170902_120857_ed.jpg170902_120920_ed.jpg170902_120946_ed.jpg


Haworthia hastata
H. pringlei var. hastata sensu Breuer
H. bolusii 'pringlei' sensu Bayer
MBB6561 Baviaanskrans




http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-18T053A253A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-18T053A253A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-18T053A253A06-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-17T193A013A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-17T193A013A07-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-17T193A013A07-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-17T193A013A07-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-09-13T193A053A44-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-09-13T193A053A44-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-09-13T193A053A44-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-09-13T193A053A44-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-04-26T23:00:30-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-04-26T23:00:30-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-04-26T23:00:30-6.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-04-18T22:42:07-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2012-12-27T20:42:56-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2012-12-27T20:42:56-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2012-03-08T07:06:32-1.jpg

1個目のほう。
これもまたかなりの寒天質な窓でたいそうお気に入りの草です。

今年はフチで稼いでる4号鉢?みたいなヤツに植えてマックスサイズを目指しまして、こんな感じ。
デカイです。
温室無しならこれくらいが限界かな?
さすがに子吹きして歪んできました。
まあ、中苗くらいのほうが見ごろですかね。
この手のは葉っぱの枚数が多いと大味に見えます。
来年はまたお手頃サイズに切り戻すか。

--

seeesaa の新デザインシステム移行の上でのリニューアルをなんか色々とアレしてますが、記事そのものパーツがベースのHTMLと一体型で、複数使えないんでちょっと面倒です。
自由形式パーツとかだと使えない分岐タグとか変数が多い・・・。
まあ全部本体に記述してやれば良いんですが。

今使ってる画像ポップアップ用のモーダルウィンドウもスマホとかのデバイスのワイズだとあんましっくり来てない感じがあるんで新しいのに変えようかと思ってるんですが、アドレス部分一致で適用させられるプラグインって他にあるのかな?
というか、スクリプトを気持ちいじるくらいしか技術がないので自分で解決出来るのか・・・。
Instagram
Latest Entries
 
170902_120726_ed.jpg170902_120649_ed.jpg170902_120556_ed.jpg170902_120418_ed.jpg170902_120342_ed.jpg170902_120208_ed.jpg


Haworthia ‘Aoebis’ / ‘青恵比寿’



春に色んなハオに混じってデータ無しの黒ヒゲがありまして。
「これエビちゃんじゃね?」っていう感じだったので買っておきましたところ、やっぱりエビちゃんでした。
栽培品種としての ‘青恵比寿’ なら見た目で判断されるべきなんで、これはどう見ても ‘青恵比寿’だし、‘青恵比寿’。
不思議と FSA141 と MBB6556 で ‘青恵比寿’ になっている個体が確認されていますが、この辺のデータがついていても ‘青恵比寿’ っぽくない見た目なら ‘青恵比寿’ ではないというのが妥当です。
栽培品種としてなら。
バキバキのランダムな葉脈とちょいノギで太い葉に、強烈な寒天質の窓って感じです。

で、おそらく STC の培養ミューテーションか何かのようなので個体差があります。
(データ違いに関してはミスラベル?)
「どう見ても ‘青恵比寿’ ではあるが、個体差はある」という状況なのが ‘青恵比寿’ 。
だいたいは小さいうちは判別不能な感じ。
大きくなってくると葉っぱの最大サイズが違って、それに伴ってなのか窓の具合が違うような同じような。
ラメットは時折り見かけますが、枝変わりのクローンが何パターンくらいあるのか不明。

今回の個体も入手場所から考えると MBB6556 のウチにあるヤツのクローンである可能性が高いような気もしますが、同時期に STC から輸入されたまんまの個体かもしれないので、クローンではあっても培養ミューテーション違いの個体ではあるかもしれないです。
ややこしいな!
要は手持ち3パターン目の ‘青恵比寿’ かもしれないので楽しみだね、ってことです。
大きくなってのお楽しみ。

--

せっせとBLOG改装作業は進んでいるですが、AndroidのChromeでだけ不具合が!
なんだよそれー。

ついでにガラケーからiPhone7の機種変更予約したんでiOSとSafariでのチェックもする予定です
大丈夫かな?
動くかな?
在庫無しなんでまだ変更出来ないですが・・・。
ワシもiPhone8とかiPhoneXのA11チップでベンチマーク番長したいですが、iPhone7でも十二分だろ・・・。
正直、即売り払ってHUAWEIにでも買い代えるのがベストだと思うんですが、Apple系のOS手元に一回くらい置きたかったんですよね。

Android のタブレットももう古くてアレなんですが。
 
170908_125118_ed.jpg170908_125108_ed.jpg


Haworthia semiviva
H. bolusii var. semiviva sensu Breuer
MH05-165-1 Beaufort West



これも番号のみで、自生地の表記はなかったです。
まあ、 H. semiviva の TYPE LOCALITY の Beaufort West でしょうから補完させてもらいます。
Middelpos なら スピロ、Victoria West ならビクトリアになってるでしょうし。


http://www.ipni.org/ipni/idPlantNameSearch.do?id=536200-1&back_page=%2Fipni%2FeditAdvPlantNameSearch.do%3Ffind_infragenus%3D%26find_isAPNIRecord%3Dtrue%26find_geoUnit%3D%26find_includePublicationAuthors%3Dtrue%26find_addedSince%3D%26find_family%3D%26find_genus%3D%26find_sortByFamily%3Dtrue%26find_isGCIRecord%3Dtrue%26find_infrafamily%3D%26find_rankToReturn%3Dall%26find_publicationTitle%3D%26find_authorAbbrev%3D%26find_infraspecies%3D%26find_includeBasionymAuthors%3Dtrue%26find_modifiedSince%3D%26find_isIKRecord%3Dtrue%26find_species%3Dsemiviva%26output_format%3Dnormal

現状、Breuer さんだけ H. blousii の変種扱いに戻してるという引っ掛け問題。


しばらく新開発してみたガラガラ用土に植えてたんですが、なんかサッパリ動いてる感じがしなかったので、先日いつものに土に変えました。
スピロは夏に腐っちゃった・・・。
とてもショック。

--

遺伝の優性・劣性が誤解を生みやすいので、顕性・潜性という言葉に変えようとしているとかなんとか。
ワケの分からない言葉狩りも多いですけど、これについては確かにこのほうが適切な感じですね。
 
170908_111253_ed.jpg170908_111239_ed.jpg


PPK14-3-1
Echeveria ‘Derenceana’ x purpusorum



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-3.jpg

石みたいな質感のエケベリアは前から目標だったのでコレなんかは結構お気に入りです。
ギシマ感もちょっとある。

今年も夏にちょっと変形した葉っぱが出てしまったのが残念ですが・・・。
環境的に梅雨前から水切りまくらざるをえないからかな?

気まぐれ子吹きで一個予備が出来てますが、どうしよう。
しばらく置いておこうか。

--

先日片手の指先が痺れまして。
人差し指の腹辺りを中心に、親指と中指も違和感が。
単純な痛みというより、痺れて痛い感じなのがえらい怖い。
神経とかそっち系じゃないですか・・・。
下手したら脳?
しかも3日くらいしても症状改善せず・・・。
これはヤバいかもしれない・・・。

で、4日目にあっさりほぼ回復。
どうもただの腱鞘炎か何かだったみたいです・・・。
そういやここのところメチャメチャPC作業でマウス使ってたなからなぁ。
もっと腱鞘炎って筋肉痛的な感じかと思ってたんですが全然違いましたね。
いやまあ、医者行ったワケじゃないんで勝手に腱鞘炎だと判断してるだけなんですが。
まあ治ればなんでもいいっす。
 
170902_115716_ed.jpg170902_115654_ed.jpg170902_115740_ed.jpg


Haworthia cooperi var. gordoniana sensu Bayer
MBB6933 E of Humansdorp



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-29T173A053A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-29T173A053A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-29T173A053A06-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-04-12T013A183A52-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-6.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-7.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-8.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-9.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-05-14T213A543A00-10.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-09T18:27:04-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-01-09T18:27:05-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-12-11T21:38:36-1.jpg

これは外野手育成。
このレベルの個体をもう一回手に入れるのは相当難しいと思うので、いくらか場所を変えてリスク分散させてます。

ヒドイ天気の夏だったので水もやれずにあまり生長してませんが、最低気温が20度前後くらいになるとそこそこ調子も良く。
バキンバキンに透明ですよ。
去年は冬越しは室内でしたが、外で越せるかな?

--

ホーザン(HOZAN) パーツクリップ ロック機能付き ペットの耳の毛抜きや手芸、裁縫に ・P-843
ホーザン(HOZAN) パーツクリップ ロック機能付き ペットの耳の毛抜きや手芸、裁縫に ・P-843

先日、ついに鉗子ちゃんを買いまして。
これでもうピンセットじゃ固くて取れない枯れ葉もバシッとむしれますよ。
スカッとしますね。
枯れ葉取り、好きなんで・・・。
もっと早く買っておけばよかった。


オルファ(OLFA) アートナイフプロ 157B 直線刃5枚入セット
オルファ(OLFA) アートナイフプロ 157B 直線刃5枚入セット

冬くらいからいつもの小さめナイフ以外に、デザインナイフも使ってみてますがこれはすごく便利です。
刃がすごく薄いので、葉とかの隙間に入れやすいです。
小さなカキコとかしやすい。
ただ、切れ味がすごいので気を付けないと切りすぎます。
メスなんかでも良いかと思います。
 
160423_140858_ed.jpg140524_122403_ed.jpg140524_122427_ed.jpg

今年は新たな挑戦!・・・ということで完全LED化に挑戦してみました。

結果!惨敗・・・!
完全敗北です。
ちょこっとは生えましたが、まあ及第点には遠く及びませんでした。

具体的には苔&藻地獄・・・!
画像ナシなのはドブ池状態で汚いからです。
いやぁ、もう参ったね。
アレです、全く掃除してない水槽みたいになりました。
土は熱湯消毒して、水も湯冷まし、カビ対策に水溶性の殺菌剤を使用したんですが、苔&藻が防げなかったと。
そういう感じです。

一応、いくらか発芽したんですが、そいつらもLEDはろくに育ってる感もなく。
白くなって死ぬ芽が出てきたんでギブアップして例年通りの通常日光栽培に切り替えました。
敗北です。
太陽当てたら例年通り成長。
照明の熱が無くなったのと、涼しい時期があったので発芽もまあそれなりに。

リベンジするなら発芽が揃ってある程度のサイズになってからのLED切り替えですが、その頃には腰水も要らないワケでベンケイソウ科の実生なら外に放置で問題無いワケでして。
真冬?
どうなんでしょう。
徒長祭な予感がしますが。


腰水+LEDは苔&藻の対策が必須だと思います。
これを解決するには土を代えるか、殺藻剤みたいのを使うしかないかな?
殺藻剤だと発芽に悪影響あるとしか思えないので土を代えるしかない。
具体的にはバーミキュライト等。

ただ、用土をバーミキュライトのようなモノに代えたとしても「沸騰後冷ました水道水で苔や藻が生えないか?」というところが懸念されます。
一応、腰水でないハオルシアの実生には苔や藻、カビの類はほとんど生えませんでした。
通常の培養土のほうに苔や藻の元が潜んでいる可能性が高いと踏んではいますが、それだと水槽に藻が生えるのも・・・?

とりあえず、ベンケイソウの実生は日光に限るという感じです。
そんなワケで今年の実生は少なくなる予定です・・・。
まあ、スペースのやりくりが実質破綻状態だったんでしゃーないか、という感じではありますが。
はぁ。

秋のハオルシア実生は春までLED使用の予定です。
真冬はまあまあ効果的だと思いますが、去年の感触だととても難しいです・・・。
慣れてる方法があるならそれにしたほうが無難だと思います。
LED導入はミドルコスト・ハイリスク・ローリターンという印象です。
やっぱり植物は土と太陽、そんな感じですよ。

投資が勿体ないんでもう少し実験してみますけどね・・・。
ただ、LED設置スペースと日当たりクソな窓辺で比較しても間違いなく後者のほうがマシです。
これはマジ。
それくらい太陽さんは偉大です。

--

体調がなんか疲れてるかな?ってときにはニンニクを2カケくらい食べるようにしてみてます。
いつもは自家製のアラビアータがほとんどですが、今回はインスタントの坦々麺(中華三昧)に。
辛ウマでコクがある坦々麺なんだからニンニクも合うに決まってるじゃん!って前から何と無く思ってたんで。
すりおろし投入ではなく、消化とスープストックの兼ね合いから少なめの油で炒めてから水で軽く煮込む方式。
他の具材は定番のネギ、京都の半分ピーマンみたいな唐辛子、イノシン酸補強用のハム。

結果から言いますと、『味噌ラーメン』になってしまいました!
たぶん、言われないと坦々麺がベースになってるとは分からないレベルで味噌ラーメン!
濃いめの味噌ラーメン!
驚きです。
ゴマの香りが完全に負けている一方、コクが残っているせいでそう感じるようです。
面白いですね。
美味いけど違う!

坦々麺にニンニク入れるならちょっと工夫しないとダメでしょうな。
量が普通ならゴマが殺されないラインもあるのかも。

しかしまあ似たような作り方したのに完全にオリジナルそのままみたいな印象だったYumyumはどんだけ香りが強いんだ・・・。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ