170319_142700_ed.jpg170317_134618_ed.jpg170318_132927_ed.jpg


Haworthia ionandra x heroldia
seedlings 2016.



秋ごろ蒔いて、12月初めくらいの様子
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-12-07T083A053A11-1.jpg


ママナンドラ
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-4.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-5.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-09-15T203A213A12-6.jpg

パパルディア
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-06-19T00:12:46-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2012-05-01T20:33:52-1.jpg

べーやー的には H. gordoniana x outeniquensis
だいぶ硬くて窓のある葉っぱが見えてきました。
クリスちゃんっぽくなるかな?
ママナンドラが透明度は元より、思ってたよりかなり太くて大型な窓になってくれて良かったです。
都合上寒波以降ガチ栽培じゃなくて室内に放置してただけなんですがまあイイカンジ。
植え替えて外野コンバートしたんで梅雨以降はモリモリ仕上がるぜ!

--

先日屋外のハオケースのうちの1つの蓋がチビ蜘蛛まみれになってた!
100匹くらい。
なんか孵化した?
結構かわいいです。
1cmまでなら蜘蛛はかわいい。

なんかビニールの隙間に迷い混んでてかわいそうだし、糸ツーッなのでそこら辺に散らしておきました。
・・・後日近くのエケベリアが繭状態になってました。

青にーららるー↑ららるー↓
染まる恋し繭玉ー
揚羽の蝶になるぅー

・・・ならねえよ。
Latest Entries
 
170318_134550_ed.jpg170318_134605_ed.jpg170318_134715_ed.jpg


PPK09-1-1
Graptopetalum paraguayense x Echeveria lilacina



これ
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-08-17T233A203A32-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-08-17T233A203A32-3.jpg

ごっつええプトでめちゃお気に入りですが、あまり人気はないアレです。
そんなことはどうでも良く。
「そろそろ春めいてきたか?プトにも水くれてやらあな!」・・・な時期に水やりした数日後です。
バラバラになってるじゃあありませんか!
おお、もう・・・。
真夏とか梅雨なら、まあ分かりますよ。
でもそんなんでアレするような軟弱プトでもないんですが。
まあとにかくこの時期のバラバラは初めて。
これはおかしい。

画像をよく見てもらいたいんですが、葉っぱの付け根に光る雫があるじゃないですか。
「はいはい、腐った葉っぱから噴き出す水分ね」と思ったんですが、なんか粘度が高い?
というか蜜に見える。
で、恐る恐る舐めてみたら・・・・・・マジで蜜でした。
めっちゃ甘い。
何だコレは・・・。
砂になるとか海水に近い成分のオレンジジュースになるとか塩の柱になるとかクルクル回りすぎてバターになっちゃうとか色んな末路がありますが、蜜を噴き出して逝くっていうのは初めてだよ・・・。

一体全体どういう現象なんでしょうか。

・養分多めの土でトマト缶植え
・真冬は萎んだりするので去年から水を切ってた

状況はこんなもんです。
普通です・・・。

んー、もうわからん!
ガッツリ糖分ため込んで濃ゆくなったところにひっさびさの水分やってきてなんかもう体液濃くなりすぎておかしなことになったんでしょうか。
そんくらいしか思いつきませんよ。
ベンケイソウの葉っぱって甘いの?
CAM型の酸で酸っぱいと思ってたんですが・・・。
冬は甘い?
野菜かテメーは!

困ったことに同じ状況で水やりしてないだけの鉢がもう一個あるんすよねえ・・・。
どうしようもう・・・。
親株サイズ2つ潰れられるとしんどいです。

--

タブレットのタッチパネルがゴーストタップだらけだったりタップ出来ない部分とか出て来たり。
もうダメかなと思ったんですが、パカッと開いてちょいちょいっと液晶から伸びてるペラペラケーブルを挿し直したら快調なんのその。
もうちょっとイケる!
2012年レベルの端末だけど。
 
170317_133634_ed.jpg


Haworthia harryi
H. cooperi var. gordoniana sensu Bayer
JDV90/80 Uniondale Poort



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2016-05-04T073A163A05-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2010-10-07T19:02:31-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2009-07-05T17:48:31-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-08-01T19:20:01-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-08-01T19:21:03-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2008-03-16T17:29:46-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-10-10T13:41:19-1.JPG
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-06-15T20:56:26-1.JPG
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2007-04-02T17:07:11-1.JPG

ようやっとそれらしくなってきました。
今となってはレアっぽい個体だ。
どことなく H. ionandra に近い感じの雰囲気ですが、やっぱ H. harryi なんで硬めでグレーっぽいというか銀色掛かった肌と窓の質感です。
今年はそこそこのサイズまで復元出来るといいなあ。
完成は来年くらい?

--

ラテスピxクリスは十分に採取出来そうです。
‘村雨’ xクリスも結構採れそう。
ゴリゴリのカリンカリンで来いっ!

あとは秘蔵っ子x秘蔵っ子の交配・・・はまだどっちも花芽が伸びてないです。
これはねえ、世界一美しい植物狙えますよ!・・・という意気込み。
どうなんのかなあ。
 
170311_130011_ed.jpg170311_125955_ed.jpg170311_130040_ed.jpg


PPK14-3-1
Echeveria ‘Derenceana’ x purpusorum
seedling 2014.



ちょっと夏に荒れた形跡が。
一番白っぽい色味でダルマ葉っぽいシルエット・・・のみたいです。
何ていうかコメントしにくい。
ピカピカの石みたいな色質感でソリッドシャープな感じというか。
「ヒアリナと交配したんだよ」って言われたらまったく分からない感じのロゼット感。
まあ、こんなん好きですね。

--

今年はベンケイ実生モチベーションはかなり低かったですが、ザラゴッサ流しでいくことにしました。
メインはお得意の‘ローラ’ちゃんですが。
エレガンス掛かった個体とかにも掛ける予定なのでおもろいと思います。
 
170311_130153_ed.jpg170311_130205_ed.jpg170311_130222_ed.jpg


PPK14-2-4
Echeveria purpusorum x ‘Derenceana’
seedling 2014.



偽ギシマ型と呼んでるパターンの個体。
ギシマ感というのは、ヤマト的な渋い色模様で横に開いたロゼット感。
ヤマトさんは太い葉が上向く。

真冬ちょい前くらいはもっとエッジの白さが広く際立ってて覆輪斑みたいな感じになってたんすよ。
加温しないとマックスを引き出せないタイプかな?
うちだと難しいなあ。
まあもう1年やってみよう。

--

松田・・・っ!
前進守備でのファンブルはアレとして、最終打席のクソみたいな三振はどうかと。
完全に集中力切れてるじゃないか。
・・・っはぁ〜。
 
170311_125715_ed.jpg170311_125729_ed.jpg170311_125813_ed.jpg


PPK14-4-3
Echeveria ‘Lola’ x purpusorum
seedling 2014.



PPK14-4-2
http://1911.seesaa.net/article/446525667.html

↑と同じ系統の‘Ben Badis’ 発展型。
こっちのほうが葉っぱが薄い感じ。
ちょっと攻撃的、気持ち大型になったかな?的なベンさん。
ベンさんは結構丸っこい印象ですが、コイツは縁なんかは結構薄くて刃物みたいになってます。
通年色味は艶白。
来年だいたい完成って感じになると思うけどどんなんなるかな?

--

オランダがプエルトリコ相手にタイブレークまで持ち込んだものの敗北・・・。
ノーアウト1、2塁のタイブレークだと後攻が有利過ぎるかなあ。
1アウトでええ。
今年のバレンティン怖いなあ。
投手陣がアレなので神宮は花火大会ですわな。
観戦には最高です。

明日はいよいよアメリカ戦ですよ・・・。
前回の決勝はハオフォやってたっけなあ。
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ