170130_135503_ed.jpg


Haworthia lapis aff. sensu Breuer
H. aristata to H. cooperi var. gordoniana sensu Bayer
JDV91/115 Sundays River Poort



http://haworthiaupdates.org/volume-1-chapter-1-haworthia-gracilis-h-cymbiformis-and-h-cooperi-in-the-greater-baviaanskloof-area/

セヘラムのリストだと H. cooperi cf. 'transiens' になってます。
なんかもうよくわかりませんが Sundays River なんで H. calva (H. venetia var. calva sensu Breuer) じゃあないかと思いますが。
IB18215 を見てみるとなかなかソックリ。
H. calva てっていうと MBB6904 Wilgerfontein, W of Kaboega のヤツのほうが流通量は多いでしょうか。
まだチャイチーだけどどうなってくるかな?

H. calva って Hankey からは遠いし H. venetia とはだいぶ違うような気がしますが・・・。
H. lapis からノギの少ない方向性にいった仲間とか?

--

そんなワケでちょっと山椒掛けまくってみたくなってきたので、掛けまくってます。
七味とブラックペッパーは飽きてきた。
本命はチルドのタンタンメンですが、とりあえず目玉焼きとかゆで卵に山椒を掛けてみる。
なかなかアリです。

とりあえず掛けまくってますが、思ってたよりなんかちょっと柑橘系っぽい風味が強いなあ。
山椒ってこんなんだったっけ。
もっと強いっていう花椒を買えば良かったかなあ。
麻(マー)の辛さが欲しかってん!
スパイス買ってみると食べ飽きてたヤツも楽しめていいなあ。
Latest Entries
 
170202_105657_ed.jpg170202_105709_ed.jpg170202_105728_ed.jpg170202_105744_ed.jpg


PPK15-5-1
Echeveria ‘Derenceana’ x ‘Shirayukihime’
seedling 2015.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-07-05T233A033A33-1.jpg
ちゃいちーな方は枯れた

青葉と斑入りの2頭だからか丈夫です。
テキトーに外に放ってありますが、まあ別にどうってことなく。

クローンは同一ナンバーが前提としてますが、こういうのは切り離したら【PPK15-5-1】と【PPK15-5-1 variegated】で管理するのが妥当だと思ってます。
せっかちさんは斑入りのほうにせっせと命名するんでしょうが・・・。
本来はせいぜい数本は繁殖に成功してないと品種とは言えないです。
もちろん有効な発表どうこうを置いておいてのハナシ。

--

長らくメモリ4GのPCを使ってましたが、いい加減「メモリ足んねーぞ」のアラートにうんざりしてきたので増設しました。
カツカツに使ってるところにセキュリティソフトとかのアップデートが入るとクラッシュするし。

4+4で8G(8G使えるとは言っていない)。
PCの中身を弄るのには結構ビビってたんですが、よく書かれているようにただ挿して終わりでした。
まあ規格とか多少調べないとアレなんですが・・・。
ついでにホコリまみれだったCPUファンもガッツリ掃除できて静かになったし満足です。
これでabemaTV流しながらストリートビューとかも見れちゃうぞ!
中古のリファビッシュ品、送料いれて3000円でこれなら最高だ!

今度はアイビーブリッヂのセロリン君がボトルネックです。
SSD換装もタイミングを逃した感。
 
161217_140108_ed.jpg


Haworthia venetia
H. cooperi 'gracilis' sensu Bayer
FSA192 2km E of Hankey



ベネチア。
ヴェネティア。
Breuer さんは H. calvaH. jeffreisH. teresH. venetia の変種にコンバートしました。

Bayer さんはよくわかりませんが、H. caeruleaH. cooperi var. gracilis にして、H. venetiaH. cooperi var. gordoniana にするのかな?
結構前は H. gracilis var. gracilis だった。

http://haworthiaupdates.org/species-list/

よくわかんねえがとにかく H. venetia だ!
どんな感じに育つかな?

--

先日ピザを焼いて食べるという機会がありまして。
チーズの種類とか、具材のアレもあってちょっとしょっぱいに偏りすぎというか。
で、リンゴ齧りながら食ってみるとちょうど良い。
乗せて焼いてみても良い感じ。
甘みは元よりフルーツの爽やかな香りとかも加わってなんかすごい美味い。
トマトソースとハーブのジューシー感とはまたちょっと違ったウェット感がピザ生地に合ってるんじゃねこれ?
カレーにもチャツネとかあるし。

でもベロベロだったのでその補正があったのかも、と思いこの前たまに作ってるアラビアータにおろしリンゴをぶち込んでみることに。
多めにいくぜ!
結果は・・・うーんめっちゃマイルドになってしまいました。
入れすぎ。
適量にすれば白ワインとかそれ系の酒を足したような風味に近い効果がある感じです。
繊維っぽさが増したので麺との絡みは良くなりました。

量とか加熱具合を調整すればエステリーな食い物が作れるかもしれないのでまた実験してみよう!
今年の食い物のテーマはエステリーとスパイシー。
 
170126_124040_ed.jpg170126_124028_ed.jpg170126_124109_ed.jpg


PPK14-4-2
Echeveria ‘Lola’ x purpusorum
seedlings 2014.



「‘Ben Badis’ の発展型が作りてえなあ」で出来たそれっぽいヤツ。
こいつぁいけるぜ!
たぶん3月近くはもっと白っぽくなります。

--

カールの「うすあじ」って「だし」とか「わふう」じゃなくてなんで「うすあじ」なんだろう。
ポテトチップスの薄塩の購買層を意識してるとかかな。
 
170126_131106_ed.jpg170126_102242_ed.jpg


Haworthia mucronata
Groenfontein



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-01T013A553A16-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-01T013A553A16-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-01-03T173A233A26-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-01-03T173A233A26-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-01-03T173A233A26-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-01-03T173A233A26-4.jpg

プレステラ105を被せてあります。
わかりにくいですが過去画像が全部ミニ蘭鉢(72.5mm)なんでかなりサイズアップしてます。
ついでにずっと窓辺栽培だったんでユルユル。

H. inconfluens と違うのかなあ?」とか思ってましたが、めっちゃ mucronate してきました。
葉先がヒューっと伸びてて窓になってるのは好きです。
ジャイオーンな感じ。

とりあえず、メチャ丈夫っぽいので気温がある程度上がったら外野手として育成しようと思います。

--

TVとかで砂金掘ってる映像を見ると「ここにこっそりバーミキュライトの微塵撒いてみてえなあ」と毎回思います。
でも水に沈まないからすぐバレちゃうかな。
 
170126_095847_ed.jpg170126_095812_ed.jpg170126_095609_ed.jpg170126_095739_ed.jpg170126_095553_ed.jpg


PPK11-1-5
Echeveria ‘Lola’ x ‘Hanazukiyo’
seedlings 2011.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-12-12T223A523A04-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-12-12T223A523A04-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-12-12T223A523A04-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-03-12T073A313A13-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-03-12T073A313A13-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-03-12T073A313A13-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-09-20T20:23:31-1.jpg (RF)
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-09-20T20:23:31-2.jpg (RF)
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-09-20T20:23:31-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-02-25T18:29:30-1.jpg

2014・・・あんまりどうってことないペールグリーン
2015・・・オレンジ!
2016・・・青い!?
2017・・・ほんのり赤紫?

毎年違った色合いで面白いです。
親株の組み合わせからするとシルエットとか色々と調度中間的で良いかも。

--

神田カレーグランプリ 日乃屋カレー 和風ビーフカレー お店の中辛 180g×5個
神田カレーグランプリ 日乃屋カレー 和風ビーフカレー お店の中辛 180g×5個

めっちゃ甘いです。
「辛い・甘い」の甘いじゃなくて、「しょっぱい・甘い」の甘い。
照り焼きのタレを超えてスパイシーみたらし団子みたいな感じ。
ちょっとダメですねコレは。

とりあえず個人的にこのシリーズではマンダラのバターチキンが圧倒的です。
全部食べれるかわかりませんけど。
というかソレ以外リピートしたくなるほどでもないというか。
その代わりバターチキンはレギュラー化して欲しいくらい好き。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)