H. harryi とかに近いなあ。
どことなく H. stewarta n.n. 的な肌質ブヨブヨ系統感もあります。

屋外栽培で、この頃の寒波でヤバい感じになる株が多い中特に何事もないような感じで元気です。
湿度の保てる環境ならもっとイケそうですが、まあウチではこのサイズを蒸すのは厳しいです。
もう少し萎んだら繁殖に回すかぁ。
平べったく育ってるからテグス水平カットは怖いなあ・・・。
中腹の葉っぱ一枚毟ってそこからナイフ入れるほうが安全そう。
一番安全なのはそげ斬り。
ただ!
テグスの新技術を考案したのでそれを試したいと思います。

--

コンセントのタイマーを買おうと思ってるんですが、レビュー見てるとどれも故障率が高そうで参ってますよ。
うーん。
 
170130_135422_ed.jpg


Haworthia valida n.n.
H. blackbeardiana var. specksii sensu Breuer
H. bolusii 'blackbeardiana' sensu Bayer
JDV92/23 Whittlesea



ラベルは JDV92/023 で書いてありましたが、それだとなかなか検索に掛からないので。
培養苗らしいです

http://www.succulent-tissue-culture.com/webshop_popup.php?id=686

これかな?
ゾチカ経由とかかも?

Whittlesea しか見てなかったので「H. aquea n.n. じゃん。いっとこ!」とか思ってましたが、

http://haworthia.ldblog.jp/archives/37773193.html

IB5940 は JDV92/23 なんで H. valida っすね。
Breuer さんの IB5940 の specimen な写真だと確かに「なんか不自然だし取り違えか雑交?」みたいな見た目ですが、幾らか
JDV92/23 の個体を見てみると H. aquea というか ムッチリ H. malvina n.n.というか。
寒空の下に置いておいたらけっこう色出てきました。
結構期待できると見た!

--

ガラスレザーのローファーを買ってみたら硬いのなんの。
やべえ。
靴擦れ大会だ。
とりあえず近所行くときにつっかけて慣らしてます。
 
170130_135503_ed.jpg


Haworthia lapis aff. sensu Breuer
H. aristata to H. cooperi var. gordoniana sensu Bayer
JDV91/115 Sundays River Poort



http://haworthiaupdates.org/volume-1-chapter-1-haworthia-gracilis-h-cymbiformis-and-h-cooperi-in-the-greater-baviaanskloof-area/

セヘラムのリストだと H. cooperi cf. 'transiens' になってます。
なんかもうよくわかりませんが Sundays River なんで H. calva (H. venetia var. calva sensu Breuer) じゃあないかと思いますが。
IB18215 を見てみるとなかなかソックリ。
H. calva てっていうと MBB6904 Wilgerfontein, W of Kaboega のヤツのほうが流通量は多いでしょうか。
まだチャイチーだけどどうなってくるかな?

H. calva って Hankey からは遠いし H. venetia とはだいぶ違うような気がしますが・・・。
H. lapis からノギの少ない方向性にいった仲間とか?

--

そんなワケでちょっと山椒掛けまくってみたくなってきたので、掛けまくってます。
七味とブラックペッパーは飽きてきた。
本命はチルドのタンタンメンですが、とりあえず目玉焼きとかゆで卵に山椒を掛けてみる。
なかなかアリです。

とりあえず掛けまくってますが、思ってたよりなんかちょっと柑橘系っぽい風味が強いなあ。
山椒ってこんなんだったっけ。
もっと強いっていう花椒を買えば良かったかなあ。
麻(マー)の辛さが欲しかってん!
スパイス買ってみると食べ飽きてたヤツも楽しめていいなあ。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)