IMG_6602.jpgIMG_6601.jpg


Haworthia batteniae
H. blackbeardiana aff. sensu Breuer
H. bolusii 'blackbeardiana' sensu Bayer
JDV91/102 Josefdal



Josefdale だったり Josefdeel だったり。
Breuer 氏の本だと Grid が 3026CC と Aliwal North
手前くらい東の場所が示されていますが、こうれはどうも間違いだそうです。
実際は Cradock のすぐ南で、完全にバッテニアエ。
見た目も完全にバッテニアエ。
またこっち系の草が個人的にちょっと流行ってきてます。
流行ったところでどうということもなく、買いたいときに買えるワケでもなく。
とりあえずさっさと生長してくれ。

--

チャチャッと軽く肉焼いて食いてえなあ…みたいなときってあるじゃないですか。
冷蔵庫に眠ってる焼き肉のタレ的なヤツで味付けることが多いと思いますが、正直ドレッシングで焼いたほうが美味いと思ってます。
ごまドレじゃなくて和風ドレッシングとか中華ドレッシング。
ドレッシングは軽く火を入れて使うと結構面白い調味料ですよ。
トリもブタの合うぜ。
ギュウはニンニクで食べたい…。
あまり買えないので。

ドレッシングと豚バラと中華麺で何か悪魔的な焼そばが作れるような気がしてます。
ドライつけめん…みたいな。

個人的に好きなチルド焼そばはマルちゃんの塩。
Instagram

Latest Entries
 
IMG_6488.jpgIMG_6489.jpg


Haworthia malvina
H. bolusii 'blackbeardiana' sensu Bayer
IB5672 E of Cathcart



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-03-17T043A463A11-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2018-03-17T043A463A11-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-10-16T003A183A07-1.JPG

結構動きは早いんですが、なかなか思ってる感じには育ってはくれませんなあ。
透明度は妙に高くなってきましたが。
丈夫なのは知ってるで辛いところに置いたのがあんまりよくないのかな?
冬は赤系。
ビナマルだからと言って紫一辺倒でもなく。

--

ジンは年に一本のつもりでしたが今年は二本目行くぜ。
暑いんじゃ。
スコッチは減りにくい。
 
IMG_6023.jpgIMG_6024.jpgIMG_6025.jpgIMG_6026.jpgIMG_6027.jpgIMG_6028.jpgIMG_6477.jpgIMG_6478.jpgIMG_6480.jpgIMG_6479.jpg


Haworthia rooibergensis
H. mucronata 'rooibergensis' sensu Bayer
Vanwyksdorp



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-18T003A183A05-1.JPG
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-18T003A183A05-2.JPG
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-13T223A433A08-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-08-26T003A083A37-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-05T17:32:30-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-05T17:32:30-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-06-04T22:38:46-1.jpg

去年の夏頃根っこ吹っ飛んだので据え置きサイズみたいな感じです。
うーんここからがなぁ・・・。
死んだりする系の弱さはないけど生長が遅い。
3号鉢いっぱいくらいまで大きくなるみたいですが、相当遮光して加湿しないとダメかな?

非常にキレイな感じなのですが、メチャ細かい上に透明感が強いんで撮影しにくく。
普段は面倒くさいのでテキトーに撮ってるだけなんですが、後半の画像はカメラ機能をちょいと使いこなしてみようかと努力してみたり。
お天気とか株の状態がいい感じならもう少し良い写真撮れそう。
繁殖に回したい気もしますが・・・どう斬るの。

−−

夜に28度とかはこれはもういかんでしょ…。
 
IMG_6464.jpgIMG_6465.jpgIMG_6463.jpg


Haworthia incrassa
H. decpiens var. incrassa sensu Breuer
H. decipiens 'scottiana' sensu Bayer
PVB7052 N of Redcliffe



スコッチ好きなんで。
ガブ飲みですよ。
意味は『厚くなった、肥厚した』

・・・とかいう割りに H. decipiens をペラーっと薄く柔らかにしたような個体が多い印象のインクラッサ。
この個体はいい意味でインクラッサ感薄いです。
インクラッサ感強いのも探し続ける意欲を掻き立ててくれます。
・・・え?

ちょっと傷んでるですが、気の引き締まる原動力となる透明感持ってます。
これが関東以南の地域で再現性や持続性があるとは思えないんですが、まあ関東には関東の草ハオ栽培があるってところを見せたろうかと。
アスファルトパワーで気温が15℃は違うぜ?
へへへ!




NE of Willowmore 。
ラベルは MBB7052 となっていましたが、本来は PVB7052 です。
本来の MBB7052 は H. cooperi 'gracilis', MBB7052 Helspoort です。
このアクロニム取り違えは恐らくセェラムでやらかしてるからだと思われます。
Breuer さんも PVB7052 と MBB7052 両方リストに載せちゃってるんで、途中からアレしたんでしょう。


Breuer さんは H. incrassaH. decipiens var. incrassa で、
H. ianthinaH. cyanea var. ianthina なんですよね。
言うほど違いある?みたいな。
H. toorisH. violetta 含めてこの辺りはオーバーラップ部分が多すぎて・・・。
まあそこが楽しいんですが。
H. harryi との関連性はとても高いです。


Helspoort のヤツ(MBB6614 とか MBB7052 とか)も数年ほど無いかなーと張ってますがまあほとんど見ないですね。
前はちょいちょい見たんですが・・・。
まあ個人的に流行ってるだけなんでこれはもうどうしようもない。

--

レッドクリフと言えば赤壁の戦い。
三国志は蒼天航路で陳宮が死ぬくらいまでの知識しかありません。
封神演義は全部読んだ。

蒼天航路 全18巻 完結コミックセット (講談社漫画文庫)
蒼天航路 全18巻 完結コミックセット (講談社漫画文庫)
 
IMG_6471.jpgIMG_6472.jpgIMG_6473.jpgIMG_6474.jpg


Haworthia cooperi sensu Breuer
IB18113 DMC12840 from Motherwell to Uitehage



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2018-03-01T203A233A09-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2018-03-01T203A233A09-2.jpg

意外性のカケラも無く、順当成長。
透明感は秋にはもうちょいイケるんじゃないでしょうか。
ウチはアホみたいに辛いから・・・。

やっぱ原生地よろしく、スタイネリとかサリナの影響がちょびっと見える尖り感。

--

去年くらいから年一でオオスズメバチを見かけるんですがアイツの威圧感はヤバイ。
今までビビってたスズメバチが中型種にすぎなかったというのが一目で分かるくらい。
たぶん近所に巣があるんだろうなぁ...。

なんかウシアブ?みたいなクソデカアブとかクソデカ蛾も見かけたし夏は嫌ですねぇ…。
セミもうるさいし。
なにがミ〜ンじゃコラ!
他に言えんのか!

そら毎日36℃とかだったらキレるっちゅーもんですよ。
 
IMG_6312.jpgIMG_6311.jpgIMG_6310.jpgIMG_4385.jpgIMG_4386.jpg


Haworthia tomei n.n.
H. cooperi 'gordoniana' sensu Bayer
MBB6810 N of Joubertina



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-11T193A103A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-18T223A383A57-1.jpg

6月下旬と4月下旬。
4月は急に日差しが強くなったり、昼夜の寒暖差が凄かったりでずいぶん赤くなってビビりましたが。
オークションとかでもやたら真っ赤にしたような株が出てたりして、さも赤くなるモノみたいな体裁になってることがありますが、ああいうのはほとんどがこじれかけてるだけです。
特にウンブラティコラとかピリフェラみたいなヤツ。

6月に入ると中心部は結構キテル感じ。
成株になると窓が大きくなるんですが、 外側をやらかし過ぎで映えず。
アレするか・・・。
でもアレすると完成させるのにまた3年は掛かる・・・。
素直に更新するの待つかどうするか・・・。

--

ついにタブレット買い替え。
Huawei M5。
Kirin960だ!
Android 4.2 からいっきに Android8.0です。
仰向けになって使おうとするとベゼルが小さいせいで端に手の平が干渉してまいますね…。
処理能力的には手持ちのiPhone7とどっこいくらいですが、Instagramなんかは最適化の分若干遅いかな…。
Googleのアプリは良いかも。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ