170827_122823_ed.jpg170827_122812_ed.jpg170827_122839_ed.jpg


Haworthia davidii
H. cooperi var. leightonii sensu Bayer
MH05-29-6 Payne's Hill



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2013-12-21T22:43:57-1.jpg
↑コレとは別個体。


学名と番号しか入ってませんでしが、まあ自生地は H. davidii だし、 TYPE LOCALITY の Payne's Hill だと私のほうで補完させてもらいます。
ぺいーん。

外側なんかに名残がありありですが、かなり荒れてたのでまだまだ調整中。
どんな感じになるかな?
まあ、デイヴィッディーはデイヴィッディーな感じなんでしょうが。

--

seesaa が新デザイン移行云々カンヌンに対応するのと、そろそろブログのデザインを変えようかなと思ってるんで、ひっさびさにHTMLを弄ってみたりして実験してます。
HTML5 のタグと seesaa 独自のタグというか変数が入り乱れている上に CSS のクラス名とダブってたりするんで読みにくいのなんの。
備え付けのHTMLエディタもCTRL+Fが効かないから使いづらい・・・。
mediascreenって便利だな。

なんかウェブ業界だともう脱JQueryがどうこう言ってるみたいですが、ゴリゴリ使う予定です・・・。
スマホ版サイトも強制的にPC版に飛ばしてヌルヌルアニメーションレスポンシブリキッドデザインを堪能してもらおう・・・かと思ってますがまだ相当掛かりそうですよ。
なんせ様子見様子見の素人手打ちですからね。
飽きないか心配ですよ。
Instagram

Latest Entries
 
170826_103858_ed.jpg170826_103908_ed.jpg170826_103918_ed.jpg170826_103937_ed.jpg


Haworthia reticulata
NO DATA



http://1911.up.seesaa.net/image/7cf5e3ee3fd5f369ddb544d1b67df261.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-08-11T013A043A12-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-08-11T013A043A12-2.jpg

ズングリやや小型、そこそこ斑点窓、ツルツルノギナシ、硬くて表皮厚め、艶強い。
厚めでピカピカなので宝石っぽい。
言い過ぎ?
とてもお気に入り。
これも夏野郎。
寒さには強め。
暖かい時期じゃないとおもんないですが。
その分暖かい季節は載せたくなっちゃうくらいいいです。

思ったより人気ないので個別にしてた株まとめて群生鉢作ってニヤニヤしようかと思ってます。

--

夜涼しくて助かります。
そろそろハオル実生のタイミングもうかがわないと。
なんとなく、最高気温30度の日がなくなったくらいでいいかな?と思ってます。
 
170826_103611_ed.jpg170826_103621_ed.jpg170826_103636_ed.jpg


Haworthia reticulata
NO DATA



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-07-15T22:34:35-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-07-15T22:34:35-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-07-15T22:34:35-3.jpg

比較的大型、斑点窓感薄め、ツルツルノギナシ、柔らかめでかなりの薄皮、ややツヤあり、かなり白みが強い肌色。
とても良いです。
特に真夏!
夏の季語になぜレティキュラッタが無いのか不思議なくらいに夏野郎です。
厳寒期は水切りしないと危うげです。

思ったより人気ないので個別にしてた株まとめて群生鉢作ってニヤニヤしようかと思ってます。

--

急に涼しいなあ。
 
170826_103334_ed.jpg170826_103253_ed.jpg170826_103317_ed.jpg170826_103229_ed.jpg170826_103131_ed.jpg1908fe1b38cec7cddb53344feaa3c789.jpg
741a0abc2b886981fa31b0fea33e7633.jpg


Haworthia reticulata ‘Tinker Bell’
JDV86/107 Buitenskloof


初登場だった・・・?

H. ‘Tinker Bell’
H. reticulata JDV86/107 Buitenskloof・

入手時は上記みたいに併記になってました。

栽培品種として扱うならデータは要らないと言えば要らない。
原種として扱うならデータは要るけど、品種名なんか割りとどうでもいい。
わざわざ情報量を落とす必要性がないのと、種小名に続けて品種名を書くのは規約違反ではないので一括にまとめて記録してあります。

なかなか斑紋窓(網網パンチング)もクッキリ多めで、縁の部分なんかも窓も大きいです。
表皮もコレ系のトゲトゲがある型のキュラッタにしては薄いです。
辛めだと比較的色も出やすい。
思ったより小型でワサワサするクローンみたいです。
しばらくモジャらせとこかな。

--

色んな年がありましたが、ハオルスの腐り具合は今年が一番キツイですね・・・。
怖くて水遣れん・・・。
丈夫なのは平然としてますが。
昨年開発したガラガラ土が実はダメなのか・・・?
合うものは合う・・・。
 
170826_113357_ed.jpg


Haworthia bolusii x ‘Green Gem’



こういうのはあまり手を出さないんですが、なんか妙にキレイだったので。
透明度メッチャ高いいし、キラキラです。
辛めだと結構赤くも。
ゲムさん的な硬さはほとんど感じないです。
こんな個体、原種で当てられたらウキウキなワケですが、園芸個体でもなんでも良いような気もします。
唯才!
ギュッとやってファッとさせたら完成でしょうか。

--

たまたま貰い物のプレモルをすごい久々に飲んだんですが、こんな美味かったっけか。
ザ・モルツは物凄いアレでしたが。
一番搾りはいっぱい飲んだんで飽きました・・・。
 
170617_151333_ed.jpg170617_151306_ed.jpg


PPK14-4-1
Echeveria ‘Lola’ x purpusorum



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-13T023A293A07-3.jpg

これも2か月前の画像・・・。

超可愛がり個体です。
個人的な最高傑作まである・・・と思ってますが画像だとそれほどですかね。
夏っていうことを差し引いても。
まあとにかくコイツはとても良いんで気に入ってます。
来年は交配に使えないもんか。

水遣りしても大丈夫かな・・・?
週末は35度近いみたいですが、翌週は涼しいっぽいんで久々に水遣りしようかなあ。
2か月ぶり?

--

連日のサヨナラ勝ちでたまりませんわな。
ロペス最高や!
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ