IMG_4831.jpgIMG_4832.jpg


Haworthia hogsia n.n.
H. cooperi var. cooperi sensu Bayer
JDV91/82 Hogsback



2個体目。
前から持ってるのよりオブツーサ感が少な目です。
ちょっと H. elegans っぽいようなそうでもないようなくらいの草感。
H. joeyae の系統・・・はちょっと違うか?
皮はこれも硬いです。
こいつも丈夫そうだぜ。

--

濃縮麺つゆというのはそのまま水で割ってもなんか美味しくないです。
なんか辛いというか一体感がないというか、丁度よい良い麺つゆではなく、薄まった濃縮麺つゆというか。
まんまですね。
用語的には水あたりがどうこうというみたいです。
解決策は薄めて沸騰手前くらいまでは沸かして、冷ます。
ベストは出汁とって酒やらみりんやら砂糖やらで調整して冷ます。
ただこんなん冷えるまで食べれないので不便です。

ところで酒、特に日本酒というのは振る=シェイクすると味が変わります。
明らかにちょっと丸く、柔らかくなります。
これは水分子とアルコールの結び付き具合が、撹拌によってなんとかかんとか。
ひねたスコッチなんかでも空気と撹拌するとかなりマシになります。
まあ飲みきる前に酸化や劣化になりそうなならやめたほうがいいですが。

個人的に麺つゆの「水あたり」という現象も、水分子の結合具合的なアレではないかと推測しまして。
実際に適当濃度に薄めてから、ガッツリシェイクしてみました。
めちゃくちゃ泡立ちましたが、すぐに治まる。
味はというとなんか一体感がある気がします!
どうなんでしょう、理論大当たりでしょうか。
それか空気と混ざるから?
軽く味見したあとすぐおろしショウガの小袋を投入してしまったのでよくわかりませんが。

ストレートタイプもありますけどねアレも振ったほうがいいのかな?
Instagram

Latest Entries
 
IMG_4512.jpgIMG_4513.jpg


Haworthia hogsia n.n.
H. cooperi var. cooperi sensu Bayer
JDV91/82 Hogsback



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-12T203A463A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-12T203A463A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-12T203A463A06-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-10-12T203A463A06-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-09-22T21:19:30-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2013-11-11T20:07:28-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2013-05-02T22:58:38-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2013-05-02T22:58:38-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2012-03-22T21:06:21-1.jpg

非常に成長早いです。
と言っても半年ちょいも経ってますか。
まあある程度までは倍々ゲームな感じで大きくなりますから今夏はもっと早い!

--

なんかもう暑いので冷たい麺類くらいしか食いたくない日が多いです。
精神的に食欲減退する体質でもありますので、なんかもう朝から夜まで無糖カフェオレしか飲んでないような日も多く。
そんなことはどうでもいいんですが、素麺ないしザルうどんですよ。
麺つゆ、ネギ。
こいつらがおらんとアレですが、ネギは切るのが面倒だとスタメンを外れます。
煎り胡麻、胡麻油、気まぐれにサラダ油。
この辺はベタ。
おろしショウガ。
刺身コーナーとかに小分けで貰える!
温泉卵。
賞味期限も長い!

・・・うーんもう手札がない。
なんかいいのないっすかね。

おろしニンニクはどうなんだ。
ワサビも行けるか。
七味とか山椒もあるか。
オリーブオイルも試そう。
ラー油は?
 
IMG_4352.jpgIMG_4353.jpg


Haworthia initia n.n.
H. cooperi "minima/tenera" sensu Bayer
JIL405 Hunt's Drift, SW of Peddie, N2



http://haworthia-gasteria.blogspot.jp/2012/02/haworthia-tenera.html

M. Suesser の実生・・・のカキコ。
ラベルは JIL0405 になってましたが例によって JIL405 でないと引っかからないです。

色合いも皮もうすーい感じで繊細そう。
H. cummingii と違ってホンワリ柔らかいです。
でもまあ丈夫なんだろうなあ。
ミンギーさんはとても好きな植物なんで、関連してそうなヤツらももう少し手元に置いてみたい気がしてきました。


H. tenera そのものの自生地は Fish River って思ってましたが Pluto's Vale ?

Plutosvale (3326BA)
Hunt's Drift (3326BB)
Tyefu, E. Committees Drift (3326BB)

うーん。
よくわかりませんが Addo から遠いほうが進化してるんだろうなって。
ちなみに Breuer さんも H. initia は使うみたいですが、本とサイトで一致しないことはよくありますんでなんともです。

--

最近はもうめっきりポリ。
ポリポリ。
蘭鉢とポリで同じ苗を一緒育てたらポリのが全然調子良かったんで…。
しかも省スペース。
そんなわけで各サイズのポリを一通り揃えました。
ハオルッチャ専ならロングポリは結構イケますよ。
土減らせば使用感そんな変わらないですし。
根っこのパンパン具合とかも感触で分かるし。
撮影するとき見栄えが悪いのでそういうときはプラ鉢かぶせるか・・・。
メンドイですね。
あと敷き詰めるかトレーがないと自立具合は危なっかしいです。

最近流行り(?)の硬質ポリポットは私にはちょっと深すぎます。
穴もデカイし。
硬質ポリっていうか薄いプラ鉢っすね。
まあ買ってるうちに数が溜まってきたんで今度試してみるのもアリかな。

プレステラが流行ったり何気に資材の移り変わりも早いですね。

硬質ポリポット 角型 8cm深 100個 黒 洋蘭 雪割草 山野草
硬質ポリポット 角型 8cm深 100個 黒 洋蘭 雪割草 山野草
 
IMG_4499.jpgIMG_4500.jpgIMG_4501.jpg


PPK14-3-1
Echeveria ‘Derenceana’ x purpusorum



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-09-16T213A503A05-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-09-16T213A503A05-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2017-03-24T003A043A08-3.jpg

サイズ感が結構デカいです。
成長期はヒンヤリした感じの石ベリアな感じでしたが、今の時期はアースカラーな無骨ベリアという感じ。
うーんいいなぁこれも。

これはたまたま子株が一個だけ出たことがあるんですがあれから2年くらい出ませんね。

--

このサイズ(3号はみだし)のエケベは平鉢に植えたいんですがいい感じのセラアートくらい・・・。
でも所沢に売ってない・・・。
結局大きめのスリット買いました。
エッジが鋭い鉢は葉っぱ食い込んだとき傷になるんであんま好きじゃなくなってきたんですが、値段がね…。
有り余ってる普通の黒のプラ鉢も使ってみると割りといいんですけどね。
トップヘビーなので枠がないとコケやすいですが。
 
IMG_4492.jpgIMG_4493.jpgIMG_4494.jpg


PPK14-2-2
Echeveria purpusorum x ‘Derenceana’



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-21T213A033A09-5.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-12-20T033A133A54-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-12-20T033A133A54-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-12-20T033A133A54-3.jpg

これも季節によってずいぶん色が変わります。
黒っぽい紫系から赤茶色まで。
成長期のほうがダークなカラーリングで艶があってテカってるので通念面白い感じ。

ついでに一カ所謎の色抜けが起きました。
たまにありますが、斑ではないのでたぶんチリチリ系のモンストじゃないかと思います。
撫でると少し凹んでます。
柔らかい肌質の種類でこれが全体的に入っていると絞ったような質感になるんだろうなあと。

こういうのは外側まで来たら葉挿しして固定出来るかチャレンジしてみるといいんでしょうけどね…。
ハクホーのラッパモンストも結局放置して葉っぱしぼんで9もうた。

--

どの業界にも「他人にの評価なんてどうでも良い。むしろ自身の収集物が他人に評されることすら腹立たしい。」という人から「誰かが評価したモノしか認めない。人気こそ正義。」な人、色んな人がいますね。
偏屈なコレクターから流行の消費者まで色々です。
趣味のコレクションならお互いのそれぞれ個人の価値観のモノサシでしばき合うのが楽しいんじゃあないかと思うんですが、意外とそうでもないっぽいです。
でも食べ物飲み物は一般評価が高いものってやっぱいいモノが多い気がするなぁ…。
好みと質は別ってこと?
 
IMG_4495.jpgIMG_4496.jpgIMG_4497.jpgIMG_4498.jpg


PPK14-4-1
Echeveria ‘Lola’ x purpusorum



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-23T223A193A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-08-23T223A193A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-3.jpg

とてもお気に入り。
時期によってかなり色とか質感が変わります。
生で見ないとアレかも。
まあ好みなんて人それぞれだと思います。

とりあえず交配に使ってみてはいますが…エケベリアはもう引退するつもりなんで気力的に蒔くとこまでいけるかな?

--

観葉植物の価値というのは個人的には以下の3つの要素で決まるような気がしています。

1、本質的な観賞価値
2、希少性による価値
3、付加価値(通俗的な意味で)

1は主観に依る部分が大半なので何とも言えない部分が多いと思いますが、これを備えるものを新たに発見したり作り出すのはとても時間が掛かる。
2は相対性が強くて、1にも3にも引っ張られがち。
3は演出するのは他と比べたら圧倒的に簡単なので・・・まぁ。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ