170220_111511_ed.jpg161208_123045_ed.jpg161203_160433_ed.jpg170225_113537_ed.jpg170225_113632_ed.jpg


PPK14-5
Echeveria
‘Lola’
x
"PPK11-1-2"(‘Lola’ x ‘Hanazukiyo’)
Seedlings 2014.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-23T063A563A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-08-23T063A563A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-07-22T233A183A46-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-07-22T233A183A46-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-10-12T16:26:34-1.jpg

POLLEN Parent
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-03-08T223A063A15-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-03-08T223A063A15-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-03-08T223A063A15-3.jpg

2枚目とバッタは12月撮影。
渾身の肝煎りの実生もだいぶそれらしくなってきました。

4枚目は個人的に「これはもう最高だ!」と思ってる個体。
これが?と思うかもしれませんが、他人の好みなんてそんなもんです。
抽象的エケベ感を具体化した象徴のような没個性さ・・・がいいなあと。
パッと見言われないと何をどう交配しとかそういうのが全然分からない。

5枚目。
一方、こっちは外連味たっぷり。
だいたい ‘Lola’ に E. elegans の薄さと透明感が乗った、実生コンセプト通りの個体。
P. Gossot の ‘Fallax’ にツンツンがついた感じ。

--

チー油。
最初は無難に炒め方式で抽出しましたが、なんか焦げてる・・・って程でもないんですがやっぱり焼けたような風味でちょっと香りが飛んでる感。
湯煎でも作りましたが、これはとても良い出来でした。
濃厚、若干くどいくらい。
ただ、湯煎はえらい時間が掛かるので今回は茹で方式でいこうかなと。
乳化しない程度の温度でやらんといかんらしい。
たまごかけご飯に垂らすと凄い濃厚になって美味い!
今回はうどんに使ってみたいなあと。

ちなみに瓶に容れて冷蔵するだけで結構日持ちします。
前に2ヶ月くらいたったの腹痛覚悟で使ったけど平気でした。
Latest Entries
 
170221_131359_ed.jpg170221_131327_ed.jpg170221_131247_ed.jpg


PPK15-1
Echeveria ‘Blue Bird’ x elegans ‘Albicans’ "alba"
seedlings 2015.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-11-09T213A263A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-11-09T213A263A07-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-03-30T213A373A58-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-11-19T233A423A57-1.jpg

やらかしのアレが尾を引いていましたが、割りと持ち直してきました。
とてもキレイ!
E. ‘Blue Bird’ とか E. colorata なもの使ってるのにどことなく透明感が出るのはおもしろいなあ。

--

◆ハヤシライス

【+ブラックペッパー増量】
当然美味い!

【+チリペッパー】
やっぱり合う!
美味い!

【+ブラックペッパー、チリペッパー】
ぐいぐいイケる!
美味い!

【カレー粉】
銀座カリー!?
リッチなビーフカレーみたいになって美味い!


ボルシチの元とかハヤシライスの元みたいのはなかなか可能性がある気がします。
 
DVC00088.JPG
DVC00089.JPG
DVC00091.JPG
DVC00092.JPG
DVC00093.JPG
DVC00090.JPG
DVC00098.JPG
DVC00095.JPG
DVC00097.JPG
DVC00094.JPG
DVC00096.JPG
DVC00086.JPG
DVC00087.JPG
170220_102204_ed.jpg
170220_102508_ed.jpg
170220_102229_ed.jpg
170220_102250_ed.jpg


PPK14-1
Echeveria ‘Derenceana’ x ‘Blue Bird’
seedlings 2014.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-04-29T013A153A34-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-04-29T013A153A34-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-04-29T013A153A34-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-04-29T013A153A34-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-04-29T013A153A34-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-12-05T003A373A57-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-12-05T003A373A57-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-07-15T003A043A36-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-04-30T223A153A10-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-04-30T223A153A10-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2015-03-02T223A413A49-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2014-11-22T06:13:04-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-09-01T00:19:12-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-09-01T00:19:12-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-09-01T00:19:12-3.jpg


集合。
とても良い感じ。
この大きさだとどれが良くなるとか検討を付けてもあまり当たらないんですが、まあ白系エケベなんてどれもかわいいよ。
ドナドナった苗を見て来たらハズレっていうようなハズレはなかったしまあいいか。

前年度分
http://1911.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=PPK13-1

今年ガッツリ育てて来年度締めるとまた印象がガラっと変わるんだろうなあ。
再来年度くらいに完成って感じでしょうか。
個人的には伸び代だと思ってます。

--

もうすぐWBCか・・・。
 
170220_101102_ed.jpg170220_101246_ed.jpg


PPK15-3
Echeveria ‘Lola’ x ‘Shirayukihime’
seedlings 2015.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-23T213A303A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-23T213A303A07-2.jpg

思うてたより肉厚な個体が多い感じ。
色もグレーっぽい。
ちょっと予想外な感じですね。
どうなってくるのかな?
ちょっと数が多いのが不穏です。

--

鳥ガラが欲しいんですが、ハナマサのは3リットルもあって困る。
スーパーでたまに売ってるのは少ない・・・。
 
170202_095735_ed.jpg


Echeveria lilacina x colorata
seedlings 2016.



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-10-23T013A063A13-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-03T013A523A06-2.jpg

75mmを浅くカットしたヤツに鉢増ししてあります。
「まあそんな感じだろうなあ」って感じの見た目になってきました。
3月中に鉢増しか、バラしか・・・。

今年は特に意欲も着想もわかないベンケエソウ実生。
自前の苗同士で面白そうな組み合わせが出来そうなら・・・ってくらいです。
とりあえずやっておきたいくらいの感じ。
実生止めは蒸留所で言ったら蒸留停止みたいなもんじゃないですか。

--

シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年 700ml
シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年 700ml

シングルモルトとしては最も流通量が多くて、年数表記物では最も安価な部類・・・ということであんまり期待してなかったんですが美味かったです・・・。
アルコールの刺激もそこそこですよ。
香りとコクはなかなかに感じました。
ベロベロ状態なら相当美味い。
現行の竹鶴より間違い無く質は上。
ピュアモルトブラックよりも上です。
2500円前後なら確かにコスパはすごいと思います。
飲んだことないけど竹鶴12年って相当神だったんだろうなあと。

なんだかんだ言ってスコッチは流石だなと・・・。
1000円台ブレンデッドと3000円台シングルモルトはこれはもう相当なアレですよ。
2000円前後のブレンデッドは食指伸びないなぁ・・・。

宮城峡と軽井沢はジャンパニーズとして、スコッチ初シングルモルト・・・として飲んだのはグレンマレイのNAだったりします。
これは安いだけあって薄くて軽かった・・・。
これなら激安店で竹鶴買ったほうが良いです。
ピートの効いたモルトでも持ってたらちょっと混ぜてみたかった。
 
170124_151048_ed.jpg170116_141956_ed.jpg170116_142019_ed.jpg170116_142223_ed.jpg170116_142301_ed.jpg170116_142318_ed.jpg170116_142335_ed.jpg


Haworthia rava
H. lapis var. rava sensu Breuer
H. aristata sensu Bayer
MBB6899 Paddafontein



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-03-01T203A113A05-1.jpg

3号鉢はみ出しまくってくるんで、3.5号鉢を被せて撮影。
まだはみ出してるので最初のはプレステラの120。

ずーっとちょっと紫掛かったグレーです。
名前のとおり。
相変わらず type にそっくりだね。
「ラバって結構大型なんだぜ!」って話を以前うかがいましたがホントデカくなってきました。
大型単頭って感じです。
ずんずん大きな葉っぱ出てくる。

しかし H. lapis var. rava か・・・。
まあ葉巾の広いラピっさんみたいなとこは多分にありますわな。
色が全然違いますが。

--

桃太郎パパイヤ研究所というところでやってる研究が面白いです。
熱帯植物の種子をがっつり氷漬けしたり特殊な処理して実生した株に耐寒性をつけるって感じです。
氷河期を体験させることで進化のケツを叩くという理論らしい。
成長速度が早く(5倍くらい!)なって耐寒性があがる・・・最高じゃんか。

種子を冷蔵庫で冷やしたりというか保管したりするのは一般的ですが、この辺も改良の余地がまだあって冷凍庫でゴソゴソするのがそのうち流行るかも?
農業技術の中には多肉応用可能なものが眠ってると思うんですがなかなかどう探ったら良いのか。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)