170419_125514_ed.jpg170419_125502_ed.jpg


Haworthia heroldia
H. outeniquensis sensu Bayer
George



ラベルは「H. outeniquensis, George」なんですが、まあまず H. heroldia でしょう。
H. outeniquensis の自生地は Moerasrivier, SWS of Oudtshoorn です。
George からは30〜40kmくらい離れてる?
H. heroldia の Herold というのは George の南に10kmくらい行ったすぐ近くです。
以前はちょいちょい「George, Herold」っていう表記だったと思うんですが、これはどこかで George に省略されちゃったのかな?
何よりまずもってが見た目が H. heroldia そのもの。
記載された頃のスティーブン・ハマーがどうのこうの頃の古いクローンらしいです。

--

もうパンイチでも暑いし、蚊まで飛び出してるじゃあないか・・・。
Instagram
Latest Entries
 
170228_141653_ed.jpg170228_141600_ed.jpg170419_130901_ed.jpg170419_130926_ed.jpg170419_130937_ed.jpg


PPK12-1-4
Echeveria ‘Blue Bird’ x ‘Lola’



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-07T223A293A02-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-07T223A293A02-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-07T223A293A02-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-02-20T003A273A26-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-02-20T003A273A26-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-10-20T23:08:32-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-10-20T23:08:32-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-10-20T23:08:32-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-02-16T12:26:47-1.jpg

トマト缶から海苔の缶へランクアップ!

万年壁に掛けて放置してますが、すこぶる強健で。
冬はかなり黄色っぽいしカワイイ。
ちなみに今年も1つだけ子株が採れた!

--

新幹線で地方駅から東京駅まで乗った後の在来線というか山手線の乗り換えシステムを理解出来たのは3回目でした・・・。
というか、アレ説明無いようなもんだし難しくない?
 
170424_142414_ed.jpg170122_141853_ed.jpg


PPK15-9-1
Echeveria
‘Shirayukihime’
x
pulidonis "green form" / "red edge" / "Zombie Toes"



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-11-11T003A033A16-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-11-11T003A033A16-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-11-11T003A033A16-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-21T003A253A08-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-21T003A253A08-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-07T003A303A17-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-11-16T233A023A25-1.jpg

初冬から春先くらいまではゴッツイキレイでしたが、まあ今はこんなもんですわ。
夏がこれまたブッサいんですわ。
でも寒い時期はめっちゃキレイ!

花咲いてるから花粉使ってみようかなあ。

http://1911.seesaa.net/article/415225316.html

これに掛ければシルエットも色づきもバランス良いんでないか。
しかし、エケベリアはもうちょっとモチベーションが低いです。
ステキなのは出来るだろうから頑張るか・・・。
花粉カッスカスだったりして。

--

東急渋谷駅のややこしさはなんとかならんのか・・・。
 
170317_143247_ed.jpg170317_143200_ed.jpg170201_145017_ed.jpg170201_144854_ed.jpg


Haworthia purpurea n.n.
H. cooperi 'pilifera' sensu Bayer
MH14-330-1 JDV94/50 Kirkwood



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-11-25T003A043A09-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-11-25T003A043A09-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-11-25T003A043A09-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-08-23T163A443A05-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-03-30T213A453A44-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-03-30T213A453A44-2.jpg

「あんまプルプってこねえな」とか思ってましたが、だいぶプルプってきました。
こんなん大好き。
成長は遅い!

--

今ウールってやっぱ暖かいなぁ、って思える場所にいます。
ウール凄いね。
 
170418_143555_ed.jpg170418_143507_ed.jpg170418_143454_ed.jpg


PPK14-6-1
Echeveria secunda (a.k.a. "SHICHIFUKUJIN") x ‘Blue Bird’



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-25T063A083A05-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-25T063A083A05-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-02-19T003A113A46-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-02-19T003A113A46-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-02-19T003A113A46-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-09-06T213A393A05-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-09-06T213A393A05-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-02T233A363A40-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-02T233A363A40-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-02T233A363A40-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-22T21:12:50-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-22T21:12:50-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-10-14T22:29:04-1.jpg

なんとなくプロトリーフの軽い粒の土で化粧してみる。

一番生長が早くて、どことなく青いツワワインススっぽいみたいな個体。
内向っぷりが強いのがカワイイかなと。
まあ夏はキャベツってくるんですが。
もう冬まで気まぐれに水やるくらいしかやることないかな・・・。

--

プロトリーフ 花と野菜の有機質培養土 25L
プロトリーフ 花と野菜の有機質培養土 25L

新しい土開発シリーズ。
で、買ってみました。
近所のHCで12リットルで800円、25リットルで1000円という値段だったので25いってやりましたよ。
近所なので担いで帰る。

さて、開封してみましたところ・・・うーん思ったよりかなり腐葉土が多い。
バーク系の堆肥もなんか未熟な感じ。
軽くふるってもみましたが、ちょっとハオルチアには使いたくないなあ・・・。
適当に赤玉混ぜてベンケイソウに使おう・・・。


やっぱ創和ちゃんだな。
完熟感あってめっちゃゴロゴロ。
Amazonの評価はアレですが、私は好きです!

創和 花と野菜の培養土 12L
創和 花と野菜の培養土 12L
 
170419_144141_ed.jpg170419_144216_ed.jpg170419_144419_ed.jpg


Haworthia cooperi var. gordoniana sensu Bayer
MBB6933 E of Humansdorp



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-04-12T013A183A52-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-6.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-7.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-8.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-9.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-10.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-09T18:27:04-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-09T18:27:05-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-11T21:38:36-1.jpg

相変わらずこいつぁホントに物凄い透明。
株の大きさが戻らないと窓のサイズというか葉っぱの太さとかカタチも戻らないか。
成長スピードは結構速いので楽しいもんです。

--

ブラックニッカ クロスオーバー 瓶 700ml
ブラックニッカ クロスオーバー 瓶 700ml


"ふたつの個性の衝突から生まれた、衝撃。
調和の概念を超えた、ブレンデッド。
華やかなシェリー樽モルトを追いかけるように、主張するヘビーピートモルト。
ふたつのキーモルトが奏でる、クロスオーバー。"

"ハードでありながら芳醇で豊かなコクが楽しめるウイスキーです。バニラを思わせる甘い香りと爽やかな樽香、モルトとピートの香りが全体を引き締めます。ヘビーピートならではのドライでスモーキーな味わいとシェリー樽原酒の熟した果実のような華やかで芳醇な味わい。モルトの豊かなコクがゆっくりと広がります。複雑で力強いピートの余韻が続きます。【テイスティングコメント】香り:バニラを思わせる甘く、軽快なウッディさ。モルティさとピート香が全体を引き締める。味わい:ドライでスモーキーなピートの味わいと熟した果実を連想させる華やかで芳醇な味わい。モルトの豊かなコクがゆっくりと広がる。余韻:複雑で力強いピートの余韻が続く。アルコール分43%"

だそうです。
竹鶴のグレーン入りみたいな?
2000円だと2本、あるいは3本いっちゃおうかなって気もしてきますね。
ブレンダーズスピリットは出来はかなり良かったですが、2本で5000円だと思うと若干しんどい。
3000円近いと「もうちっと出してモルトいこうかな」ってなる。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ