170317_134044_ed.jpg170317_134106_ed.jpg


Haworthia spheroidea n.n.
H. semiviva sensu Bayer
SE of Middelpos ex STC



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-11-03T06:17:30-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-11-03T06:17:30-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2012-09-02T21:52:28-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2012-09-02T21:53:07-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2011-10-31T23:04:35-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2011-04-25T21:49:30-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-11-21T21:55:45-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-07-07T20:38:40-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2009-12-06T20:51:47-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2009-10-18T16:44:56-1.jpg

取っておいたチャイチー苗。
外野でずっとsemiにvivaってたのを冬にしょっぴいてきました。
やっぱハオルチアは手を掛ければそれなりに応えるなあ。
また繁殖するにしても相当先だね・・・。
Villa Rosa って地名じゃないの?

--

私の現在の本気用ハオルッチャ用土は我ながらかなり良い感じなのですが、作るのがクソ大変です。
創和の土を荒くふるってそこに赤玉やらゴールデンやら軽石みたいのをふるったもので調整するんで、めっちゃガラガラです。
残ったのは微塵を抜いてベンケーソーとかに。

ただ、ベンケー用土が本気ハオ用土の3倍くらい出来てしまうのと、手間がハンパじゃないのでなんかもう改善したいです。
2.5号ラン鉢以下にザクザク使えるハオ用土を開発したい。
まあ別にベンケー用土も普通にハオルチアに使ってて、モノに依っては本気ハオ用土よりモリモリだったりするんでアレですが・・・。

とにかく楽で安いガラガラハオ用土をこさえたい。

プロトリーフ 粒状かる〜い培養土
http://tsuchi.blog.protoleaf.com/2017/02/02/%e3%80%90%e5%95%86%e5%93%81%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%80%80%e3%81%9d%e3%81%ae74%e3%80%91%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%80%80%e7%b2%92%e7%8a%b6%e3%81%8b%e3%82%8b%ef%bd%9e%e3%81%84/

で、最近こんなんが発売されたみたいで。
これは12リッターくらいでも700円くらい。
うーん、まあ安さはアレですがまあ許容範囲。
市販サボテン用土とかに比べたらだいぶ割安。

売り場の透明部分から覗いてもなんかよくわからなかったんで買わなかったんですが、この画像を見るとけっこうイイんじゃないコレ?
安くなった10リッター300円代になってるゴールデンとかで多少調節すればかなりイケそう。
・・・結局調節すんのか。
とりあえずストレートで試してみますか。
石多いのがやや気になりますが。
Latest Entries
 
170317_142930_ed.jpg170317_142759_ed.jpg


Haworthia caerulea
H. cooperi var. gracilis sensu Bayer
MBB6614 Helspoort



カエルレア!ケルレア!セルリア!
Bayer さんは H. cooperi var. gracilis の type locality を Helspoort としてるけどそれは具体的な産地がナントカカントカらしいです。
まあ素人目にも Bayer さんの H. cooperi var. gracilis というのはガバガバすぎてよくわからんのでもうその辺はいいです。
ちなみに Breuer さんは H. pallensH. caerulea var. pallens にしてる・・・。

とにかく H. caerulea というのは個人的な収集対象にはなってた草で、前はたまに見かけたんですが最近はサッパリです。
「良い個体が欲しいんじゃ!」と粘るもクソもなく全然見かけない。

http://haworthiaupdates.org/chapter-8-ecotypes-in-haworthia/fig-02-mbb7053-h-gracilis-var-gracilis-helspoort-nw-gahamstown/
http://haworthia.ldblog.jp/archives/27024396.html

こんなんが欲しい。
とにかく1本くらい手元に置いてみようってことで、前日ようやっと1株。
また見かけたら買おう。
H. tenera とか H. cummingii とアレらしいですが、まだよくわかんないです。
ついでに H. cummingii も収集対象。
斑入りのオブツーサとはどうでもいいんです。
小奇麗な青物の草がよいんです。
カレーだって欧風のビーフカレーよりチキンなインドカレーがよいんです。
スコッチは・・・別にシングルモルトじゃなくたって日本のブレンデッドでもなんでもいいや。

--

チクワの磯辺揚げを作ってましてね、粉のほうが余ったんですよ。
とりあえずハムがあったんで磯辺揚げにしたりました。
なんていうか駄菓子みたいな味でしたね。
すっげえジャンクな味。
ハムカツもたいがいですけどハム磯辺はなんかもうひどいです。
今日はエイプリルフールですが、コレはマジです。
嘘じゃないんです。
 
170319_142700_ed.jpg170317_134618_ed.jpg170318_132927_ed.jpg


Haworthia ionandra x heroldia
seedlings 2016.



秋ごろ蒔いて、12月初めくらいの様子
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-07T083A053A11-1.jpg


ママナンドラ
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-6.jpg

パパルディア
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-06-19T00:12:46-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2012-05-01T20:33:52-1.jpg

べーやー的には H. gordoniana x outeniquensis
だいぶ硬くて窓のある葉っぱが見えてきました。
クリスちゃんっぽくなるかな?
ママナンドラが透明度は元より、思ってたよりかなり太くて大型な窓になってくれて良かったです。
都合上寒波以降ガチ栽培じゃなくて室内に放置してただけなんですがまあイイカンジ。
植え替えて外野コンバートしたんで梅雨以降はモリモリ仕上がるぜ!

--

先日屋外のハオケースのうちの1つの蓋がチビ蜘蛛まみれになってた!
100匹くらい。
なんか孵化した?
結構かわいいです。
1cmまでなら蜘蛛はかわいい。

なんかビニールの隙間に迷い混んでてかわいそうだし、糸ツーッなのでそこら辺に散らしておきました。
・・・後日近くのエケベリアが繭状態になってました。

青にーららるー↑ららるー↓
染まる恋し繭玉ー
揚羽の蝶になるぅー

・・・ならねえよ。
 
170318_134550_ed.jpg170318_134605_ed.jpg170318_134715_ed.jpg


PPK09-1-1
Graptopetalum paraguayense x Echeveria lilacina



これ
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-08-17T233A203A32-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-08-17T233A203A32-3.jpg

ごっつええプトでめちゃお気に入りですが、あまり人気はないアレです。
そんなことはどうでも良く。
「そろそろ春めいてきたか?プトにも水くれてやらあな!」・・・な時期に水やりした数日後です。
バラバラになってるじゃあありませんか!
おお、もう・・・。
真夏とか梅雨なら、まあ分かりますよ。
でもそんなんでアレするような軟弱プトでもないんですが。
まあとにかくこの時期のバラバラは初めて。
これはおかしい。

画像をよく見てもらいたいんですが、葉っぱの付け根に光る雫があるじゃないですか。
「はいはい、腐った葉っぱから噴き出す水分ね」と思ったんですが、なんか粘度が高い?
というか蜜に見える。
で、恐る恐る舐めてみたら・・・・・・マジで蜜でした。
めっちゃ甘い。
何だコレは・・・。
砂になるとか海水に近い成分のオレンジジュースになるとか塩の柱になるとかクルクル回りすぎてバターになっちゃうとか色んな末路がありますが、蜜を噴き出して逝くっていうのは初めてだよ・・・。

一体全体どういう現象なんでしょうか。

・養分多めの土でトマト缶植え
・真冬は萎んだりするので去年から水を切ってた

状況はこんなもんです。
普通です・・・。

んー、もうわからん!
ガッツリ糖分ため込んで濃ゆくなったところにひっさびさの水分やってきてなんかもう体液濃くなりすぎておかしなことになったんでしょうか。
そんくらいしか思いつきませんよ。
ベンケイソウの葉っぱって甘いの?
CAM型の酸で酸っぱいと思ってたんですが・・・。
冬は甘い?
野菜かテメーは!

困ったことに同じ状況で水やりしてないだけの鉢がもう一個あるんすよねえ・・・。
どうしようもう・・・。
親株サイズ2つ潰れられるとしんどいです。

--

タブレットのタッチパネルがゴーストタップだらけだったりタップ出来ない部分とか出て来たり。
もうダメかなと思ったんですが、パカッと開いてちょいちょいっと液晶から伸びてるペラペラケーブルを挿し直したら快調なんのその。
もうちょっとイケる!
2012年レベルの端末だけど。
 
170317_133634_ed.jpg


Haworthia harryi
H. cooperi var. gordoniana sensu Bayer
JDV90/80 Uniondale Poort



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-04T073A163A05-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-10-07T19:02:31-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2009-07-05T17:48:31-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-08-01T19:20:01-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-08-01T19:21:03-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-03-16T17:29:46-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-10-10T13:41:19-1.JPG
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-06-15T20:56:26-1.JPG
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-04-02T17:07:11-1.JPG

ようやっとそれらしくなってきました。
今となってはレアっぽい個体だ。
どことなく H. ionandra に近い感じの雰囲気ですが、やっぱ H. harryi なんで硬めでグレーっぽいというか銀色掛かった肌と窓の質感です。
今年はそこそこのサイズまで復元出来るといいなあ。
完成は来年くらい?

--

ラテスピxクリスは十分に採取出来そうです。
‘村雨’ xクリスも結構採れそう。
ゴリゴリのカリンカリンで来いっ!

あとは秘蔵っ子x秘蔵っ子の交配・・・はまだどっちも花芽が伸びてないです。
これはねえ、世界一美しい植物狙えますよ!・・・という意気込み。
どうなんのかなあ。
 
170311_130011_ed.jpg170311_125955_ed.jpg170311_130040_ed.jpg


PPK14-3-1
Echeveria ‘Derenceana’ x purpusorum
seedling 2014.



ちょっと夏に荒れた形跡が。
一番白っぽい色味でダルマ葉っぽいシルエット・・・のみたいです。
何ていうかコメントしにくい。
ピカピカの石みたいな色質感でソリッドシャープな感じというか。
「ヒアリナと交配したんだよ」って言われたらまったく分からない感じのロゼット感。
まあ、こんなん好きですね。

--

今年はベンケイ実生モチベーションはかなり低かったですが、ザラゴッサ流しでいくことにしました。
メインはお得意の‘ローラ’ちゃんですが。
エレガンス掛かった個体とかにも掛ける予定なのでおもろいと思います。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)