DVC00002.JPGDVC00003.JPGDVC00004.JPGDVC00005.JPG


Haworthia pilifera sensu Breuer
H. cooperi var. pilifera sensu Bayer
DMC07726 Huntsdrift



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-22T073A233A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-22T073A233A07-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-22T073A233A07-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-22T073A233A07-4.jpg


フモッサとの関連が気になるピリフ。
キレイに撮れたのでこっちにも記念に載せておこうかなと。

640x480 もそろそろアレかなと思って一部の画像は860x645にしてみてます。
・・・960x720 にしようとしてて間違いました・・・。
まあカメラの質的にはこれくらいのがイイか・・・。

--

今年も各地で色々災害やら何やらありまして。
「ここ送ったことあるけど大丈夫かな・・・」となることも。
先日また送る機会がありまして、「お元気そうかな?」とちょっとホッとしたり。
Latest Entries
 
161103_132302_ed.jpg161103_132342_ed.jpg161103_132437_ed.jpg


PPK15-9
Echeveria
‘Shirayukihime’
x
pulidonis "green form" / "red edge" / "Zombie Toes"
seedlings 2015.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-21T003A253A08-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-21T003A253A08-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-07T003A303A17-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-11-16T233A023A25-1.jpg

暑い時期はしょっぱい感じでしたが、夜肌寒くなったくらいの時期から一気に縁取りがキレイに。
個体差も分かりやすくなってきたし、なかなかテンション上がりますね。
葉先がピョン!となってきてるし。
来年はもっと良いはず!
結構丈夫で生長も早め。

--

ニッカのブレンダーズスピリット、結構美味いけどなんかよう分からんなと思ってたんですが栓開けてから少し経ったのをロックにしたら謳い文句のそれな感じなってかなりイイ感じになりました。
スゲー円い。
もうちびっとフルーティーさがあったら個人的に最高でした。
1本くらい買い足そうか・・・。
でも近所にブレンダーズスピリットと同じくらいの値段で復刻スーパーニッカ売ってるところあるんだよなあ・・・。
まだあるのかわかりませんが。

そういえば長野のサボタニも売ってるピザ屋さん(今年60周年)繋がりの方と「軽井沢12年とかいうのウチにあるけどあんま飲んでないから今度持ってきたるわ」というステキな取り決めがあるんですが、ブレンダーズスピリットもニッカの60周年記念ボトルだし持っていくにはうってつけかな。

ちなみに軽井沢12年というのは閉鎖された蒸留所のプレミア価格でオークションだと5万円くらいします・・・。
うおう!
長野で60周年祝いながら軽井沢12年とニッカの60周年記念ボトルをストーブの前で飲む・・・というのが今冬の目標。
ステキじゃないこれ?
 
161024_140327_ed.jpg161024_140341_ed.jpg


PPK15-1
Echeveria ‘Blue Bird’ x elegans ‘Albicans’ "alba"
seedlings 2015.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-30T213A373A58-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-11-19T233A423A57-1.jpg

夏前に贔屓したろうかと日当たりの良いとこに移したら焼け焦げor焼失しました・・・。
非常にテンション下がってます。
うべべべ。

これ系の贔屓したのはだいたい同じ目に。
真夏は動かさないほうがいいね。

--

先日小さめのダンボール箱山ほど抱えて、オマケにハーネス付きのネコを肩に載せて歩いてるおばちゃんと遭遇しまして。
歩かせたらいいじゃん・・・ていうかネコ留守番でいいじゃん・・・。
ただそのネコめっちゃ可愛かったです。
ここ数年で1番可愛いネコ。
めっちゃ可愛い。
 
161103_131834_ed.jpg161103_131914_ed.jpg161103_131151_ed.jpg161103_131501_ed.jpg


PPK14-7
xGraptoveria ‘Titubans’ x Echeveria purpusorum
seedlings 2014.




http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-07-10T153A153A08-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-07-10T153A153A08-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-06-01T013A213A44-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-24T20:24:19-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-09-24T06:17:33-1.jpg


なんだかんだ植え替えてたりして。
結構色々出る感じです。
下2枚は三色な感じで出たので並べて置いて楽しんでるヤツら。
赤・青・緑。
画像だとちょっと分かりにくいか。
シルエットもそこそこ似てます。
マンピンソーな感じでイイ感じです。
ただ、緑は冬は赤になりそう。

「薄目のヤマト感が石っぽい質感に見えて、ロゼットで茎立ちするヤツ」というのが一つの目標なんですがこの交配で達成出来そうかな?
どうだろう。

--

Intergeneric hybrid(属間雑種)のハナシ。

xGraptoveria ‘Titubans’ と Graptopetalum filiferum で交配した ‘Margarete Reppin’ も xGraptoveria 属扱いです。
グラプト:2 エケベ:1 の割合ですが、Graptopetalum 属と Echeveria 属からなる Bigeneric hybrid (2属間雑種)なのでそれで十分だと思います。
そんなワケで、この記事の苗も xGraptoveria 属ということで良いかなと。


xGraptoveria ‘Margarete Reppin’
http://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=63&aaID=2&aiID=M&aID=1897

*

ベンケイソウ科の Trigeneric hybrid (3属間雑種)で有効・記載済みなのは私が知ってる限りだと xPachevedum 属のみです。
Pachyphytum 属と Echeveria 属と Sedum 属。


GENUS xPachevedum
http://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=81&aaID=1&aiID=P&aID=1284


xPachevedum ‘Rays Comfit’
http://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=81&aaID=2&aiID=R&aID=1274


Pachyphytum oviferum x xSedeveria ‘Harry Butterfield’ だそうです。



他にも3属間にまたがる品種が載ってます。


‘Glow of Peony’
http://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=493&aaID=2&aiID=G&aID=5190


xGraptoveria ‘Titubans’ x xGraptosedum ‘California Sunset’ だそうです。
属名はさすがに未記載で見切り発車するのがアレなのか Multiple hybrid として扱われています。
ところで 夕映牡丹 と併記されていますが何なんでしょうか。
別名?
ちゃんと一種類に決めてどっちかを別名扱いにしてもらいたいところです。
漢字表記だけどこかのアジア人に直してもらったとかだと思いますが、欧米人からすると音声転写なのか翻訳なのか分からんから難しいだろうなあ。

仮に属名を考えるなら xGraptosedeveria ?
xSedeptoveria よりはプトセデベリアでしょう。
命名に制限とかあるのかな?
長さというか音節とか。

*

xGv. ‘Titubans’ x P. oviferum なんて組み合わせは比較的容易に作れると予想してますが、仮に属名付けるならどんなんだろう。

xEcheptophytum
xPachypetaria
xGraveriphytum

こんなとこかなあ。
あんまり複数の属にまたがると属名ナシの品種名のみになるんだったかな?
命名規約か何かに書いてあった気がするんですがどこに書いてあったか忘れました。
 
161103_130051_ed.jpg161103_130114_ed.jpg161103_130204_ed.jpg


PPK15-17
Echeveria purpusorum x elegans ‘Albicans’ "alba"
seedlings 2015.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-17T203A193A57-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-11-25T183A243A20-1.jpg


斑?っぽい豆苗は消えましたのでこれで全部、5株。
この組み合わせでもエッジがフリフリというかシャビシャビになる株とか出るんすねえ。
面白いです。
兄弟苗の形態とから見て種子の混入とか意図してない受粉という線は考え難いです。
そもそもウチにはフリフリになるような親株がないようなもんなんですが。

成長はのんびり気味ですが弱くはないです。
まあこんなもんだろう。
来年はそこそこ早いと思います。

実生苗リストに掲載するのを忘れていたのでプトベの後ろにくる番号になってもうた。

--

【数量限定】ブラックニッカ ブレンダーズ スピリット 瓶 700ml
【数量限定】ブラックニッカ ブレンダーズ スピリット 瓶 700ml

飲んだ飲んだ。
ブラックニッカスペシャル、復刻版ブラックニッカと一緒に。
トゲのない穏やかまったりピートな感じ。
ブラックニッカスペシャルとか復刻版ブラックニッカみたいなシェリー感は薄目なので個人的にはあんまりブラックニッカって感じではないです。
しかしスペシャルと飲み比べるとほんとアルコールのアタック感が少ないですね。
余韻も長い。
私はスペシャルのピリピリしつつもコクのある甘酸っぱい感は好きですが。

ブレンダーズスピリットうまい。
でも個人的に買いだめ出来る価格ではないんです・・・。
十分に1本取って置きたいレベルではありますが。
 
161101_141702_ed.jpg161101_141638_ed.jpg


Haworthia speciosa n.n.
H. cooperi sensu Bayer
IB6954 Old Thomas River Road



【speciosus】Meaning: Showy, spectacular

Thomas River 周辺の H. specksii 的なヤツ。
H. hogsia n.n. の仲間・・・らしいですが、うちのホグシャアは硬めのオブツーサライクな個体なのであまりそんな感じもせず。
まあ個体差を念頭に入れてみれば確かにそんな感じか。

なんか最近の動向からすると"H. specksii v. speciosa" みたいなコンビネーションになっちゃったりしそう。
一時期 H. specksii aff. とかで売ってたし。

--

亀田製菓 ぶこつ 19個 1袋
亀田製菓 ぶこつ 19個 1袋

ぶこつ。
これはもう超美味いです。
食べ始めるとマジで止まらなくなってすぐ一袋空けそうになるんで買わないです。
でも超美味いですよ。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)