IMG_3021.jpgIMG_3022.jpg


Haworthia lapis sensu Breuer
H. aristata / cooperi 'graciloid’ sensu Bayer
MBB7012 Buffelsnek



もういっちょ。
こっちはだいぶ硬めで肉薄、ノギが生えてます。
H. ophelia ほど硬くはないですが、割りと似てます。

こっちの個体は北に展開してリポンスとかハスタってきそうな顔つき。
pringloid。

5月頃の買ったときに「辛くしてあるんで萎んでます」とのことだったんで、即ノーマル栽培にしてみたんですが見事に丸焼けになりまして。
やっとそれらしくはなってきましたよ。
やれやれ。

--

3年くらいヤフオクに出品されっぱなしの商品をずっと狙ってるんですが、なかなか1円スタートか投げ売りになりませんね・・・。
40パーオフにはなったけど。
出品してるほうもしぶといなあ。
で、流石にあんま欲しくなくなってきました。
Instagram

Latest Entries
 
IMG_3019.jpgIMG_3020.jpg


Haworthia lapis sensu Breuer
H. aristata / cooperi 'graciloid’ sensu Bayer
MBB7012 Buffelsnek



https://haworthiaupdates.org/2011/10/30/chapter-7-continuity-of-haworthia-on-the-zuurberg/

https://haworthiaupdates.org/2012/04/08/volume-6-chapter-3-still-more-about-haworthia-on-kaboega/

ラピっさんというかなんというか。
ベイヤーさんのは相変わらずピンと来ない謎表記です。
まあたぶん新種扱いになると思いますが。

比較的肉厚化が進んでる感じでやや紫がかった黒っぽいダークグリーン。
何かに似てるような似てないようなビミョーさが原種って感じで面白いですね。

Buffelsnek はグーグルマップだとヒットしないですが、まああの辺の場所です。
Kaboega とか Zuurbek とか。

西側に展開していくとベネってきそう。
ああ、'graciloid' ってそういうことなのかな。

--

風邪ひいた!
ペース的には2017年6〜7月、2016年10月、2015年11月って感じでしょうか。
うーん、去年のと症状が似ている・・・。
こいつは手強かったんだよなぁ・・・。
まあ、治すには食うしかない。
 
IMG_2780.jpgIMG_2781.jpgIMG_1569.jpgIMG_1570.jpg


Haworthia ophelia n.n.
H. aristata/pringlei sensu Bayer
MBB7006 Moederzoonpoort, N Waterford



ちょい前の画像もあったので。

http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-10-13T203A543A09-1.jpg

どことなく生長遅め個体感を覚えなくもなく。
バリバリでかっこいいなぁ。
春にはズイズイ動いてくれるサイズでしょう。
たぶん。

--

やはり寒波は寒波だったのか屋外ハオがいくつかアレしてしまいました・・・。
0度予想と氷点下1度予想はかなり違うな・・・。
ベンケイソウはいつもどおりなんてことなし。
 
IMG_2777.jpgIMG_2778.jpgIMG_2779.jpgIMG_1566.jpgIMG_1567.jpgIMG_1568.jpg


Haworthia ophelia n.n.
H. aristata/pringlei sensu Bayer
MH14-321-3 MBB7006 N Waterford



ちょい前の画像もあったので。

http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-01-26T063A223A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-01-26T063A223A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-01-26T063A223A06-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-01-26T063A223A06-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-09T003A403A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-07-27T203A223A16-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-04-02T183A553A34-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-04-02T183A553A34-2.jpg

一年ぶりの割りにはあまり生長していない・・・というか縮んでる。
というのも、例によって昨夏のクソ天候で根っこが吹っ飛んだからです。
やれやれだぜ。

--

RSS リーダーを復活する計画を立てないといけないみたいですね・・・。
 
IMG_2786.jpgIMG_2787.jpgIMG_2788.jpgIMG_2789.jpgIMG_2791.jpgIMG_2478.jpgIMG_2336.jpgIMG_2524.jpgIMG_2525.jpgIMG_2526.jpgIMG_2527.jpg


Haworthia violacea
Damplaas, Cradock



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-06-19T203A263A10-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-06-19T203A263A10-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-09-27T003A043A05-1.jpg

凄い良い色になってきました。
午前の青みのある光だと青紫で午後の赤味のある光だと赤紫。
光の加減によってかなり見え方が変わるんですが、とてもキレイなアメジスト色です。
色が変わるからアメジストよりアレキサンドライトですね。
さすがにそれは違いますね。
ノギもキンキラだし良い植物だなぁ。

クソ丈夫そうですが、意外と引っ込み思案。
暗めというか日当たり悪めくらいのほうがお好みのようです。
ヌルめでもこれくらいの色は普通に出る。

--

鉢増しするしかないワケですが、同じ型の鉢でそのままワンサイズ上げていくとちょっと深すぎるんですよね・・・。
個人的にはやや小さめの鉢で管理したい。
プレステラ120の浅鉢があるとイイなと思ってるんですが見つからないっす。
 
IMG_2755.jpg


Haworthia bolusii var. pringlei sensu Bayer
MBB6556 Ripon, S Middleton



加入当初はもっと透明感ある草でしたが、自前環境仕様に叩き直すので曇ります。
LED 栽培っぽい株はなんか弱そうなので慣らすのは秋じゃないと難しいかな?とか思ってますが、どうなんだろう。
まあやっぱ太陽だろ・・・。


http://haworthia.ldblog.jp/archives/35703244.html
http://haworthia.ldblog.jp/archives/37772151.html

H. ripons なのかなんのかモヤっとしている上にやたら個体差が激しいので楽しい MBB6556 。
STC のアオエビな MBB6556 はあまり参考にならない感じですが・・・。

まあ H. ripons みたいなもんだろう。
H. ripons は Zuurberg の同様な窓を持つやや小型の植物(H. nubila n.n. や H.
indica
n.n.)が平地に展開した種と見られ(略)』となっていたので、自前の H. nubila
を思い出してみたらまあ確かに似てます。

ぬびぬび
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-11-13T073A133A06-1.jpg

大きな H. nubila って感じだね。
H. hisui とかあっち系は棒状に太くて硬い感じですが、これは柔らかくて草感が強く。
そこらへんが H. nubila なんかの面影?
とりあえず春からイケイケドンドンで栽培しようと思います。

--

シン・ゴジラも気の名は。もおもろかったですわ。
インフラとか街並みの描写が凝ってる作品が受けるのか?
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ