ゴースティ!

101119_143132.jpg

×Graptosedum ‘Ghosty’

https://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-05-23T20:40:06-1.jpg
春の開花ちゃん

これも今年は野ざらし+草花用培養土+黒塗り鉢でイケイケドンドン栽培したんだけど極めて良好。
無敵過ぎる。
ただゴキュンゴキュン伸びたんで雪の重さでポッキーかもです。
夏はボンヤリグリーンだけど今の時期から黄色っぽくなる。
雨に当てなければレイカースカラーになるかも。


101119_143110.jpg

left)Graptopetalum ‘Victor Kane’
right)×Graptosedum ‘Ghosty’

比較。
似てるようで結構違う、それが3大プトー!


相変わらず正体不明で花の色と展開具合からプトセダム、というとこで止まってる。
ゴッソ師匠とか先人の交配種にしては完成度が低いしアメリカ辺りで勝手に出来たまさしく雑種じゃないかと思ってる。
夏は朧月×秋麗とかそんな顔に見える。

プトセダムなぁ。
朧月と交配したいヤツとなるとなかなかいいセダムはないなー。
全体的に小型だしロゼットの葉幅狭いし。
スアベは秋みたいだし。
銘月はもうカリフォーニャサンセットがあるし。
んープトベリアのか楽しそうかな。

こんな感じの屋外放任丈夫雑草を作るのが実生の目標の一つ。
なかなかどうして日本の気候にも耐えられるヤツは生まれてこないねー。
もっと丈夫なヤツを花粉親にせんといかんのか?
白牡丹・淡雪に朧月掛け戻しじゃあ腰が引けてるよなぁ。
先人達の交配種は偉大だぜ!

--

前にシルシルミシルでやってたS&Bのディナーカレーをガチに作る、ってヤツをついにやってみた。
ルゥに必要なモノは入ってるからしっかり炒めた飴色玉葱と牛肉だけ入れれば十分、ホテルっぽい欧風カレーになるというアレ。

実際にほぼレシピどうりやってみたところ個人的にはちょっとイマイチ。
塩気が薄い感じ?
スパイシーさも物足りない。
何と言うかトマトの入ってないハヤシライスみたいな感じ。
普段テキトーに作ってるヤツのが好みだわ。

2日目。
濃厚なコクだけど重い。
何よりビーフカレーが好きじゃなくなってた。
カレーはやっすいやっすい豚コマと鶏肉に限るで。

そんなワケで次回からはまたテキトーに作ります。

"ゴースティ!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。