170925_153510_ed.jpg170925_153538_ed.jpg170925_153559_ed.jpg


Haworthia valida n.n.
H. blackbeardiana var. specksii sensu Breuer
H. bolusii 'blackbeardiana' sensu Bayer
JDV92/23 Whittlesea



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-02-11T203A243A05-1.jpg
成長早い。
透明度も高い感じ。
何より丈夫なのがありがたいですね・・・。

今年の植えつけはこんな感じの浅植えが多め。
光合成しやすいかな?くらい気まぐれでしたが、結果的に今年の夏は深植えでアレするのが・・・。
いや、今年のキツさだと関係なかったかな?

とりあえずメチャ丈夫なのは分かったんで、次の植え替えはもう少し深めに植えつけてキュッ!っとやって仕上げ。
鉢増しは・・・厳しい!

--

先日、幼稚園の頃に青臭過ぎてゲロって以来にアスパラガス食べました。
まあ薄切りでピザに乗ってたヤツなんで食べたって程でもないでんすが・・・。
嫌いなものもたまにチャレンジしてみると意外と結果が出てみたりするもんなんで楽しいですね。

ただしシイタケ、テメーはダメだ。
Instagram

Latest Entries
 
170929_155851_ed.jpg170929_155701_ed.jpg170929_155722_ed.jpg170929_155516_ed.jpg170929_155529_ed.jpg170929_155609_ed.jpg170929_155631_ed.jpg170929_155648_ed.jpg


Haworthia albans
H. bolusii var. blackbeardiana sensu Bayer
IB7034 RIB0076 St. Alban's



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-09-09T203A263A06-1.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-09-09T203A263A06-2.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-09-09T203A263A06-3.jpg
http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-09-09T203A263A06-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-01-19T003A133A16-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-01-19T003A133A16-2.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-01-19T003A133A16-3.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-01-19T003A133A16-4.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-01-19T003A133A16-5.jpg

先月載せたばっかなんですが、同じくイイ感じだったので。
植え替えたほうが良さそうですが、気持ち寒さに弱い感じの個体みたいなので迷うところです。
寒さに弱いって言っても氷点下3度以下で葉先が傷むとかそんなレベルですが。
具体的には真冬に都内で屋外越冬出来るかどうか。
外側のちょっと傷んでる葉っぱが昨冬のソレ。

--

引き続きブログ改造の予定。
今は画像のアドレスをクリックするとポップアップで表示されますが、カーソルを合わせるだけで小さめのポップアップが出るようにしようと思います。
クリックではフルサイズのポップアップ・・・にするつもりですが、変に画面に合わせてリサイズされるよりこういうのってスマホとかだと画像アドレス直のほうが見やすいのかな?
ちゃんと探せば便利なプラグインがあると思いますが。

・・・android 版の sleipnir って css の filterの invert が効かない?
バグも多いしなぁ。
chrome と比べるとスクリプトの処理が弱すぎる。
 
170929_154838_ed.jpg170929_154850_ed.jpg170929_154927_ed.jpg170929_155011_ed.jpg170929_155128_ed.jpg170929_155205_ed.jpg170929_155214_ed.jpg170929_155348_ed.jpg


Haworthia albans
MH12-186-2 St. Alban's



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-04-27T183A483A06-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2016-01-16T203A403A34-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2015-04-04T223A323A26-1.jpg

先日の土砂降りのときに、ケースのビニールに穴が開いてて水浸し。
涼しい夜が続いたのでブリンブリンに。
丁度イイ感じのときに撮れたので。
この辺のタフネス草は水浸しくらいのが調子イイな・・・。
湿度なんかとのバランスも良いんでしょう。

超大型個体との触れ込みでしたが、むしろ気持ち小型な感触。
クローン親として見たのは確かにクソデカでしたが・・・。
んんん?
まあじっくりいこう。

--

ニューデザインなブログでは masonry でレスポンシブ仕様にするつもりですが、中〜大サイズくらいまでのウィンドウには良くても小さめウィンドウ、具体的にはスマホの縦持ちなんかだともう一つなことが判明。
最小のグリッドのサイズが固定なので、なんかイマイチ。
せっかくなので自動でインスタグラムみたいな横幅いっぱいになるような感じにしたいところです。
なので、一定幅以下で masonry を destroy メソッドで無効する・・・っていうスクリプトを紹介しているところがあるのでそれを改造しようかなと。
一定幅以下で無効化ではなくて、グリッドをピクセルサイズ指定からパーセンテージ指定にする。
これならメインの画像みたいのは横幅いっぱい、それ以外は50%50%みたいにイケるっしょ。
inline-block とか float でイイジャンとか言わない。
グリングリンしてほしいんです。
せっかくですから凝りますよ。

でも苦戦中なので面倒臭くなってきました・・・。
 
170925_153314_ed.jpg170925_153349_ed.jpg


Haworthia marina n.n.
H. cooperi var. gordoniana sensu Bayer
MBB6784 SW of Pratensie



http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-11-06T18:25:54-1.jpg
http://1911.up.seesaa.net/image/1911-2014-11-06T18:25:54-2.jpg

珍しい STC のクローンではない個体。

H. murina でなく H. marina になりそうな感じらしいです。

これはクローン繁殖ラメット株。
親株を胴切りしたんですが、なんかグズグズな感じで結局コレ1株しか出来ず。
結局2株しか無いので緩め部屋置き栽培と、この辛め外置き栽培でバックアップし合うくらいしかないっていう。

これ系の草にしてはちょっと動きが遅いし、若干弱い感じがあるんでいじりにくいです。
ちゃんとやればキレイだと思うんでちゃんとやろうと思ってますが。

--

せっせと移行用の BLOG 改造。
なかなか楽しいです。

しっかし、jQuery の ver3 って読み込ませる意味無くね?
ver2 だけ読み込ませておけば大方なんとかなるような?
たいていのプラグインって ver1 で設計されてるし、もうver2 に対応してないブラウザなんかは切り捨てても良いと思うし。
いちいちバージョン違いを読み込ませるのは面倒な感じです。
ver3 だけだと動かないプラグインの多いこと。
 
170930_141355_ed.jpg
170930_141449_ed.jpg
170930_141512_ed.jpg
170930_141426_ed.jpg


Senecio ‘Hippogriff’



最近 "ドルフィンネックレス" とか "イルカネックレス" なんて商品名で呼ばれて人気になってますが、本来は Senecio ‘Hippogriff’です。
Senecio peregrinus で流通していることのほうが多いけどまず無効名)

https://www.cactuspro.com/lecture/Succulenta/Succulenta-2005/page-141.en.html

専門性を売りにする業者や、コレクターがコレクションとして手元に置くならキチンとした名前(正当性を持ち合わせた学名または栽培品種名)で管理することに努めるべきです。
当たり前のことなんですが、いつの間にやら名前が挿げ替えられたかでっち上げられていたりするんで注意して欲しいです。

これくらい個性的な植物なら名前が違っても見た目で判別可能で、ダブって買うことはないと思いますが、ラベルがないと識別が難しいエケベリアなんかだと・・・。

ハオルチアの‘ジェリーフィッシュ’って呼ばれだしたあのオブツーサ系のヤツも4種類くらい名前違いみましたね。
栽培環境とかサイズでかなり違って見えるんで、ちゃんと統一出来るのかな?

--

NPBホームラン通算10万号がマレーロって。
筒香10万1号でおしかった・・・。

 
170924_143406_ed.jpg


細長いの3本:
Haworthia ionandra
IB7091 Joubertina, municipal land opposite art shop
x
Haworthia heroldia
DMC08237 Herold

小さいの1本:
Haworthia ‘Glass Compto’
x
Haworthia stayneri



http://1911.up.n.seesaa.net/1911/image/1911-2017-03-30T193A543A06-1.jpg

イオナンヘロルは残り3本・・・。
ガラスタイネリは残り1本・・・。
ちなみにレティキュラッタ同士の実生は全滅しました・・・。

ベンケイソウの実生はサルでも出来るとまでは言いませんが、天災チンパンジーレベルなら出来てもおかしくないくらいに簡単だなぁと。
やっぱ数の勝負なんすかね。

--

そういえばクリスタリナの一番生長具合が早かった個体が腐りました・・・。
死にたいです・・・。
今年の夏はホント酷かった・・・。
曇りと雨ばっかりだったし、雹降るし・・・。

切り替えてく!
 
TOKYO WEATHER and Forecast
多肉植物ハオルシア 美しい種類と育て方のコツ